差別と罪とカルト宗教(キリスト教)〜ヴィーガンと動物愛護と環境保護グレタ・トゥーンベリ

人間について
https://en.wikipedia.org/wiki/Christianity

 人間誰しも差別意識を持っている。一見すると、この種の発言は素晴らしく事実であるように見える。君はこの発言の悪意を読み取る必要がある。

その悪意とは人間誰しも差別意識を持っているのだから、その差別を償うために、人間はキリスト教の教えに従うべきであることである。この種の発言は人間の善意を悪用したカルト宗教と同じである。俺の印象によると、アスペや発達障害はこの種の教えを非常に好む。

彼らは人間の善意に漬け込み、罪悪感を植え付けて人心を掌握したい。彼らは他人を支配したい。俺は彼らの行為を非常に気持ち悪いと認識する。

カルト宗教の手法

罪と罪悪感

 人間は罪深い存在である。だから、罪を償うために、人間は教会の言うことを聞く必要がある。もし聞かないならば、君は差別主義者である。

悪魔と魔女

 君は悪魔意識や魔女意識を持っている。もし君が白人の言うことを聞くならば、君は地獄へ落ちない。もし君が白人の言うことを聞かないならば、君は悪魔や魔女であり、火あぶりにされる。

差別

 君は差別意識を持っている。もし君が白人の言うことを聞かないならば、君は差別主義者である。だから、君は正義によって糾弾される。

類似した具体例

ヴィーガンと動物愛護

 ヴィーガンも動物愛護も罪悪感を人間に植え付けて支配するための道具である。人間は動物を殺して食べる罪深い存在である。ヴィーガンは差別主義者である。

環境破壊

 ドイツ人は環境意識が高いように見えるが、その意識はキリスト教由来である。彼らは人間は環境を破壊する罪深い存在である。だから、環境破壊する人間は差別主義者である。

 キリスト教では、性は汚いものとして扱われてきた。なぜか彼らは性や欲情に対する本能に罪悪感を感じさせられてきた。君が性にある種の後ろめたさや罪悪感や恥を感じる時、君は罪深い存在として扱われる。

解決法

 東洋人は日常における礼節を重視する。礼の長所はカルト宗教的でない点である。例えば、他人を糾弾する行為は失礼な行為である。これで終わり。

肉食も家畜に対して失礼でなければ良い。たとえ君が差別をと言う単語を使用しなくとも、日常生活における礼節を重視しようと言えば良い。

タイトルとURLをコピーしました