対峙(対立)を認識できない寄生虫女(非分岐的性)

俺らの信仰
https://ja.wikipedia.org/wiki/寄生虫

 女は対峙や対立を認識できない。だから、動物は日本人男性に依存しながら、日本人男性を白人男性に叱らせようとする。例えば、動物は男女平等でない時、彼女らはその状態を白人にチクリ日本人男性を叱らせようとする。

この状態の奇妙さは日本猿女性は日本人男性に金銭的かつ軍事的に依存しながら、白人男性にチクリ日本人男性を叱らせようとすることである。もし女性が日本人男性から大局的に自立して白人男性と一緒になって日本人男性を批判するならば、この種の行為はそれほど変でない。しかし、女性は他者との対峙を認識できないので、日本人男性に依存し甘えながら、この種の行為を繰り返す。

言い換えると、日本人女性は有色人種の味方であるのか、白人の味方であるかを認識できない。女性は日本人男性に経済的軍事的に依存しつつ日本人男性に敵対行為を取ってしまう。もし女性が男性であるならば、その時点での戦争が発生するだろう。

対峙

 認識 対峙とは、二者が互いに大局的に自立して向かい合った緊張状態である。緊張状態とは損害を回避するために互いに膠着した状態である。

 男性は対峙を認識する。だから、東洋人男性と白人男性は超えるべきでない一線をよく理解している。一方、女性は対峙を認識できないので、超えるべき一線を認識できない。

女性は殺されるような発言や行為を平気で行い平然としている。なぜなら、女は対峙を認識できない。犬や熊のような動物すら対峙をぼんやりと認識するが、女は対峙を認識できない。

対峙を認識できないのは虫やボケ老人や赤ちゃんのみである。

 認識 敵とは損害を与える対象である。

 君は災害や自然やがん細胞を敵と認識する。また、何が損害であるかは信仰によって与えられる。信仰は刑罰を与えるが、刑罰は損害に関して下される。その損害はこの信仰によって決定される。

寄生物

 認識 寄生物とは、対象に甘えてかつ損害を与える対象である。

 奇生物の具体例は女や中間種や日本人の学者気取りや弁護士や報道関係者や教師である。彼らは白人の味方であるか、有色人種の味方であるかわからない。例えば、彼らはなぜか白人の視点を持ってアメリカの多様性を賛美するが、その多様性は彼らモンゴロイド人の虐殺の結果である。

彼らはモンゴロイド人種の虐殺を肯定するような発言を繰り返してきた。にも関わらず、彼らは日本人男性に金銭的軍事的に依存してきた、甘えてきた。

 取り決め もしxが奇生物であるならば、xは敵である。もしxがてきであるならば、xは君によって人誅を下される対象である。

戦争の原因と女

 もし戦争が発生するならば、君はその原因が女でないかをよく観察せよ。日本人女性は日本人男性に依存しながら、気にくわないことがあると、日本人男性を白人男性に叱らせようとちくる。しかし、もし白人男性による人種的侮辱が酷いならば、日本人男性も切れて彼と戦うだろう。

その時、東洋人男性と白人男性の戦争が発生する。女は対峙を認識できないので、戦争の原因は女によるちくり行為であるが、女は日本人男性に守ってもらおうと期待する。もし女が自己の意見を日本人男性に述べて日本人男性ときちんと対峙するならば、この種の人種戦争は発生しないだろう。

この種の戦争が発生する時、君はこの戦争に関するすべての責任を関係した女性に押し付けよ。その時、この種の動物の遺伝子は淘汰されるだろう。なお、君は女性によるちくり行為を聞いてはいけない。

 例えば、大陸東洋人女性の日本国民は中国の残虐さをことさらに主張する。それに対して、中国人男性が必死に論破しようとしてきた。もし君がこの女性を擁護するならば、君は中国人男性との対峙や戦争が発生する。

君はこの種の対峙や戦争を正当でないと判断する。つまり、君は女の代わりに対峙しない。女の話を聞く人間が悪い。

分岐的性は女の話を聞くな

人間社会は約束や契約で動く。だから、男は女の話を一切聞かない。もし男が女をきちんと管理できないならば、現在の西洋みたいになるだろう。

この信仰では、もし男が女の話を聞くならば、その男は罰されると約束する。

タイトルとURLをコピーしました