信仰者における美容整形行為と欺き行為と損害

 この信仰では、君は美容整形をしない。君は君の肉体の和合を君自身で改善する。

白人の米国民や朝鮮人は美容整形に抵抗を持たない人間である。君は外部環境を君の意志で改善していく。

欺く行為と美容整形

 欺き行為とは他者を騙す行為である。

 騙す行為とは何であるか?例えば、ある人間がaをbであると知っているのに、その人間がbをaと他者に言う。これは騙す行為である。

君が人工を自然という時、君は他者を騙している。英語だと、fakeやlieであるかも。騙すという行為が成立するためには「当事者が知ってること」が条件の一つである。

この信仰では、当事者の「悪意」は騙すに関係しないことにする。たとえある人間が悪意を持たなくとも、当事者が知っているならば、その行為は騙す行為である。知能の低い人間は「悪意」を持たないが、他人を騙さないわけでない。

 君の認識 君は美容整形行為を欺き行為と認識する。

 君は美容整形行為を欺き行為、つまり他者を欺く行為と認識する。特に、男性が女性と結婚する時、女性の遺伝的な性質、つまり子孫に伝達される性質が重要である。女性が美容整形を行う時、遺伝的な性質が欺かれる。

この種の行為は学歴の嘘や年収の嘘に相当する。女性は男性の年収や学歴を見るように、男性は女性の遺伝的性質を見る。結婚は契約であるので、君は契約における欺き行為を回避する。

美容整形は学歴詐称で企業によって採用された社員の行為に等しい。

欺きと損害

 取り決め 欺き行為は他者に対する損害行為である。君は賠償を君を欺く対象は損害に請求する。君はこれをヌシ判断と判断する。

 正当化:動物は君に対する損害を賠償しない。この信仰の目的は分岐であるので、君は君の肉体を損害に対して賠償するように操縦する。

なぜ美容整形が悪いか?この信仰の世界観

 この信仰では、自己の肉体のデザインを自己で創造できることは人間の本質に関係する。だから、君は美容整形でなく、君自身で君自身の肉体のデザインを改善する。君は物質的世界から分岐しているので、君は君自身の肉体のデザインを君自身で創造して子孫へと伝達できる。

美容整形行為は君の人間の本質に関係したことを否定している。だから、君は美容整形を行わない。君が美容整形を繰り返して、君は君の肉体のデザインを君自身で改善しようとしない時、君は君が物質的世界から分岐したことを放棄している。

タイトルとURLをコピーしました