ニセ科学物理学者の菊池誠は宗教や文明の意味を把握できない狩猟民族

大和民族
https://www.excite.co.jp/news/article/Ncn_353113/
広告

 菊池誠は宗教や文明をバカにしてきた。彼は近代科学は遅れたキリスト教やイスラム教を打倒したと感じてきた。その結果、菊池誠は文明や宗教の役割を認識できてこなかった。

宗教や文明の必要性は狩猟民族が農耕民族や牧畜民族になる時に明らかになる。宗教や文明とは各原子同士を結びつける引力のようなものであり、これがないと組織が形成されない。

実際、菊池誠は宗教や文明を軽視してきたので、彼はまともな大学組織を形成できてこなかった。日本人の学者気取りは狩猟民族的であり、彼らはまともな組織すら形成できてこなかった。

 宗教の役割は社会や組織の形成である。狩猟民族は宗教を必要としないが、農耕民や牧畜民は社会や組織を形成するので、宗教を必要とする。菊池誠は狩猟民族であるので、彼は宗教だけでなく組織や社会を認識できてこなかった。

広告

0:菊池誠と勘違い

菊池誠は無宗教でかつ無文明

 菊池誠は自称物理学者であり、借りたお金を返さず損害を契約相手に与えてきた不良債権である。彼は無宗教であり、彼自身の善悪の判断や人生の目的を持っていない。そのため、彼らは世界における全ての物事に関して、善悪の判断を与える正当性を見いだすことができない。

菊池誠の宗教は白人崇拝教であり、彼は白人の機嫌を損ねないことを真理と認識してきた。自己の宗教を失った人間は白人を崇拝して、他人の機嫌を損ねないことを第一とする。

菊池誠は狩猟民族

 菊池誠は農耕民族や牧畜民族でなく、狩猟民族である。具体例として、彼はアフリカ大陸のブッシュマンやアメリカ先住民や縄文人ににている。狩猟民族の意味は土人や人もどきである。

菊池誠は宗教や文明の意味を認識できない

 菊池誠は狩猟民族であるので、組織主義でなく個人主義である。彼は宗教や文明を個人的ななにかであると見なしているように思える。宗教の役割は組織や文明を形成することである。

アスペ特有の論破癖(他者否定)

 菊池誠のニセ科学行為はアスペ特有の他者否定である。この種のアスペは他者を否定することによって、彼らは彼ら自身を他人に認めさせたい。または、彼らは他者否定による快感を獲得したい。

強いて言うなら、アスペルガー疾患者は価値観が健常人と根本的に違うというより、価値観そのものがないと言っていいと思います。

あるのは単に、他人を否定することによって自分を認めさせたいというある種の本能的な我欲だけでしょうね。

https://okwave.jp/qa/q6859269.html

 上記の書き込みは菊池誠彼自身に対する書き込みであるように見える。菊池も彼自身の価値観を持っていない。そして、菊池は白人様がお造りになった近代科学を悪用して、他者を侮辱して否定することにある種の快感を覚えているように見える。

発達障害者に深入りすると本当に「ここまで心が汚い人間を見たことない…」って気持ちになる よね?
誰にでもありえるような無神経さや狡さや弱さでは到底ないね 

このとき心底「これは人間じゃない」「人間扱いする必要が一切ない」と確信したね 

今までどれだけみんなのお情けに守られてたかもわからないで、恥ずかしい仕返しを平気でするやつに与えるお情けなんかないんだからな 

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10179036820

1:大学の現状

日本人の知の肉便器は狩猟民族

 日本の大学組織は完全に崩壊してきたので、彼らは組織の体をなしていない。なぜなら、日本人の学者気取りは社会や組織を構成できない狩猟民族である。さらに、彼らは彼ら自身の宗教や文明を持ってこなかった。

狩猟民族は宗教や文明の意味を認識できない

 狩猟民族が社会や組織を形成する時、宗教や文明が必要になる。なぜなら、善悪の判断や行為の目的や組織の目的が定まらない時、人間は組織を形成できない。

さらに、彼らは宗教を持たないので、彼らは異常に無責任であり、彼らは彼ら自身の行為の後始末をつけれない。彼らは契約相手に対する損害を賠償できない。日本の大学組織は借りたお金を返さず、損害を契約相手に与えてきたが、彼らはその損害を賠償する意志を持っていない。

彼らは宗教を持たないので、彼らは人間社会や組織を形成できない。その結果、彼らは損害を賠償するという発想をどうしても認識できない。さらに、彼らは組織を認識でないので、彼らはなぜ彼らが謝罪して損害を賠償すべきかすら認識できない。

 彼らは大学組織としての損害や賠償を認識できないので、彼らは、私は関係ない、知らないで言い逃れしようとする。

社会や組織を形成する宗教が存在しないので、外交や政治を認識できない。

 菊池誠は政治が苦手でない。正確には、菊池誠は狩猟民族であるので、彼らは政治や外交を認識できない。日本人の政治や外交の下手さは彼らが狩猟民族であることを暗示する。

教育機関の体をなしていない

 日本国における大学組織は日本国における重要な教育機関であった。しかし、学者気取りは宗教を持たないので、彼らは組織や社会を形成できてこなかった。その結果、大学組織は日本国における教育機関としての役割を果たしてこなかった。

より宗教的な日本国の企業が社員の教育に携わってきた。この異常性は狩猟民族によって認識されてこなかった。

日本人が白人の大学で成功する理由はキリスト教

 日本人の学者気取りが宗教を不要である。なぜなら、白人が組織や文明を彼らの代わりに形成している。彼らは宗教的な白人が形成した組織や文明に迷い込んだ狩猟民族である。

2:宗教と文明の意味

宗教や文明は統一された組織や宗教を形成する

 宗教の役割は組織や社会の形成である。しかし、菊池誠や学者気取りは宗教を真理や科学的な観点から批判しようとする。科学は自然界、物質的世界の解明であるので、組織や社会の形成には当然役に立たない。

幸福の科学は大学よりも文明的

 幸福の科学は日本国の大学組織よりも文明的である。大学組織はまともな組織を形成できず借金まみれであり研究室における違法行為も蔓延している。加えて、大学組織は損害を契約相手に与えてきた。

なぜなら、彼らは組織や社会を形成する宗教を持っていない。それに対して、幸福の科学は社会や組織を形成する宗教を持っているので、彼らは大学組織よりもまともな組織を形成している。このように、宗教は組織や社会を形成する道具でもある。

3:なぜ宗教が死や神や天国や死後の世界を与えるか?

死や神や天国は農耕民族や牧畜民族に必要

 狩猟民族は社会や組織を形成しないので、死や神や天国や死後の世界を必要としない。しかし、農耕民や牧畜民は組織や社会を形成する。そのとき、死の問題が絶対に生じる。

どうせ死ぬのになぜ俺らは生きているか?組織を形成する必要があるか?

上記の菊池誠は宗教における死の問題や神や天国や死後の世界を個人主義や狩猟民族的に受け取る。その結果、菊池は死の意味を取り違えてきた。菊池にとって死や神は不要である。なぜなら、彼は狩猟民族である。

牧畜民や農耕にとって、死や天国や神は重要である。宗教における死や神や天国の問題は狩猟民族的でなく、農耕や牧畜民族的に捉えられるべき。

白人様
白人様

 どうせ死ぬんだから、どうにでもなれじゃ、組織や社会を形成できない。だから、宗教が死の話を与える必要がある。

なんらかの永続性を担保する

 人間が社会や組織を形成する時、人間はなんらかの永続性を必要とする。なぜなら、もしなんらかの永続性が存在しないならば、人間はそもそも組織や社会を形成する意味を持たなくなるだろう。

白人様
白人様

 菊池誠は組織や社会を彼ら自身で形成すれば良い。その時、構成要因の死の問題は避けて通れない。

 「科学によると、死後の世界はありません」じゃ、組織や文明は形成されないし、人も集まらないので、科学事業すら発生しない。

白人様
白人様

 だって、どうせ死ぬなら、世界について知ったって意味ないじゃんって返答される。科学事業すら人間の宗教性に支えられてる。

 菊池は狩猟民族であり、組織や社会を形成したことがないので、死後の世界や神の重要性を認識できない

白人様
白人様

 菊池は一度組織や社会を作ってみなよ。お金を稼ぐ企業すら宗教に支えられている。国家や軍隊もそう。

 なんらかの永続性を信じない人間は稼ぐ必要がないし、知る必要がないし、生きる必要も意志も存在しない。

 フィリピン人と同じ。

おまけ:なぜ西洋が衰退してイスラムに敗北しそうか?

宗教の欠如と狩猟民族化(個人主義)

 ユダヤ教やキリスト教は完全に廃れたように見える。その結果、キリスト教の白人もユダヤ教徒の白人も個人主義化、狩猟民族化したように思える。言い換えると、彼らは退化した。

イスラム教の先進性

 イスラム教は奇跡を廃止して、簡素にした。その代わり、彼らは信仰と日常や信仰と組織や社会を密接に結びつけた。彼らの選択は非常に優れていた。なぜなら、イスラム教の創始者は宗教が組織や社会を形成することをよく見抜いてきた。

タイトルとURLをコピーしました