陽な信仰と陰な侵攻

俺らの宗教(主体)
https://ja.wikipedia.org/wiki/アメリカ合衆国
広告

 君が他国や他領土を信仰する時、君は陽な侵攻でなく陰な侵攻を利用する。

広告

1 陽な侵攻

 認識(陽な侵攻) 陽な侵攻とは、自己を善の立場において相手を悪の立場においた後、侵攻する行為である。

 陽な侵攻の代表例はアメリカ合衆国である。彼らは彼ら人を善の立場において相手を開くの立場におき、悪を倒して被害者を助け出そうとする。このように、彼らは他国へと侵攻する。

その結果、人々はアメリカを憎悪してアメリカを恨むようになる。なぜなら、アメリカは他国へと侵攻して、その国家における敵を倒して終わる。彼らはその後の統治をするつもりがない。

そして、敵がいなくなった国家は途方にくれて、アメリカを敵として認識する。その結果、アメリカは終わりなき戦争へと突入する。アメリカは敵を作り、敵を倒して恨まれて、敵を再度作り、倒して、、、を繰り返す。

2 陰な侵攻

 認識(陰な侵攻) 陰な侵攻とは、相手国のうちの嫌われ者のせいにして侵攻する行為である。

 陽な侵攻に対して、陰な侵攻とは、相手を仲たがいさせた後に侵攻したり、その国家やその土地で嫌われてきた人間の行為のせいにして侵攻する行為である。そのとき、侵攻される人間は嫌われてきた人間のせいにしようとするだろう。

例えば、モンゴロイド人種である君がアメリカ大陸を取り戻すとき、君は陽な侵攻でなく陰な侵攻を利用する。君は君はアメリカ大陸を本当は取り戻すつもりがなかった。けれども、x人の米国民が多様性を賛美して、モンゴロイド人種を人種的に侮辱したので、君はアメリカ大陸を取り戻そうと決意した。

モンゴロイド人種がアメリカ大陸を取り戻すことは正当である。だから、侵攻される人間はいき場のない怒りを米国における嫌われものに押し付けようとするだろう。その時、侵攻する人間はアメリカのように恨まれない。

 その時、彼らの怒りの矛先は君に向かわない。その矛先は恨まれ役や嫌われ役へと向かう。その時、武器の需要が発生するだろう。

3 正当化

 陰な侵攻の正当化は陰陽一体によって正当化される。陰陽思想では、重要なことは全体の安定であり、局所的な正義でない。西洋は正義を掲げて、侵攻してきた結果、彼らはモンゴル帝国以上に世界をぐちゃぐちゃにしてきた。

タイトルとURLをコピーしました