最右翼イチロー「日本の野党やメディアは酷い。海外から見てると本当にバカらしい」と報道の自由

大和民族
https://snjpn.net/archives/170288
広告

 イチローは日本の野党やメディアは酷いと発言した。俺はこの意見に賛成でる。それらは酷いのでなく、幼稚である。では、なぜ彼らは幼稚であるだろうか?

広告

1 報道の自由とメディアの酷さ

 日本の野党やメディアの酷さには、報道の自由の問題が存在する。この自由が幼稚性に拍車をかけている。

対峙が怖いと通過儀礼の欠如

 日本の報道は外国人との対峙を恐れる。だから、彼らは日本人に依存しつつ日本人ばかりを批判してきた。その結果、彼らは自分では何もできない状況になった。

さらに、日本の野党は他人と対峙するという通過儀礼を経ていない。だから、彼らはいつまでも幼稚である。実際、日本の報道は他人の発言のイタコしかできない。

だから、彼らは彼ら自身の問題を解決しようするとき、彼らは何もできない。

2 民主制度の終わりと野党

 日本の野党は非常に酷い。では、なぜ日本の野党は酷いか?俺が日本の野党を見ていると、彼らは日本人(大和民族)のための政党でない。

日本人は狩猟民族であるので国家を認識できない

 日本の野党のむごさは国家概念の欠如である。彼らはどこの国家の人間であるかがわからない。彼らはこの状態を国際人と主張するが、彼らはアメリカモンゴロイド人種に近い。

アメリカモンゴロイド人種は国家を認識できなかったので、彼らは白人によって虐殺された。日本の野党を見ると、彼らは国会議員でなく、単なるクレーマーである。彼らは日本人の学者気取りに似ている。

一般的に、狩猟民族は人間社会を形成してこな買った。その結果、彼らは国家を持ってこなかった。古代ゲルマン人も彼ら自身の国家を形成してこなかったように、アメリカ先住民もブッシュマンも国家を形成してこなかった。

3 自由の問題

 報道はマスゴミと呼ばれてきた。なぜなら、報道の自由というシステムに欠陥が存在する。

大局的に自立できない依存者が自由を持つ

 報道や学問や教育機関は大局的に自立していないので、彼らはそれ自体では生きていけない。この種の集団が自由を持つと、幼稚になる。

  1. もしxが大局的に自立できない対象であるならば、xは自由を持たない対象である。
  2. もしxが他者と対峙できない対象であるならば、xは自由を持たない対象である。
  3. もしxが依存者である対象であるならば、xは自由を持たない対象である。

人間の本質は自由であるか?

 西洋人は人間の本質を自由と認識した。これが間違い。自由は動物と同じである。人間の本質は自由でなく、義務を認識できるかである。

自由という仮定の下で、日本のメディアが生まれてきた。

タイトルとURLをコピーしました