応答行為とその正当性

 この信仰では、君は応答行為を重視する。日本人の学者気取りはこの応答行為を苦手とする。その結果、彼らはバカであるように見える。

応答行為の重要性は自然科学にも応用される。この違和感や違いに対する応答行為が低い時、君はある現象を発見できない。何かを発見するという行為それ自体が応答行為である。

君が応答行為を思考する時、君は君の肉体を車体と認識する。情報(物理的譲歩も含む)が君の車体に入るとき、君はその情報に対する適切な応答をする。なお、君は応答行為を人間的な行為、反応行為は物理的行為、または動物的な行為と認識する。

応答行為

 応答行為:応答行為とは存在及び状態及び運動に人為的に反応する行為である。人為的に反応するとは、君は君の肉体を君の意志で操縦して反応することである。反応とは入力に対する出力である。

言語応答

 言語応答とは言語に対する応答である。日本人の学者気取りはとんちんかんな応答を繰り返す。なぜなら、彼らは言語応答能力を持っていない。

なお、言語応答とは言語に対する言語の応答でない。言語応答は言語に対する行為の応答を含む。

非言語応答

 非言語応答とは非言語的な対象に対する応答である。非言語的な対象とは、例えば、物質や人間社会の状態(二重国籍や不公平)に対する応答である。白人種は物質に対する非言語応答能力を持っていたので、近代科学を発展させてきた。

応答行為の正当性

 君は応答行為をヌシ的と判断する。

だから、君はこの判断を君の肉体の操縦に結びつけて、応答行為を行うように、君の肉体を操縦する。

 応答行為は分岐的大原則によって正当化される。君が爬虫類や東南アジア人や日本人の学者気取りを見るとき、彼らは応答しない。ひどいときには、彼らは反応しない。

ある対象が物質的世界から分岐されていないとき、その対象は応答できない。この信仰の目的は分岐であり、君は物質的世界から分岐するように、君の肉体を操縦する。もし応答行為が分岐された行為であるならば、応答行為はこの信仰の中で正当な行為である。

タイトルとURLをコピーしました