なぜイスラム教は異教徒を抹殺するか?人間の本質と奴隷〜飯山陽とイスラム教の論理〜

人間について
ウィキペディア コンゴとベルギー

神の啓示の言葉を集めたコーランによれば、異教徒は抹殺すべき対象である。彼らを奴隷化することも間違っていない。ジハードは最高の倫理的振る舞いである。その意味で、カリフ制を宣言し、イスラム法によって統治し、ジハードに邁進する「イスラム国」は、イスラム教の論理で見れば「正しい」のだー。気鋭のイスラム思想研究者が、コーランを典拠に西側の倫理とはかけ離れた「イスラム教の本当の姿」を描き出す。

https://books.rakuten.co.jp/rb/15323388/

 イスラム教徒の問題の大部分は日本人が人間の本質を認識できてこなかったからである。イスラム教徒のコーカサス人種が異教徒を抹殺するのは異教徒は人間でないからである。彼らにとって、異教徒とは歩く胎児と同じであり、中絶されられる対象である。

日本人はホモサピエンスと人間を区別できない。ホモサピエンスは知覚される対象であり、人間は認識される対象である。後者は子供との性行為や胎児の中絶に関係する。何を子供と認識するか、何を人間や胎児と認識するかは人間や文明や宗教に応じて異なる。

分析的思考と奴隷文明

分析的思考:分析的思考とは対象それ自体に着目する思考である。

君がデザインを考察するとき、君はデザインのみに着目する。そのとき、君は対象の先祖に着目しない。そのとき、君は対象の要素に着目しない。

東洋人は分析的思考を苦手とする。だから、俺が対象のデザインについて語るとき、東洋人は対象の要素に関して応答する。

 コーカサス人種の文明:コーカサス人種は奴隷文明に生きてきたので、彼らは人間と奴隷や人間と家畜の境界を常に思考してきた。その結果、彼らは人間の本質を求めてきた。

 日本人は狩猟民族であるので、彼らはコーカサス人種の人間観を感覚的に把握できない。だから、彼らは白人も黄色人も黒人も同じ人間であると感じてしまう。しかし、コーカサス人種は審判しない。

デザインと要素と言語

デザインと人間の本質

 日本人の間違い:日本人は肉体のデザインを人間の本質と認識する。

 もしxのデザインが人間の本質を与えるならば、彫刻や人型ロボットも人間であるので、それらに対する破壊行為は殺人行為である。だから、それらに対する時破壊行為は殺人行為として罰されなければいけない。コーカサス人種はこう考える。

このとき、東洋人の大部分は肉体の要素や生物学を駆使して反論する。しかし、上記で述べたように、コーカサス人種は分析的思考であるので、彼らは対象のデザインのみに着目して結論を導く。

日本人の大部分は白人も黒人も黄色人も同じデザインを持っているから、彼らは同じ人間であると感じる。しかし、その種の行為は下等生物と同じである。下等生物たる犬(不浄の生き物、汚れた生物)は犬の本質を対象の形と認識するので、彼らは犬のぬいぐるみに嫉妬する(下記参照)。

Only One Good Girl – 976482

 コーカサス人種は一般的に人間と奴隷や家畜を区別しようとする。だから、日本人が白人や黒人や黄色人の肉体のデザインを見て、同じ人間であると考えるのは上記の動画の犬と同じである。だから、コーカサス人種は日本人を人間と認識しない。

白人様
白人様

 日本人の白人に対する劣等感(白人コンプ)の理由は日本人が人間の本質を認識できず、人間の本質を人間の肉体のデザインと誤認するからである。

伏犠(藤崎版)
伏犠(藤崎版)

 対象のデザイン「重要なもの」であって、「本質」でない。

白人様
白人様

 だからこそ、犬のぬいぐるみは犬でないし、人型ロボットは人間でない。

要素と人間の本質

日本人の間違い:日本人は肉体の要素を人間の本質と認識する。

 これはデモクリトスの原子論や胎児を思考すれば良い。要素まで分解すれば、人間と彫刻の違いは存在しない。だから、要素は人間の本質でない。

胎児は人間のデザインと要素を持つが、俺らは彼らを中絶させてきた。しかし、俺らは殺人行為で罰されていない。なぜなら、胎児はホモサピエンスであるが、人間でない。

つまり、たとえ君の目の前の対象が人間のデザインと要素を持つとしても、その対象が必ずしも人間とは言えない。コーカサス人種はこう考える。では、コーカサス人種にとって、人間とは何であるか?

言語と人間の本質

 なぜコーカサス人種は口語を重視するか?:人間と人間でないものの違いとは言語、つまり言葉である。

 胎児の中絶が合法であるのは、胎児が言語を持っていないからである。日本人もこう考えてきただろう。この種の感覚はコーカサス人種も同様である。

白人は言語にうるさく、アラブ人は詩を愛してきた。なぜなら、彼らは言語を人間の本質、または人間の本質に関係した何かであると認識してきた。だから、言語や言語による会話は非常に重要であった。

言い換えると、言語能力の低い対象は胎児と同じで人間でないので、中絶させるとしても、問題がない。これが彼らの思考である。イスラム教では、女性は人間と認識されていないが、その理由は女性はイタコ芸を繰り返してまともな話が通じないからである。

人間の本質を宗教で人工的に区切る

 君が人間の本質を真剣に思考するとき、君は人間の本質がなんであるかを断定できないだろう。だから、イスラム教徒のアラブ人はそれを宗教で人工的に区切った。その結果、異教徒は人間でないという結論が導き出された。

そもそも、宗教で人間を人工的に区切るという行為それ自体が非常に人間的である。動物はこの種の人工的概念いよる区切りを認識できない。結局、宗教による人間の本質の人工的な付与それ自体が人間と奴隷や家畜を区別する行為である。

白人様
白人様

 人間の本質はデザインでない。なぜなら、彫刻やロボットは人間でない。

白人様
白人様

 人間の本質は要素でない。なぜなら、胎児は人間でない。

タイトルとURLをコピーしました