メソポタミア文明の捉え方〜シュメルからアッカド帝国とアッシリア帝国まで

中東文明
https://unsplash.com/photos/cU5TUyEaZXQ
広告

 以下では、俺はメソポタミア文明に対する俺の認識を提示するつもりである。なお、俺は古代エジプト文明を述べない。なぜなら、エジプト人はY染色体ハプログループEに所属する。

一方、古代メソポタミアにおける人々はY染色体ハプログループJに所属するだろう。エジプトと中東は地理的には近いけれども、エジプトは北アフリカであるように感じる。なお、中東地域の面積はインド大陸と同じである。だから、君が中東史を考える時、インド大陸の中の物語を見るような感覚を持つ。

古代メソポタミアにおける登場人種は中東小人種と地中海小人種である。ペルシャやエジプトやメソポタミアは中東人種であったはず。一方、ヒッタイトは地中海人種であっただろう。地中海小人種は西はイベリア半島から東はアルメニアまで東西に広く分布している。

広告

登場人物

Y染色体ハプログループJ(セム語族)

 登場人物:Y染色体ハプログループJが古代メソポタミア文明における実質的な主役である。

 Y染色体ハプログループJが古代メソポタミア文明における実質的な主役である。おそらく、アッカド帝国のサルゴン王がY染色体ハプログループJ(セム語族)であったかもしれない。ユダヤ教やキリスト教、そしてイスラム教はY染色体ハプログループJによって実質的には作られただろう。

Y染色体ハプログループE(ハム語族)

 登場人物Y染色体ハプログループEは古代メソポタミア文明における準主役である。

 Y染色体ハプログループEは古代メソポタミア文明における準主役である。いわゆる、エジプト人がY染色体ハプログループEであり、彼らはピラミッドの人々である。繰り返すが、エジプト人はY染色体や語族から見ると、アラブ人(セム人)でないだろう。

Y染色体ハプログループR(印欧語族)

 登場人物Y染色体ハプログループRは古代メソポタミア文明における重要な脇役である。

 Y染色体ハプログループRは古代メソポタミア文明における重要な脇役である。おそらく、ヒッタイト人は印欧語族を持っていたので、彼らはY染色体ハプログループRであっただろう。

世界史における欧州人の台頭は比較的に最近である。けれども、Y染色体ハプログループRや印欧語族それ自体は紀元前5000年前(今から7000年前)から歴史に関係してきた。ヒッタイトや古代ギリシアや古代ローマはY染色体ハプログループR(印欧語族)であっただろう。ペルシャ人やインド人の一部も印欧語族であったかもしれない。

シュメル人(Y染色体ハプログループG?)

 登場人物:シュメル人(Y染色体ハプログループG?)が古代メソポタミア文明における隠れた始祖である。

 シュメル人(Y染色体ハプログループG?)が古代メソポタミア文明における隠れた始祖である。個人的には、シュメル人はY染色体ハプログループGを持つように思える。Y染色体ハプログループGの生息地はアナトリアやコーカサス山脈やペルシャであったように感じる。ただし、母系はドラヴィダ人であったかもしれない。

シュメール人

シュメール人

 シュメール人:シュメール人は彼らの王朝を俺らの約170世代前に作った。

 シュメール人は彼らの王朝を俺らの約170世代前に作った。いわゆる、シュメール人の文明は俺らの約170世代前に始まり、サルゴン王で終わるように思える。おそらく、約180世代前にメソポタミアへと東方から流入したのだろう。

セム人(セム語族)

アッカド帝国

 アッカド帝国:約140世代前に、アッカド人のサルゴン王がアッカド帝国を作った。

 約約140世代前に、サルゴン王がアッカド帝国を作った。俺の憶測では、サルゴン王はY染色体ハプログループJ(セム語族)であっただろう。アブラハムが生まれた時代のこの頃であったのでないかと感じる。

その30世代後に、グッティ人がアッカド帝国を滅亡させた。もし彼らがセム人ともシュメル人とも異なる謎の民族であるならば、俺はグッティ人は印欧語族(Y染色体ハプログループR)やカフカス諸語族?であったのでないかと疑う。前者の場合、サルゴン王(Y染色体ハプログループJ)はY染色体ハプログループRに敗北した。

アッカド帝国が滅亡した後、シュメール人は主導権を一時的に(約30世代)取り戻したらしい。この時代はウル第3王朝と呼ばれている。しかし、この王朝もセム民族によって滅亡させられた。

古バビロニア王国

 古バビロニア王国:アッカド帝国の滅亡の後、アムル人(セムの民)の古代バビロニア王国が台頭した

 アッカド帝国の滅亡の後、アムル人(セムの民)の古代バビロニア王国が台頭した。アッカド人もアムル人もセム語族であるので、Y染色体ハプログループJであったかもしれない。ハンムラビ法典のハンムラビ王は古バビロニア王国の6代目の王様であった。

異民族(印欧語族)

ヒッタイト(印欧語族)

 ヒッタイト(印欧語族):ヒッタイト人がヒッタイト国を作り、古バビロニア王国を滅亡させた。

 ヒッタイトがヒッタイト国を作り、古バビロニアを滅亡させた。ヒッタイト人は印欧語族を持っていたので、彼らY染色体ハプログループRであったかもしれない。ヒッタイト人は鉄で有名である。個人的な印象では、俺はヒッタイト人はセム人よりも北方の民であると感じた。

カッシート(謎の民族)

 カッシート(謎の民族):古バビロニアの滅亡の後、カッシート人がバビロニア的な文化を継承した。

 古バビロニアの滅亡の後、カッシート人が古バビロニアを継承した。もしカッシート人が自己の文化を持たず、かつ軍事を重視するならば、彼らは北方の民であったかもしれない。東方の民エラム人に滅ぼされた。

たぶんセム人のアッシリア人(セム語族?)

アッシリア帝国

 アッシリア帝国:アッシリア人がアッシリア帝国を作った。

 アッシリア人がアッシリア帝国を作った。アッシリア帝国では、アッカド語(セム語族?)が使用されていたらしい。ただ、俺の独断と偏見では、アッシリア人がY染色体ハプログループJであったかは不明であるように感じた。

ペルシャ人(印欧語族)

メディア

 メディア王国:メディア人はアッシリア帝国を滅亡させた。

 メディア人はアッシリア帝国を滅亡させた。メディア人が印欧語族を持っていたので、彼らはY染色体ハプログループRを持っていただろう。メディアの台頭から、メソポタミア文明が東方へと移動したとうに感じる。

アカイメネス朝ペルシア

 アカイメネス朝ペルシア:キュロス2世はメディアを滅亡させて、ペルシャ帝国を築き上げた。

 キュロス2世はメディアを滅亡させて、ペルシャ帝国を築き上げた。キュロス2世は印欧語族を持っていたので、彼らはY染色体ハプログループRを持っていただろう。

場所(空間)

メソポタミア

アナトリア

ペルシャ

エジプト