労働慣習と企業経営〜司祭及び製造優位、認識、信頼商業と会社

俺らの信仰
家紋 wikipedia

 日本国の労働慣習は非常に悪い。また、日本国の経営者は無能である。なぜなら、彼らは宗教や信仰を持っていない。

宗教や信仰の役割とは、ばらばらの狩猟民族をまとめ上げて農耕民族や牧畜民族を形成することである。人間社会を形成するとき、契約や約束に関する取り決めが作られなければいけない。君が企業経営や労働看守をこの種の取り決めと認識する時、君は宗教や信仰の役割を認識する。

この信仰では、君は労働慣習や企業経営をこの信仰に沿って管理・運営する。具体例として、華僑や印僑やアルメニア人やユダヤ教徒の地中海人種やユダヤ教徒の白人種やイスラム教徒のアラブ人やイスラム教徒のペルシャ人やキリスト教徒の白人は彼ら自身の商業慣習を持っている。この信仰でも、君は彼らのように独自の商業慣習を持つ。

この信仰における商業

 この信仰では、君は労働慣習と企業経営を以下のように認識する。

 司祭商業:司祭商業とは商品を神のような存在に対応させて、君自身をその司祭やイタコに対応づける商業である。

 君が石油を発見するとき、君はその石油を神に対応させて、君をその石油の司祭に対応させる。一般的に、人間は石油を発見するとき、人間はそれを所有しようとする。しかし、司祭商業では、君は商品の媒介になるように努めよ。

この種の商法は情報や食品や車にも応用される。君が素晴らしい情報や商品や車に接触するとき、君はどうすればこれらの司祭やイタコになれば良いかを思考する。

多くの宗教では、神それ自体でなく、なぜか司祭が権力を持っていたりする。君はこの状態を商業に応用する。

 製造優位商業:製造優位商業とは製造をより優位に置く商業である。

 君は商業を否定しない。しかし、製造の後に、商業が存在する。君は順序という概念を重視するので、君は製造を一番、商業を二番に置く。

君が製造を軽視するとき、君は売りたいものがなくなることに気づくだろう。なぜなら、君は順序を取り違えた。

たとえ血管が存在するとしても、タンパク質が存在しないならば、その血管は目的を喪失する。たとえ道路が存在するとしても、製造品が存在しないならば、その道路は目的を喪失する。

 認識商業:認識商業とは認識を重視する商業である。商業における重要性は認識>定義>契約である。

 認識商業の重要性は奴隷貿易において審判される。例えば、もし黒人が奴隷契約に契約するときに、彼らが契約や定義を重視するならば、たとえ黒人がその状態をおかしいと審判、または認識するとしても、黒人はその状態を解除できない。だから、君が認識商業を重視する。

また、人間の思考の順序は認識→単語の定義→その定義を使った契約であるので、君はこの順序に従う。

 信頼商業:信頼商業とは未来における信用でなく、過去における信頼を重視する商業である。

 人間的な思考は過去→現在→未来であるので、君はそれに従う。西洋的な商業では、未来における信用が重視されたり、学歴が重視される。そして、彼らの商業は機械的に推し進められる。

君は西洋的な商業を「機械商業」と呼ぶ。機械商業とは、定義及び契約、そして未来における信用を重視する業業である。それに対して、君は認識や過去における認識を最も重視して、商業に関係する。

この信頼商業の正当化は分岐的大原則による。動物は過去を知らないので、過去における信頼を認識できない。また、機械は定義に従って機械的に動くので、信用を持つ。

会社に対する価値観

 会社の役割と利益追求:会社の役割は利益追求でなく人間社会における生産と維持と発展である。

 主に、米国は商業主義であり、かつ拝金主義であってきた。しかし、君は米国のような拝金主義的会社観を採用しない。君は上記のように会社を人間社会の部品や臓器と認識する。

印象例として、ある臓器がタンパク質を大量に生産するとき、人体はその過剰生産によって不安定になって崩壊する。同様に、会社が利益追求のために商品を過剰に生産するとき、社会は不安定になり崩壊する。

 会社と政治:会社は責任や後始末を追うことができる範囲を超えて、政治に干渉しない。

 会社やお金が力を持ちすぎて、政治に過剰に干渉するとき、国家や政府それ自体が妲己に惑わされた紂王のようになるだろう。責任を取るのは会社でなく、政府と国民である。会社は強い権力を持ち他人に干渉するが、彼らは責任を取らないし、ぱっと解散する。

それに対して、国民や政府は会社よりも寿命が長く責任を取る能力を持っている。もし会社が何千年も継続しないならば、彼らは権力を持つべきでない。解散することは転校することににている。転校生は権力を持つべきでないように、会社も権力をもたない。

上記の臓器の例を応用すると、単なる臓器が脳に強力な影響力を及ぼすとき、人体は崩壊するだろう。

タイトルとURLをコピーしました