雰囲気とふわる行為

俺らの信仰
家紋 wikipedia

 この信仰では、君はものごとを雰囲気やノリでとらえることを禁じる。日本人は世界を雰囲気で捉えてきた。その結果、彼らは何も思考できないように見える。

この信仰では、君は君の脳をふわらせないように操縦する。

 ふわる行為:ふわるとは物事を雰囲気でふわっと捉える行為である。

 具体例として、学者、科学、数学、天才、イケメン、仕事(実際はパート)、差別されてきた、人類の役に立ってる、多様性、投資や貸す、人間、自由、知った気分などがふわられる。

日本人の大部分は雰囲気で物事を捉え、雰囲気で単語を使用する。その結果、彼らは厳密な数学をおこせなかった。日本人の数学者ですら単語を雰囲気で使用する。

例えば、日本人の学者は10年以上論文を書いていない人間ですら学者と呼ぶ。一方、サッカー選手は引退した選手と呼ぶか、コメンテーターになる。赤カー選手は日本人の学者気取りよりも知的に誠実に見える。

 日本人の知の肉便器は単語を雰囲気で使用するので、彼らは誤審を繰り返す。その他にも、彼らは社会学を学問と呼ぶが、日本人は社会学を学者と認識していない。さらに、日本人の知の肉便器は税金を出すといってきたが、正確には貸している。

日本人の学者気取りは不安を避けるように発言する。だから、彼らは単語や物事、そして現実をふわる。日本人の科学者や数学者の大部分は不良債権であり、科学や数学の水準に達していないが、彼らは事実をふわるので、それを認識できない。

 イケメンという単語はふわられた単語の象徴的な例である。重要なことは肉体のデザインであり、イケメンかどうかでない。日本人(東洋人)が不細工で、白人はイケメンでなく、肉体のデザインがより優れている。

日本人は不細工やイケメンという単語を使用する。だから、彼らのデザインはいつまでも改善されない。なぜなら、彼らは肉体をふわって、デザインを認識できない。

 ふわる行為と蟲判断:君はふわる行為を蟲判断と判断する。

 子供や動物は物事を的確に審判できない、または認識できない。分岐的大原則により、君はこの状態から分岐するように、君の肉体を操縦する。したがって、君はふわる行為から分岐するように、君の肉体を操縦する。

タイトルとURLをコピーしました