男女分岐と女の上昇婚の防止〜高学歴や女医や少子化

俺らの信仰
https://ja.wikipedia.org/wiki/チンパンジー

 男性が大学組織や医者のための組織を作った後、女性はその組織に侵略してきた。彼女は平等という乞食的行為を繰り返してきた。女性は男性が作った組織で評価された後、高学歴や女性や医師免許を持った女性はそうでない男性をバカにしてきた。

さらに、この種の高学歴や女医は下方婚をしないので、未婚の女性が大量に生まれてきた。さらに、女医は外科などの大変な職業義務を果たさないので、彼女らは負担を男性医師に与えてきた。

以下で、俺は女性の上方婚の解決案を提示する。21世紀の女性問題の大部分はキリスト教的な男女平等である。彼らは神の下での平等の精神に基づき、男女平等を推進してきた。

大学組織及び医療組織における男女分岐

 認識 男女分岐的組織とは、男性と女性が互いに大局的に自立して分岐された組織である。

 例えば、大学を男子校と女子校に分岐させる。そして、各経営は男子校は男性によって女子校は女性によって行わせる。医師免許も女性用と男性用に分岐させる。医院も医者になるための学校も男性用と女性用に分岐させる。

 取り決め もしxが男女分岐的組織であるならば、xは上方婚が発生しない組織である。

 xが男女分岐的組織であるとき、男性と女性は組織を別々に形成する。しかし、女性は社会性を持たないので、任意の組織を自分自身で形成できない。たとえ女性が人間組織を彼女ら自身で形成することができるとしても、女性のための医師免許や学位には「信用や価値」が発生しない。

女性による医師免許や大学における学位は東南アジア人の医師免許と学位と同じである。だから、もし君が男女分岐を採用するとき、女性が作った大学組織や医師免許の価値とは小卒の男性の価値に等しくなるだろう。女性による上昇婚の発生の原因とは、男性が作り上げてきた信用にただ乗りすることである。

だから、この原因を除去するとき、上方婚の発生が抑えられる。実際、女性用東京大学学位は小卒の男性学位と同程度である。

なぜ上方婚が発生するか?

 上方婚の発生の原因は女性の大局的自立の欠如と社会性の欠如、そして優秀さに対する誤審と誤認である。大局的自立の欠如とは、家事手伝いと同じであり、どんなにその人間が優秀で勉強上手あるとしても、彼女は子供と同じで両親に依存した存在である。子供が両親に依存しつつ、異なる優秀な両親を偉そうに選ぶ程度には、上方婚は奇妙である。

東京大学の女性や医師免許を持った女性は下方婚をしないで、上方婚を本能的に求めてきた。例えば、東大卒の女性は高卒の男性と絶対に結婚しようとしない。なぜなら、彼女らは彼女ら自身を優秀で高卒の男性を優秀でないと誤認してきた。

女性が男性から大局的に自立して、彼女ら自身の組織を彼女ら自身で形成するとき、高学歴な女性や女医は高卒の男性の優秀さを知る。その優秀さとは社会性である。バラバラの狩猟民族が人間社会を形成するとき、人間は人間の優秀さとは試験でなく社会性であると審判する。

一般化

国籍

 この信仰では、女性用国籍と男性用国籍は分ける。女性は彼女ら自身の国籍を彼女ら自身で作れば良い。

選挙権

 選挙権も男女で分ける。女性は社会を形成できないし、彼女らの行為を後始末を彼女ら自身でつけれない。だから、女性は男性に彼女ら自身の後始末をつけてもらおうとする。

貨幣

 貨幣もドルと円のように分ければ良い。女性が持っている貨幣など価値は存在しない。お金を持っている女性は貧しい男性を見下せるのは、男性の貨幣に依存しているからである。

言語

 言語も男と女で分ければ良い。女に対する男のイラつきの原因は男女が同じ言葉を話すからである。男性は言葉を女性に無料で与えた。しかし、女性は男性をその言葉で中傷してきた。

法律

 法律も女と男で分ける。女は軍事能力を持たない。彼女らは男に守ってもらいつつ、男を罰するような法律を制定しようとする。

正当化

 上記の男女分岐に関する正当化はこの信仰の目的である分岐によって正当化される。さらに、君は大局的自立を使用して、男性に対する損害を正確に計算する。もしxが大局に自立してない対象であるならば、xは負担を君に与える対象である。

君は負担を損害と認識する。だから、もしxが大局に自立してない対象であるならば、xは損害を君に与える対象である。対象xは損害を賠償するか、大局的に自立するかのどちらかを選択する。

タイトルとURLをコピーしました