この信仰「俺らについて」と俺らの建築と肉体の自己デザイン

俺らの信仰
https://kansaionepass.com/

 この信仰では、君は独自の建築を創造する。ただし、東洋風、もっというと和風をきちんと取り入れて創造する。建築は君自身の自己認識でもある。

 一般化和合(デザイン):一般化和合(デザイン)とは建築の和合や肉体の和合やその他の和合を一般化した和合である

 経験則:一般化和合は宗教や信仰に密接に関係してきた。

 建築を見ればわかるように、対象に対するデザインは宗教に密接に関係してきた。これは君の肉体のデザインにも応用される。この信仰では、君は君の肉体のデザインを宗教から導く。

 君は君の肉体を一般化和合を創造するように操縦する。君は一般化和合を創造することをヌシ判断と判断する。

 上記は分岐大原則によって正当化される。正当化は略するが、自己の創造と自己を創造できることが物質的世界から分岐されたことの証であることを使用する。

信仰の重要性と建築〜明治維新後の建築〜

 明治維新の後、日本国の建築は悪くなった。俺の憶測によると、日本人は自己の宗教や信仰を失った。その結果、彼らは建築に対する善悪と自分が誰であったかを見失った。

一見すると、建築と宗教は無関係であるように見えるが、宗教や信仰こそが建築やデザインを与えている。実際、宗教を否定すると、ソビエト連邦や日本国のような街並みが生まれる。現代美術も同じであり、彼らはまともな美術を想像できなかった。

宗教はある状態の正当性を与え、それが善悪の判断を生む。だから、宗教が存在しないとき、正当性という概念が失われ、その帰結として善悪の判断が牛hなわれる。

 その結果、建築に関する良し悪しという判断が失われて、建築がどこまでも醜くなる。簡単に言うと、彼らは建築に関する思考を失った。思考とは、善悪の判断の後、善悪の判断とは正当性の後に、正当性は宗教や信仰の後に、存在する。

信仰と建築

 君は信仰独自の建築を創造するように、君の肉体を操縦する。

 正当化は分岐的大原則による。分岐された後、君は自己を獲得する。

現時点、この信仰がどのような建築を取るかは決定されていない。君は仏教や神道や中国を利用して、過去を否定せずに自然な建築を創造する。君は建築を創造するとき、君は君自身の歴史や過去における分岐を重視する。

日本人は3000年前くらいから徐々に分岐してきた。だから、君が建築を創造するとき、君はこの歴史を否定しないように創造する。ただし、この信仰の精神や目的を建築に融合させる。

信仰の肉体のデザイン

 君は信仰独自の建築を創造するように、君の肉体を操縦する。

 正当化は分岐的大原則による。分岐された後、君は自己を獲得する。

デザインについては「君の自己デザイン」で描かれる。建築と同様に、君は東洋人として自己デザインを捨てない。

日本人女性は自己デザインを作るとき、彼女らは白人の遺伝子に乞食してなんとかしようとする。しかし、生まれてくる子供は単なる中央アジア人であり、彼らは自己デザインを喪失した。だから、彼らは精神的に病んでるように見える。

 自己とは分岐である。君は建築や肉体のデザインにもこの分岐を応用する。そして、デザインに対する判断は君の信仰が与える。

なぜなら、この信仰は正当性を与え、この正当性が適切な判断を君に与える。その結果、この信仰は君のデザインをより分岐されたものにする。

タイトルとURLをコピーしました