難癖と言い掛かりとゲスの勘ぐり行為、そして勝手に本音代弁(イタコ芸)

 この信仰では、難癖や言い掛かりやゲスの勘ぐり行為を重視する。電網世界を見ると、君は話が通じない人間の多さに驚く。たとえ君が苦情者にまともに対応するとしても、苦情者は引き下がらない。

例えば、借りたお金を返さない動物や二重国籍者や侮辱的動物に対する対応が述べられる。難癖の例には、差別や見下しやバカにしているや奴隷化や家畜化が存在する。ゲスの勘ぐりや勝手に本音の代弁行為は相手の見透かされたくない本音を君が代わりに表現する。

その時、君は合意形成や相手が対応できないような予想外の代弁を行う。もし君の難癖の程度が高いならば、君は相手をあんぐりさせれるだろう。

1:難癖と言いがかり

 難癖と言いがかりの重要性はごねる人間を見るときに明白になる。例えば、日本人の学者気取りはお金を返さない。君や俺が契約相手はお金を彼らに貸しているのであり、あげているわけでないと指摘するとしても、彼らは逆に脅迫してきて、日本の科学がどうなっても良いかと発言する。

このとき、君は君は彼らと会話できないと審判する。さて、君は彼にどう対応すべきであるか?その答えの一つが難癖と言いがかりである。

難癖と言いがかりの方法

  1. 奴隷化
  2. 家畜化
  3. 悪魔化(家畜化)
  4. 見下している
  5. subhumanと思っている。

 難癖と言いがかりの方法が上記である。たとえ君が借りたお金を返さない人間にお金を返せと言うとしても、彼らはお金を返さない。だから、君は彼らは君を奴隷化や家畜化している、だから、彼らはお金を君に返さない。

だから、君は人誅を彼らに下すべきである。君はこのように思考する。このとき、日本人の学者気取りやフィリピン人はびっくりしてお金を返すだろう。

この種の行為は二重国籍にも応用される。たとえ君が二重国籍は機械不平等であると主張するとしても、二重国籍に関してごねる人々は喚いて権利を主張してごまかそうとする。だから、君は次のように殺意を持って言いがかりをつける。

伏犠(藤崎版)
伏犠(藤崎版)

 二重国籍は人間社会の維持を単国籍者に負担させる。維持の負担は他者への奴隷化である。だから、君は奴隷化を解除するために二重国籍者に人誅を下す。

2:ゲスの勘ぐりと勝手に代弁行為

 ゲスの勘ぐりと勝手に本音代弁行為(イタコ)も重要である。そのとき、君は聞き手と話し手の合意が形成させるようなイタコ芸を試みる。本音に関する合意形成を行うことは最も重要である。

例えば、白人との中間種は日本人を差別主義者と侮辱しようとする。このあと、たとえ君が半分白人との中間種が有色人種であるモンゴロイド人種を差別主義者と呼ぶのは歴史的に正当でないと主張するとしても、白人との中間種は彼らの侮辱行為をやめない。彼らは半分白人という理由で復讐されるまで、彼らは黙らないだろう。だから、君は次のように述べる。

なぜなら、次の発言は彼らが知られたくない本音である。この種の本音は白人はーふの子供を産んで自慢したかった日本人女性にも言える。彼らは彼ら自身の人種差別的な意識を左翼活動やリベラル活動を通じて浄化したい、救われたいと感じている。

ゲスの勘ぐりの具体例

差別と侮辱する人間に対して

 白人との中間種は彼ら自身の母親がおまんこレイシスト、マン汁カドニウムであることを知っている。だから、彼らは彼ら自身を善の立場におき日本人を差別主義者という悪の立場に置きたい。なぜなら、彼らの白人の部分が差別主義者でない、そして日本人の母の部分も差別主義者でないということから現実逃避したい。

しかし、その種の卑しい行為は無責任、かつ歴史修正主義的な行為であり、決して有色人種によって認められない。彼らは彼ら自身の父親と母親がともに差別主義者であることに向き合うべきである。たとえ彼らが日本人を差別主義者と呼ぶとしても、彼らは救われない。

有色人種の大部分はこの種の人間が差別主義者であることを知ってる。だから、もし君が彼らによって差別主義者と侮辱されるならば、君は正論を彼らにぶつけるのでなく、彼らの行為の動機を明らかにせよ。

この種の人間の行為の動機は彼らの白人部分と日本人母の部分が差別主義者であることを見透かされたくないである。だから、彼らは差別糾弾を掲げて自分自身を善の立場に置き日本人を差別主義者という悪の立場に置くことによって、彼らが二重の差別主義者であるという現実から逃避しようとする。

二重国籍を欲しがる中間種に対して

 二重国籍を欲しがる中間種は半分白人であり偉いから二重国籍を欲しがっている。白人の遺伝子を持たないsubhumanは彼らの社会の維持を彼ら自身で行うべきである。しかし、白人やその中間種は色付きよりも偉いので二重国籍を保有できる。

俺や君が上記の発言を提示するとき、合意形成が生じるだろう。なぜなら、有色人種の大部分は白人やその中間種が有色人種を見下していることを知っている。だから、合意が形成される。

勝手に本音代弁行為(イタコ芸)

 君は綺麗事を繰り返して君を差別主義者と侮辱する人間に次をお見舞いせよ。そのとき、君は自己の出自に関して白々しい嘘をついて、相手になりきり相手の本音を代弁せよ。

 私は実は白人ハーフである。私の母親のマンコはレイシズム、私の母親のマン汁はカドニウム。アジア人みたいな顔は嫌っ。白人みたいな顔した子供が欲しい。せっかく苦労して白人男性と結婚したのに、アジア人みたいな顔した子供が生まれてきた。あ〜失敗。中絶しよう。だって、中絶は女性の権利。私の子供はじゃっぷやチョンやシナや黒ンボよりも優秀。だって、半分白人だもん。さあ〜て、芸能界に入れて自慢しよう。

白人との中間種の精神が病みやすいのは上記のような両親から生まれてくるからである。その結果、彼らは劣等な有色人種たる日本人に依存しつつ日本人を見下すという奇妙な状態になる。だから、彼らは精神的に病んでいる。

習近平
習近平

 白人との中間種が日本人をjapと呼ぶとき、朝鮮人も中国人もアメリカ先住民もフィリピン人も、そして習近平もその単語をモンゴロイド人種に対する人種的な侮辱と認識する。けれどもこの種のsubhumanはそれを認識できない。日本列島は東洋地域に属する。

白人様
白人様

 彼女は彼女の半分が白人であることの意味を認識できない。だから、彼女は恨まれて殺されるまで何もわからないだろう。中間種は超えるべきでない一線を認識できないように見える。彼女を殺すのは必ずしも日本人とは限らないが、彼女はそれを予想できない。なぜなら、東洋人やモンゴロイド人は上記のjapという発言を日本人に対するものでなく、人種的な侮辱と受け取る。

3:正当化

 難癖行為や言いがかり行為やゲスの勘ぐり行為や勝手に本音代弁行為の正当化は難しい。君がこれらの行為を悪意ある行為と認識する。そのとき、悪意は蟲的世界に属して、物質的世界から分岐した存在である。

だから、分岐的大原則によって、この種の悪意ある行為は肯定されると君は認識する。または、君は陰陽思想を使用して、この種の行為は陰なる行為であるが、大局的な秩序を維持すると考えれるかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました