人誅における理不尽と生贄と自由意志の強奪

俺らの宗教(主体)
https://ja.wikipedia.org/wiki/ヤマタノオロチ
広告

 君が人誅を下すとき、君は理不尽や自由意志を巧みに利用する。そのとき、君は生贄や武器の需要を作り出すことができる。君が戦争に参加する、または人誅を下すとき、君は以下の手続きに従って君の肉体を操縦する。

広告

人誅における手続き

理不尽

 君が人誅を下す前に、君は理不尽を対象に与える。なぜなら、人間は理不尽に接するとき、人間はその理不尽の理由を求めたくなる。そのとき、生贄の必要性が上昇して、武器の需要が発生する。

理不尽とは自然災害のようなものである。自然災害の後、土人はしばしば生贄を自然に捧げてきた。君はこの性質を利用して人誅を下す。

重要なことは理不尽であることである。

自由意志の強奪と他者のALS患者化

 また、君が人誅を下す前に、君は相手の自由意志を奪って機械化させる。そのとき、相手は彼自身の肉体を自由に操縦できないと感じて、相手は強い被害者意識を持つ。この時も、上記と同様に、生贄の必要性が上昇して、武器の需要が発生する。

女の被害者意識の強さは女の肉体操縦の下手さに関係する。女の肉体は物質のように自動的に運動する。だから、女は常に被害者ぶってきた。発達障害やアスペ やドイツ人の被害者意識の強さも彼らの肉体の自動性の結果である。

ある人間の肉体が自動的に動くとき、その人間は強い被害者意識を持つ。

他人のせいと生贄

 君が相手の自由意志を奪うとき、相手は他人のせいにしたがる。相手は理不尽や被害者意識の強さから生贄や弱者に対する暴力を発散させたくなる。それによって、殺される人間は相手を恨み、怨念と憎悪の連鎖が延々に続くだろう。

武器の需要

 相手が他人のせいにする、相手が生贄を欲するとき、殺される側は殺されたくないと抵抗する。そのとき、武器の需要が発生する。君はこの需要を逃さない。

タイトルとURLをコピーしました