奥山真司は英語論文を書ける研究者か?地政学及び博士ごっこと和田憲治の本音

大和民族について
https://cdn.pixabay.com/photo/2015/02/15/03/04/japanese-umbrellas-636869_960_720.jpg

奥山真司: カナダ&英大卒。戦略学博士。某大学兼任講師。著書『地政学』のほか J.ミアシャイマー著『大国政治の悲劇』、C.グレイ著『現代の戦略』、E.ルトワック著『日本4.0』、B.ホイザー著『クラウゼウィッツの正しい読み方』などの訳書、学習CD多数。動画

https://twitter.com/masatheman?lang=ja

 俺が奥山を見る時、俺は日本国における博士号や学者の問題を知る。その問題とは博士号の信用と損害と賠償である。もっと言うと、日本人の学者気取りの大部分は社会性を認識できない。その結果、彼らは博士号や学者を職業でなく身分と錯覚する。

博士号は信用であり頑張ったご褒美でない

 日本人は奥山の博士号を評価しない。なぜなら、奥山の博士号は信用を持っていない。人間社会は信用によって動いていく。

奥山は社会を認識できないので、彼は信用を認識できない。俺の印象によると、奥山は日本人が博士号を評価しないのが悪いと感じているように見える。しかし、その衝動は間違いである。

奥山もそのほかの博士号の人間も信用をもたない。白人の博士号に信用が存在するのは彼らが社会性を持っているからである。奥山は頑張ったご褒美としてちやほやされたいと博士号を認識しているように見える。

奥山は学者か?

 俺は奥山の英語論文を知らない。俺の印象によると、奥山は英語を論文を彼ら自身で書くことができない。たとえ彼が博士号を取得するとしても、もし彼が論文すら書けないならば、その博士号は信用を失う。しかし、奥山は信用を認識できないので、彼は日本人の思考を認識できない。

和田憲治は優しい日本人である。だから、彼は奥山が学者であるかをかなり疑っているが、彼はそれを指摘しない。その結果、彼はますます勘違いしてきた。

学者なのに、誤審や誤認が多い

 日本人の学者は豊富な知識を持つ。しかし、彼は審判能力や認識能力をもたない。その結果、彼らは誤審や誤認識を繰り返してきた。

だから、日本人は日本人の学者気取りはばかであると審判してきた。俺が十年以上論文を書いてこなかった人間が学者と呼ばれる時、日本人の物体は本当に馬鹿であると審判した。十年以上、競技に参加してこなかった運動選手は選手と呼ばれないが、学者は研究者や学者と呼ばれる。

この種の状態は誤審や誤認状態である。上記の奥山もまともな研究論文すら書けないのに、研究者や学者と呼ばれる。彼は合気道の達人と同じであるだろう。

「柳 龍拳(合気達人)」対戦結果:探偵ファイル
地政学を英国で学んだ
戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中
タイトルとURLをコピーしました