人種と民族と部族と個族、エスニックや語族に対する捉え方

俺らの信仰
https://www.youtube.com/watch?v=MB0vRra5fUI

 君が白人や中間種を見るとき、彼等は適切な自己認識を持つ能力を持っていないと審判する。中間種は彼等自身を日本人やハーフを使い分ける。しかし、誰が日本人であるかは土地の先住権や歴史における加害や被害の関係に関して非常に重要である。

また、白人の自己認識も俺にとって奇妙である。自然と人工の混同や過去の欠如(先祖の欠如)が観察される。だから、この信仰では、君は人種や民族を以下のように認識する。

1:捉え方

  1. 大局優越とは、対象を大局から局所へと認識する行為である。
  2. 幾何学的把握とは、対象たちをガス球体のように幾何学的に把握する行為である。
  3. 認識優越とは、対象を定義でなく認識する行為である。
  4. 自己認識の非混同とは、人工的自己認識と自然的自己認識を混同しない行為である。

大局→局所(大局優越)

 取り決め(大局優越) 君は人種や民族や部族を大局から局所へと認識する。

 具体例 モンゴロイド人種→東洋小人種→大和民族→東日本部族→東北小部族→語族。

白人種の自己認識は局所から大局である(局所優先)。君は大局優先を採用する。白人種の自己認識は構成的であり、東洋人の自己認識は把握的である。

文字でなく幾何学(一ゼロ思考でない)

 取り決め(幾何学的把握) 君は人種や民族を幾何学的に把握する。

 具体例 東洋人xが日本人であるかは最も重要でない。君は日本人や朝鮮人や中国人をガス球体のように認識する。ガス球体の各点が東洋人に該当する。重要なことは他者からの距離である。

一方、白人は人間を白人かそうでないかという一ゼロ思考で定義する。しかし、現実的には、人間はガス球体のように分布していて、人間xが白人かどうかはわからないだろう。

距離と立ち位置〜誰に近いか?

 上記に関係するが、君は相手との距離を幾何学的に認識して、人種や民族を把握せよ。例えば、コーカサス人種と日本人との中間種の距離は君と朝鮮人との距離よりも離れているだろう。当然、文化的な距離は異なるけれども、、。

定義でなく認識重視

 取り決め(認識優越) 君は人種や民族を認識する。君にとって、人種や民族は定義されるものでない。

 君は日本人の定義でなく日本人に対する認識を重視する。朝鮮人や中間種は彼ら自身の自己認識をごまかす。その後、そのごまかしが糾弾されると、彼らは日本人の定義は何かと返答して日本人を黙らせようとする。

この種のバカな行為に対する回答が上記の認識である。もし彼らが日本人を認識しないならば、たとえ日本人が彼らを殺すとしても、彼らは日本人によって殺されない。なぜなら、彼らは日本人を認識しない。

この種の認識は借りたお金を返さないフィリピン人にも言える。彼らはコジキした後、彼らは数の定義を決まって質問する。だから、君は数の認識を質問する。もし彼らが数を認識しないと返答するならば、君は給料を彼らに支払わない。なぜなら、彼らは数を認識しない。

自然と人工の区別〜2種類の自己認識〜

 取り決め(人工的自己認識と自然的自己認識の区別) 君は人工的自己認識と自然的自己認識を区別する。

具体例 人工的自己認識とは、例えば、教徒や国民や語族である。自然的自己認識とは、例えば、人種や民族や部族や性別である。

人工的と自然的

 人工と自然に対する認識は難しい。自然は知覚されるもの、人工は認識されるものや信仰されるものである。宗教や国籍や語族はエネルギを持たないので、それらは人間によって知覚されない。だから、それらは人工的である。

一方、人種や民族や部族や性別は生物学に関係して、それらはエネルギや知覚に関係する。だから、それらは人工的でなく自然的である。

過去における分岐

 取り決め(過去的分岐) 君が人種や民族を認識するとき、君は過去における分岐に着目する。言い換えると、君は先祖の存在を無視しない。

 人種や民族や部族が形成されるのは過去における生物的な分岐と首刈り効果の結果である。

2:人種と民族と部族、そして個族

 君は人種を次のように捉える。

人種観

 人種と民族と部族と個族 …⊃生物種⊃人種⊃民族⊃部族⊃…⊃個族

 なお、個人とは個族の要素である。君は人種に対する上記の認識を集合的球体認識と便宜的に呼ぶ。

 取り決め(人種) 君は人種を生物的事実とそれに対する認識の組みと認識する。人種=the set of 生物的事実 and それに対する認識。

 ある東洋人xが日本人であるか朝鮮人であるかは遺伝によって決定される。しかし、もしある人間の認識能力が低いならば、その遺伝子自体が認識されない。その時、その人間にとって、朝鮮人と日本人の区別は存在しない。

だから、人種や民族という生物的事実には、人間の認識も関係すると君は認識する。痴呆老人の世界には、日本人も朝鮮人も存在しない。

エスニック

 取りきめ(エスニック) 君はエスニックを小人種と人工的自己認識の混合と認識する。

 具体例 東洋人と日本語族で日本・エスニック。君は漢民族とhanエスニックを異なる対象と認識する。また、君はユダヤ教徒の白人や南ドイツ人と北ドイツ人は異なる民族であるが、同じエスニックであると認識する。

白人は人工的な自己認識と自然的な自己認識をしばしば混同する。その結果、彼らは主語が狂った歴史を記述しようとする。君は白人の性質に注意せよ。

3:正当化

 上記の正当化は分岐的大原則によって行われる。俺は以下を簡易的にかく。

審判 構成的な思考は機械や計算や物質的世界に属する。それに対して、幾何学的把握や大局的認識や認識は物質的世界から分岐された行為である。

分岐的大原則によって、君は君の肉体を物質的世界から分岐するように操縦する。だから、君は上記のように行動する。

タイトルとURLをコピーしました