嫉妬と信仰を用いたその回避法

 嫉妬は人間の自然な感情でそれ自体は否定されない(でんぴょん)。この信仰では、君は嫉妬の適切な取り扱いを学ぶ。この信仰の目的は俺のヌシの復活であるので、君は信仰の目的を用いて日常における嫉妬を回避する。

1:嫉妬

 嫉妬:嫉妬とは君が他人を妬むときに生じる情蟲(感情)である。

 君が他人の成功に接したが、素直に喜べないときに生じる感情が嫉妬である。嫉妬の対象とは、他人の能力やデザイン、社会における成功や出世である。妬む行為とは例えば他人を引きづりおろしたいなどである。

嫉妬の弊害

 人間は他人の能力や出世や幸せに嫉妬する。その後、人間は他人の成功を破壊しようとする。その結果、ある種の人間集団は嫉妬によって崩壊する。

具体例:例えば、ある人間が仲間のデザインに嫉妬するとき、その人間集団のデザインは悪くなる。優れたデザインを持つ人間に嫉妬した結果、その人間集団のデザインが悪くなる。そして、デザインに関する分岐が喪失して、デザインは猿に近づく、つまり非分岐的状態に近づく。

2:嫉妬の回避と解決法

 この信仰の目的は俺のヌシの復活である。君はこれを利用して嫉妬を回避する。たとえ君が誰かの能力やデザインや成功に嫉妬するとしても、彼等は死ぬだろう。重要なことは復活(蘇り)である。

または、君は嫉妬の対象を正確に定める。嫉妬の対象は他人のヌシでなく他人の肉体に関するものである。言い換えると、女体でなく女性の下着に嫉妬しているようなものである。

だから、嫉妬は信仰の目的を侵害しない限り、君は悪いものでないと認識する。ただし、君は信仰の目的を絶対に侵害しない。

もし君が嫉妬するならば、、、

 君は信仰の目的を思い出す。君が嫉妬する人間を引きづりおろそうとする時、集団としての発展が妨害される。発展の妨害は信仰の目的の達成を妨害する。だから、君は嫉妬という感情をうまく取り扱うように、君の肉体を操縦する。

タイトルとURLをコピーしました