なぜ日本の弁護士は高慢で偉そうで先生と呼ばれる?

大和民族について

 日本人の弁護士は異常に高慢である。岡口基一を見ればわかるように、彼らは非常識と呼ばれてきた。日本国では、先生と呼ばれる人間は無能であり、白人にビビって何も言えない。

大学教員も医者も弁護士も政治家も異常に高慢である。では、なぜ彼らは高慢であるだろうか?記事画像のつぶやきに、その理由が隠されている。

1:職業の概念の欠如

 日本人の弁護士は彼ら自身を「弁護士だから偉い」と感じている。なぜなら、彼らは職業の概念を認識できない。

弁護士も医者も政治家も学者も身分でなく、「職業」である。職業とは労働の義務である。彼らは義務を認識できなので、彼らは義務の概念から導かれる職業を認識できない。

タイトルとURLをコピーしました