女は男より論理的でない?脳科学と性差と遺伝子の落とし穴

 女性は男性と比較して論理的でないと指摘されてきた。実際、俺は女性の話は非論理的かつ一貫性を持っていないと審判した。では、その原因はなんだろうか?

一般的に、数理情報の製造者は女性の非論理性を生物学や脳科学、そして遺伝子に求めてきた。しかし、俺は女性の非論理性へのその接近法に反対する。なぜなら、女性の非論理性とは女性の社会性の欠如である

要するに、女性は動物や狩猟民族と同じである。だから、女性は社会性を持たない。その結果、女性は社会性の産物である会話行為、そして会話行為の一形態としての論理性を持ってこなかった。

1:社会性と論理

 論理的行為:論理的行為とは会話行為の一種であり、自己の意見を論理を持って正当化する会話行為である。

 会話行為:会話行為とは社会性行為の一種であり、情報を取り決めに沿って交換する社会性行為である。その取り決めは宗教などによって与えられる。

 日本人は狩猟民族であるので、彼らは論理の意味を認識できない。論理とは社会的な産物である。人間が人間社会を形成するとき、人間は会話に関する取り決めを決定する必要がある。

その結果として、論理が生じる。論理とは会話行為の一種であり、会話行為は社会性行為の一種である。

しかし、女性は社会性を持たないので、彼女らは非論理的である。この状態は動物や未開の狩猟民族が非論理的であることに似ている。

 人間が人間社会を形成する時、自己の意見を正当化する必要がある。その一つが論理である。しかし、狩猟民族は人間社会を形成する必要がないので、彼らは自己の意見を正当化する必要がない。

だから、自己の意見の正当化の産物である論理が狩猟民族の社会で発達してこなかった。女性は男性が作った牧畜・農耕民族に寄生した狩猟民族であるので、彼女らはいつまで自己の意見を正当化しようとしない。

彼女らは男性に意見を聞いてもらおうとする。その結果、女性はいつまでも非論理的であり続けてきた。

 まとめ:狩猟民族→牧畜・農耕民族化→人間社会の形成→会話行為における取り決めの需要の発生→自己の意見の正当化の道具としての論理の誕生→論理学の発達

 女性は上記のはじめの部分を通過していない。牧畜の発生は約1万年前である。だから、女性の生きている世界は一万年前よりも古い世界(数万年前からホモ・サピエンスの誕生)である。

タイトルとURLをコピーしました