人間の本質と先祖

俺らの信仰
https://ja.wikipedia.org/wiki/チンパンジー

 この信仰では、君は先祖を人間の本質と認識しない。ただし、先祖は君にとって非常に重要である。また、君は先祖や過去を否定しない。

誰が人間であるか、誰が日本人であるか、誰が中国人であるかはしばしば先祖の用いて認識されてきた。日本人の先祖は同じであるので、共通先祖を持つ東洋人の一派が日本人、つまり大和民族と呼ばれた。進化論はこの先祖的な思考を応用するので、人間の先祖が猿であることが問題になってきた。

もし人間と猿が共通先祖を持つならば、人間は単なる猿でしかないのか?もし人間が単なる猿でしかないならば、先祖や進化論は人間の本質や俺らが誰であるかを教えない。

1:先祖は人間の本質でない

 先祖は人間の本質でない。もし先祖が人間の本質であるならば、猿との共通先祖が人間である。さらに、猿を遡っていったキツネザルのような動物まで人間である。

もっと言うと、もし先祖が人間の本質であるならば、キツネザルの先祖は哺乳類で哺乳類の先祖は爬虫類で、、、と続き最終的には原子や分子、宇宙それ自体が人間である。君は哺乳類や爬虫類や原子や分子を人間と認識しない。

要するに、君が人間の本質を先祖と認識するとき、爬虫類や単なる猿が人間と認識される。この状態は人間の渇望大原則に反しているので、君は人間の本質を先祖と認識しない。

2:猿からの分岐とヌシの利用

 この信仰では、俺と君は人間の本質をヌシと信仰する(または認識する)。その時、君はたとえ君が君の先祖を延々に辿るとしても、君は人間の本質を喪失しない。なぜなら、人間、正確にはヌシは分岐によって生じたと君は審判する。

君が君の先祖を辿るとき、君の先祖はどこかで猿になるだろう。そして、君は君の先祖が猿であることに絶望する。しかし、その絶望は君が先祖を人間の本質と認識してきたからである。

もし君が人間の本質を先祖でなく猿からの分岐であると認識するならば、たとえ君の先祖が猿であるとしても、君は人間の本質を喪失せずに、かつ絶望する必要はな。君の先祖はどこかで猿から分岐して、ヌシが生じた。

 その時、君の先祖は人間となった。そして、その人間の子孫である君もまた人間である。君は人間の本質をこのように解釈する。ちなみに、分岐は進化でない。

進化論における進化は車体などの物体の連続的変化である。それに対して、この信仰では、分岐を重視する。物質的世界には、蟲やヌシは住んでいない。

原因や理由は不明であるが、なぜか物質的世界から、蟲やヌシが分岐して、人間(または人間の本質)が生じたと君は認識・信仰する。

3:正当化

 上記の正当化は分岐的大原則によって正当化される。以下の正当化はかなり雑である。

 経験則:分岐は君の自己を形成する。

https://oreranitsuite.com/2019/11/03/自己の存在と分岐/

 君が人間の本質を分岐によって生じたと仮定するとき、その分岐は君の自己を形成する。君の自己が形成される時、君は人間の本質を獲得する。この信仰の目的は分岐であるので、この流れはこの信仰の目的に反していない。

だから、人間の本質が分岐によって形成されたと考えることは正当である。

 猿から分岐(進化でない)→ヌシの発生→人間の本質の生成→

先祖による人間の本質の認識は物質的世界の連続的な変形である。その変形は分岐的なものでない。だから、物質的世界の連続的な変形の表現である進化論による人間の本質の認識は正当でない。

タイトルとURLをコピーしました