大澤昇平への物理学者押川正毅の本音と白人コンプ〜人種差別と醜いモンゴロイド人種〜

大和民族について
https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/ja/features/voices074.html

 これは「http://oreranitsuite.com/2019/11/24/イケメン東大最年少教授の大澤昇平の人種差別発/」の続きである。

 俺は大澤昇平に対する押川正毅(モンゴロイド人種⊃東洋小人種⊃大和民族)の態度を見るとき、俺は強烈な違和感を覚えた。その違和感とは押川正毅の視点はなぜか白人視点であり、有色人種の視点でなかったことである。日本人の日本国民と大陸東洋人の中国国民も同じ東洋小人種であり、モンゴロイド人種である。

なお、俺は大学関係者でなく、押川の契約相手である。つまり、俺はモンゴロイド人種の日本国民である。その視点から、押川の奇妙さについて述べる。俺は東京大学それ自体を潰すべきであると審判した。

大澤の行為に対する押川の陰湿及び執拗な行為は異常であり気持ち悪い。押川は大澤を人種差別主義者と糾弾することによって、白人気分を味わい、醜いモンゴロイド 人であることから逃避したいように思える。そして、押川はこの種の行為が契約相手に対する人種的侮辱行為(白人ごっこ)であることを認識できない。

1 押川正毅の正当でない行為

1 人権はキリスト教由来では?

 大澤昇平が中国人を雇用しないと発言した後、押川は人権に関する文を引用して彼を宗教的に侮辱した。人権とはキリスト教由来の概念であり、その宗教的概念を大澤昇平に押し付けた。もし大澤が無宗教や仏教徒の東洋人であるならば、押川の行為は豚肉をイスラム教徒やユダヤ教徒に押し付けるような行為である。

人権侵害を持って、キリスト教徒でない人間を糾弾する事は正当でない。人権は国際的な概念でなく、キリスト教由来の概念である。東洋的な礼節を持って、キリスト教徒の白人やイスラム教徒のアラブ人を罰することが宗教的に正当でないように、押川の行為は正当でない。

卓球選手を球蹴りの決まり事(rule)を用いて、罰する事が正当でないように、東洋人を西洋の概念で糾弾したり罰する事は正当でない。もし押川が大澤を批判するならば、大澤の行為が東洋的な礼節に反することを提示する必要があった。

2 差別は何?

 押川は差別という奇妙な単語を使用して、大澤を中傷した。差別というのは魔女や悪魔や呪いと同じような単語である。押川は名誉毀損や侮辱や中傷や平等や公平という単語でなく、差別という単語を使用した。

差別という奇妙な単語による糾弾はカルト宗教的である。俺はポアと差別の違いをいまいち認識できない。俺は押川は差別という単語を使用して、気に食わない人間や嫌いな人間を排斥しようとしたと審判する。

押川と大澤と中国人は同じ東洋人であるので、小人種も人種も同じである。民族が異なるだけである。もし大澤の行為が中傷や名誉毀損であるならば、人種や小人種に対する名誉毀損でなく、民族に対する名誉毀損として処理されるべきである。

3 人種的に侮辱されても見て見ぬ振り

 押川は差別という単語を使用して大澤を魔女狩りした。しかし、押川は人種的に侮辱される側である。なぜなら、押川の肉体のデザインは悪く、押川は白人でなく有色人種、モンゴロイド人種である。

押川は白人小人種でなく、東洋小人種である。たとえば、アメリカ大陸の多様性はモンゴロイド人種の虐殺の結果であるのに、押川はそれを賛美する白人を人権侵害や差別と批判しない。なぜなら、彼は白人との対峙を恐れるので、彼は他の日本人が白人と対峙することを期待する。

押川は大澤を人種差別と糾弾するのに、彼は白人の差別主義者を絶対に糾弾しない。彼は注意すらできない。この種の行為はサッカーの審判がレッドカードを白人には出さないが、

白人様
白人様

 たとえ東京大学の日本人女性教員が押川みたいなアジア人ブサイクは嫌っ、白人ハーフの子供欲しいというとしても、押川はその行為を人種差別と糾弾しない。しかし、イケメンの大澤が中国人を採用しないと言った時、彼はそれを執拗に追及する。契約相手がその不公平な様子を見て、不愉快な動物と契約したいかと思うだろうか?

白人様
白人様

 みんな押川の行為の本音はイケメンに対する嫉妬と押川の醜い容姿にあると知っている。しかし、まともな人間はそれをあえて指摘しない。それは名誉毀損や侮辱だからでなく、東洋における礼節や日本人的な優しさである。もし押川が日本人によるこの種の礼節や優しさを理解するつもりがなく、日本人を人種的に侮辱するならば、俺は代わりに指摘する。

白人様
白人様

 押川は彼自身がモンゴロイド人であることが嫌であるのに、彼はモンゴロイド人種のお金に依存して、白人ごっこを繰り返してきた。押川は彼の行為が契約相手に対する人種的侮辱行為であることを認識できない。

2 押川正毅に対する俺の違和感

  1. 大澤がイケメンであることに嫉妬
  2. 大澤が出世すると、押川の今までの努力が報われないような気がした。
  3. 押川が醜いモンゴロイド人であることからの逃避としての糾弾
  4. 人種差別を糾弾する時、白人気分を味わえる
  5. 人種差別を糾弾する時、白人に褒めてもらえる、認めてもらえる。

 押川正毅の行為のほとんどは彼らの容姿の醜さと白人コンプレックスからきているように思える。俺が彼の行為を見た後、強烈な不快感を覚えた。押川の容姿は醜いのに、彼は人種差別を追求する側に立とうとする。

白人は押川の醜い容姿をみて、押川は侮辱されないように対策をとるべきであると感じる。押川は俺らモンゴロイド人種と同様に人種的に侮辱される側であり、人種的に侮辱する側でない。東洋人の中でも醜い容姿を持った押川が大澤の人種差別を必死に糾弾している。この自己認識の欠如と現実逃避は笑いを誘う。

醜い対象の気持ち悪い精神が押川の行為には詰まっている。彼は一見すると、人種差別を糾弾する正義の味方を気取っている。しかし、彼の行為のほとんどは ‘ 私怨 ‘ である。醜い学者特有の執拗な追及と醜い嫉妬は非常に不愉快である。

白人様
白人様

 白人は押川が人種的に差別される側であると感じている。にも関わらず、押川は差別する側に立とうとするので、白人は彼を完全にバカにしている。白人は押川は鏡を見ろよと内心思っているし、押川が彼の醜い容姿を嫌っていることを完全に見抜いている(もちろん、言わない)。

1 モンゴロイド人で不細工なのに、なぜ対策を取らないか?

 押川正毅はモンゴロイド人であり、東洋人(東洋小人種)である。彼は人種的に侮辱される側であるのに、なぜ押川は誰かを人種的に侮辱する立場に立とうとするか?押川が日本人が差別しているという印象を白人に与える時、日本人は魔女や悪魔と侮辱される可能性が上昇する。

彼は契約相手である日本人を危険にさらしている。モンゴロイド人種である日本人が差別する側に彼等自身を置くとき、彼等はnoble savageと呼ばれて虐殺されたアメリカ先住民の二の舞になるだろう。一般的に、日本人の学者は彼等自身の人種に対する侮辱や中傷を見て見ぬ振りして来た。

戦後、モンゴロイド人種は黒人やユダヤ教徒の代わりとして侮辱されて来た。だから、俺らモンゴロイド人種は侮辱されないように対策を取れば良い。なぜ彼等は侮辱する立場に立って、白人を演じようとするのか?

2 不細工ならば、なぜ東洋人同士で協力しないか?

 押川正毅は彼がアジア人であること嫌っている。なぜなら、押川正毅は彼自身を不細工であると感じている。実際、押川正毅は不細工でなく、彼の肉体の ‘ デザイン ‘ が白人よりも劣等である。

もし押川正毅が彼自身の肉体のデザインを劣等である感じるならば、なぜ押川正毅は他の東洋人と協力して彼自身の肉体のデザインを改善しようとしないのか?なぜ押川正毅は白人視点に立って、人権と差別を掲げて白人視点から日本人を差別主義者と断罪しようとするのか?俺は彼の行為の全ては単なる現実逃避であると審判した。

肉体のデザインは社会性の産物であり、都市や建物のデザインと同じである。もし東洋人が彼等自身の肉体のデザインをどうしようか考えないならば、東洋人の肉体のデザインは劣等なままである。もし押川が彼の肉体のデザインを劣等であると感じるならば、東洋人同士で話し合いそれを改善すれば良い。

3 押川正毅の本音

1 不細工が嫌→アジア人であることが嫌

 押川は彼自身を嫌っている。だから、彼は大澤を差別主義者と断罪する時、彼は白人気分を味わえる。押川にとって、大澤とは白人気分を味わうための生贄であった。彼の行為は実におぞましい。 

2 他人と対峙したくない

 押川が大澤を差別主義者と呼ぶとき、彼は誰とも対峙しなくて良い。だから、彼は大澤を差別主義者と呼ぶ。押川はたとえ彼が日本人を侮辱するとしても、彼は日本人によって殺されないと感じる。

だから、彼は日本人に依存しつつ、他人との対峙を回避するような行為を選択してきた。その解が大澤を人種差別主義者と呼ぶことである。

3 嫉妬

 俺の印象によると、押川は大澤に嫉妬した。なぜなら、大澤の容姿は押川のそれよりも優秀であった。そして、彼は最年少の准教授?として出世するかもしれなかった。だから、押川は人種差別や人権を持ち出して、大澤の出世の目を摘もうとした。

大澤が一度人種差別主義者としてふだを貼られるとき、大澤は二度と出世できない。

おまけ 科学や大学は必要か?

 もし科学や数学や大学が押川がモンゴロイド人であることから逃避であるならば、俺は学問も大学も潰せば良い。押川は彼自身がモンゴロイド人であることに向き合え。もし押川が彼自身の肉体のデザインを悪いと判断するならば、押川はその事実と向き合って、彼の肉体のデザインを改善すれば良い。

肉体のデザインとは町のデザインと同様に、社会性の産物である。押川は社会性を持たないので、彼の肉体を改善できない。日本国の街並みが個人の家の問題でないように、押川の肉体のデザインの問題は彼自身の個人的問題でない。

上記の発言は1/4朝鮮人の女性の発言である。

紫綬褒章IPMUの天才理論物理学者大栗博司は本田圭佑か〜日本人学者の知的欠陥〜
 この記事の前提 俺は大栗博司の数理能力を疑っていない。正確には、俺は彼の専門における能力を疑っていない。 大栗博司は天才であると認識されてきた。しかし、俺は彼は天才でないと審判する。以下で、俺は大栗博司の知的欠陥について述べる。なお、彼の名前には、意味がない(個人的な恨みはない)。彼は公人であるので、俺は彼の知的能力について述べる。彼は日本人だけでなく東洋人としても最高の知的能力を持っているように見えるので、具体例として適切であると審判した(以下の文章は日本人の学者に一般化される)。日本人の学者は日本人によって見下されて、軽蔑されてきた。大栗博司を含む日本人の学者のバカさは本田圭佑のバカさに似ている。誰も彼のサッカー能力を疑っていないが、彼の製造に関する運動能力やバレー能力を疑っている。 同様に、日本人は大栗の知的能力を疑っている。ただし、数理能力以外。1:物事を考えるのが苦手(数理以外) 俺の憶測 もしxが大栗博司であるならば、xは大栗の脳を人為的に動かすことを苦手とする人間である。 大栗は物事を考えるの...
タイトルとURLをコピーしました