自称高岡由佳は中国人の日本国民〜国籍と民族と通名制度の害悪

人間について

 高岡被告は中国で生まれ育ったひとりっ子だ。2歳で日本に帰化し、都内の小中学校に進んだ。私立高校へ進学し、大学では保育を学んだものの中退。塾の受付をした後、塾の経営者が経営するガールズバー「ときめきBinBim」(現在は閉店)の店長として2019年4月まで働いていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191203-00016720-bunshun-soci

 高岡由佳は大陸東洋人の日本国民である。彼女の民族系統は不明である。俺の憶測によると、彼女の高い身長と体格から、彼女は華北民族や蒙民族か漢民族であるように思える。

ただし、彼女の鼻は横に広がっているので、華南民族の影響?が存在するかもしれない。

1 高岡由佳の問題

 高岡由佳は日本列島の先住民でない。彼女は先住民でない土地で殺人未遂に及んだ。これは日本人の中国国民や日本人の韓国国民が大陸や朝鮮半島で土着の人間を殺したことに相当する。

先住民殺しは強い違法行為として裁かれるべきである。たとえ彼女が日本国民であるとしても。例えば、日本人の北海道民がアイヌ民族の北海道民を殺すとき、それは歴史に記録されるべきで、その行為はアイヌ同士の殺人行為よりも強く処罰されるべき。

モンゴロイド人種にとって、国家の役割は土着の先住民を保護することである。

2 通名制度の問題

民族的侮辱

 高岡由佳は殺人未遂行為を犯したが、彼女は日本名を名乗った。その結果、彼女は悪い印象を日本人、つまり大和民族に与えた。トヨタ社員がホンダ社員をなのって、違法行為を犯すならば、ホンダは彼や彼の会社を侮辱や名誉毀損に関して訴えるだろう。

責任の押し付け

 朝鮮人が日本名を名乗るのは彼らの行為の責任を日本人に押し付けたいからである。高岡由佳は彼女の行為を大陸東洋人の日本国民としての責任を取るべきである。中間種も朝鮮人も彼らの違法行為を日本人に押し付けようとして、彼女らは何の責任も取らない。

3 国籍と民族

 俺が日本人や白人の発言を見るとき、人間には、民族と国籍の区別をつけれない人間が存在すると俺は感じる。americanは米国民であり、民族名でない。同様に、japaneseは民族名であり、japan-nation-people?が日本国民である。

大日本帝国では、台湾人や朝鮮人は日本国民であったが、日本人の日本国民でなかった。朝鮮人の日本国民は朝鮮併合や南京事件に関する歴史的な義務や責任を一切追わない。その責任は日本人が負う。

同様に、高岡の行為は日本人の日本国民が負わない。

習近平
習近平

もし君がまともな歴史観を持っているならば、君は人種や民族をきちんと記録すべき。人種や民族は自己認識に関係して、それは不安を君に与える。だから、一部の人間は人種や民族の記録を妨害しようとする。

白人様
白人様

 たとえ朝鮮人が日本国籍を取得するとしても、その朝鮮人は朝鮮人の日本国民になるだけであり、日本人の日本国民にならない。

タイトルとURLをコピーしました