奴隷化及び家畜化や民族及び人種浄化に関する自爆及び暗殺

俺らの信仰
ウィキペディア コンゴとベルギー

 この信仰では、君は独自の軍事能力及び警察能力を持つ。信仰者はいくつかの条件で自爆や暗殺を人誅として実行する。以下で、俺はいつかの条件を書き出す。

当然、君は社会的混乱を私怨や個人的利益で引き起こさない。大抵の場合は公的なものや歴史的なものや信仰的侮辱、そして文明的なものである。具体例として、アッラーの擬人化が存在して、公的機関が擬人化をしないのは悪意を持ってそれをやると、殺されるからである。

繰り返すが、この信仰では、君は殺人行為が違法行為であることを相互的な取り決めと認識する。だから、その取り決めが破棄される時、君は殺人行為を実行する。

1:殺人行為に対する価値観

 相互的取り決め型と殺人行為の違法性:相互的な利益が存在するとき、殺人行為は違法である。そん違法性は罪でなく相互的な取り決めである。

 この信仰では、君は罪の概念を採用しない。だから、殺人行為は罪でなく相手に対する損害である。君が罪の概念を採用するとき、相手が罪の概念に依存して、殺されないと思ってどこまでもつけあがる。

具体例として、女や日本人の知の肉便器がその代表例である。彼らは借りたお金を返さずに、損害を契約相手に与えてきた。たとえ彼らが損害を与えるとしても、彼らは法律をいたこすれば殺されないと感じる。

もしこの種の状態が許されるならば、君に対する損害が維持され続ける。だから、君はそれに同意しない。

 取り消めと自然的双対性:xが自然的双対性を持たない対象であるとき、xは相互的取り決めが適用されない対象である。

 例えば、白人が黒人をアフリカ大陸で殺害するとき、白人は上記の相互的取り決めを使うことができない。なぜなら、白人はアフリカ大陸との相互的双対性を持たない。

2:自爆と暗殺とその条件

 自爆や暗殺は公的なものや歴史的なものに限定される。ただし、信仰者は暗殺や自爆に抵抗を持たない。特に、バカな女や知の肉便器が殺されないと思って下記の行為を試みるとき、君は強烈な人誅を下す。ただし、信念が存在する場合はそれを考慮する。

  1. アメリカ大陸の多様性を賛美する
  2. 奴隷化や家畜化
  3. 奴隷として売却する行為
  4. 民族浄化や人種浄化に関する戦略または発言
  5. 信仰に対する侮辱や中傷
  6. 土地の原住民や先住民に対する過度な侮辱(差別主義者や悪魔呼ばわり)

 1について アメリカ大陸の多様性は君らモンゴロイド人種の虐殺や絶滅の結果である。この結果を賛美することはカメルーンで黒人奴隷を、イスラエルでナチスを賛美することに等しい。その時、主張者は下手すると、虐殺されるだろう。

殺されないと感じている動物は殺人行為を罪と認識する。しかし、この信仰では、殺人行為を「自然的双対性を考慮した取り決め」と認識する。

3:正当化

 君が罪の概念を採用するとき、君は奴隷化される。なぜなら、たとえ相手が損害を君に与えるとしても、殺人行為は罪であるので、君はその相手を中絶させれない。

これが罪の概念の奴隷制である。この進行では、奴隷は動物化、つまり非分岐的状態であるので、君はこの状態から分岐するように操縦する。

また、自然的双対性が適用されないとき、近代における奴隷および家畜化政策が適用される。この状態もまた非分岐的状態であるので、君は君はこの状態から分岐するように操縦する。

タイトルとURLをコピーしました