なぜ日本人の学者やインテリはドイツ人を愛するか?白人コンプと社会性の欠如

大和民族について
https://ja.wikipedia.org/wiki/カール・フリードリヒ・ガウス

 日本人の学者やインテリはドイツ人を好む。それに対して、ネット民や5chはドイツ人を嫌っていて、彼らをバカにしている。なぜこの差が生じるか?

ドイツ人に対する日本人の知の肉便器の態度は学者の不要性を暗示している。

白人コンプと学者気取りのブサイクさ

 日本人の学者やインテリはブサイクなので、彼らは白人になりたい。彼らは白人を好み白人の視点に立って何かを語ろうとする。要するに、日本人の学者気取りは学問に興味をもたない。

彼らは学問を通じて、彼ら自身を白人の側に置きたい。日本人の学者気取りは社会性をもたないので、学者が職業であることを認識できない。

社会性の欠如

 日本人の学者やインテリは社会性を持たない。だから、彼らはドイツ人を好む。ドイツ人は個人基準では優秀であるが、社会や集団という観点から見ると、彼らは非常に危うい。実際、ドイツ人集団としての欠陥の象徴がナチスであった。

しかし、日本人の学者気取りは社会性を持たないので、彼らは他人を集団で捉えられない。彼らは他人を常に個人水準で把握する。其の結果、彼らはドイツ人を好んできた。

ゲルマン人は遺伝的に優秀であったが、チビのローマ人に勝てなかった。なぜなら、古代におけるドイツ人は狩猟民族的であり、ローマ人はより農耕民族であった。其の結果、白人は敗北してきた。

 日本人の学者気取りは未開の狩猟民族であり、彼らは社会を構成できない。さらに悪いことに、彼らは社会を認識できない。其の結果、日本人の学者気取りは社会的な存在や組織としてのドイツ人集団の欠陥を把握できてこなかった。

一方、日本人のネット民は社会性を持っているので、彼らはドイツ人の異常性をよく把握している。当然、ネット民は個人基準でのドイツ人の優秀性を否定していない。しかし、たとえ古代ゲルマン人がどんなに優秀であったとしても、狩猟民族は農耕民族に勝てない。

白人様
白人様

 個人基準でどんなに優秀に見えるとしても、社会を構成できないと、文明は生じない。人間を評価するとき、個人基準での能力と社会基準での能力は異なる。古代ゲルマン人は個人基準での高い能力を持っていなが、彼らは社会基準での能力をもたなかったので、実質的に未開であった。

白人様
白人様

 日本の知性(笑)は社会を認識できないので、ドイツ人は優秀に見える。其の結果、彼らはドイツに好意的である。しかし、その優秀さは古代ゲルマン人の優秀さである。

白人様
白人様

 日本人の知の肉便器は狩猟民族のsubhumanであるので、白人が彼ら自身の文字や宗教や社会制度を持ってないことの意味を認識できない。

タイトルとURLをコピーしました