米国大統領候補タッカー・カールソンはユダヤ教徒の白人を嫌ってるか?

人間について
https://ja.wikipedia.org/wiki/タッカー・カールソン

 タッカー・カールソンはユダヤ教徒の白人を政治的かつ宗教的にかなり嫌っているように思える。政治的には、ユダヤ教徒の白人は社会性を持たず、米国に依存しつつ、イスラエルのことしか考えていない。さらに、宗教的には、カールソンはユダヤ教徒の白人がキリスト教徒の白人とキリスト教徒の黒人を混血させて民族浄化させようとしていると勘ぐっている。

にも関わらず、カールソンはユダヤ教徒の白人の米国民をきちんと批判せずに、彼らを暗に批判してきた。外部から見ると、彼の行為は非常に滑稽であるように見える。この種の社会的現象は研究対象としても非常に興味深い。

日本国では、関西における同和が最も近いだろう。関西人も同和の人間も民族的には同じ大和民族であるが、犯罪率や職業、そして結婚忌避が存在してきた。その結果、関西では、なぜか同和が批判されないような環境が生じて、彼らは違法行為を繰り返してきた。

なんで白人が白人を批判できなくなったか?

ちんぽ騎士

 白人の大部分はチンポ騎士であり、彼らは弱者に優しくする自己を不必要に主張する。そして、彼らは差別されてる人間の側に立って、差別する人間を差別主義者と断罪しようとする。この種の行為を繰り返すと、庇われる方が権力を持ち、白人がユダヤ教徒の白人を批判できないような環境が生じる。

アスペ

 白人、特にドイツ人はアスペであり、論破癖や加害者側をかばう性質を持つ。この種の白人の性質も批判できない環境の形成に関係する。例えば、俺が朝鮮人による不正な生活保護の取得やベトナム人による殺害行為を批判すると、アスペは俺の批判を論破しようとして(例えば、ベトナム人の労働環境の悪さ)、朝鮮人による不正な生活保護や殺害行為に関して何も言わない。

キリスト教

 弱者が強くなるのはキリスト教の特徴でもある。俺の印象によると、キリスト教の白人が弱者に優しいのは彼らの宗教の影響であるように見える。その結果、弱者認定された人間はどこまでもつけ上がり、おかしな状態が生じる。

カールソンの不信感

移民と混血

 カールソンはユダヤ教徒の白人がキリスト教徒の白人とキリスト教徒の黒人を混血させて民族浄化させようとしていると勘ぐっている。カールソンはユダヤ教徒の白人がキリスト教徒の白人を黒人の遺伝子を使って絶滅させようしてきた悪意を確実に見抜いている。そして、彼はこの行為に対して強烈な嫌悪感覚えているように見える。

ロシアと私怨

 ユダヤ教徒の白人がロシアを嫌ってるのはプーチン大統領によるユダヤ教徒の白人の暗殺かポグロムなどの歴史的な事情であるだろう。カールソンはこの種のユダヤ教徒の白人がロシアを個人的な私怨で白人の米国民に憎悪させようとしているのを嫌っているように思える。要するに、彼は社会性の無さや私怨で動く点や人命をなんとも思わない態度を非常に嫌ってる。

イスラエル

 カールソンはユダヤ教徒の白人が米国に依存しながらイスラエルのことしか考えていない状況を非常に嫌っている。特に、米軍の軍人がイスラエルのために死ぬことに関して、彼は強烈な怒りを覚えているだろう。

ユダヤ教徒の白人はなぜ問題になるか?

白人種はアスペルガーが多い

 ユダヤ教徒の白人の大部分は非常にきついアスペルガーであるように見える。実際、問題になってるユダヤ教徒の白人の大部分はドイツ人であるように思える。欧州において、キリスト教のドイツ人が問題になってきたように、アスペルガーは彼らの宗教に関係なく問題になってきた。

社会性の欠如と我の強さ

 ユダヤ教徒の白人は学問と商業に強いが、彼らは社会秩序の維持や軍事を苦手とする。彼らの社会性の欠如は印僑や華僑に似ている。彼らは国家を富ませることができないので、華僑や印僑が東南アジアで経済力を持つ時、東南アジアは大抵腐敗して崩壊する。

共依存と憎悪

 キリスト教の白人とユダヤ教徒の白人は共依存である。だから、彼らは互いを非常に憎悪してきた。俺のような部外者はじゃあ、彼らは別々の国家を形成すれば良いと感じるが、彼らは共依存状態であるので、それを達成できない。

タイトルとURLをコピーしました