行為の裏付けが存在しない紙幣言葉

俺らの宗教(主体)
https://ja.wikipedia.org/wiki/交鈔

 これは「https://oreranitsuite.com/2019/11/23/悪魔化行為と正当性/」と「https://oreranitsuite.com/2019/11/23/言動に対する行動の優先的操縦/」の続きである。

 現在、西洋世界では、白人は他人を差別主義者や悪魔や魔女と呼ぶことが流行している。白人はこの種の悪魔単語を使用して、相手を黙らせようとする。俺がこれを見る時、俺は彼らの行為に違和感を覚える。

その違和感とは、その言葉に対応する行為が存在しなことである。経済では、悪魔言葉は紙幣に似ている。紙幣に対応する金貨が存在しない時、君はその紙幣の有効性を疑う。

紙幣言葉

 認識 紙幣言葉とは行為の裏付けを持たない言葉である。行為の裏付けとは、ある単語が存在する時、その単語に対応する行為が存在する状態である。

 西側の白人は他人を差別主義者と呼ぶ。もしその白人は他人を本当に差別主義者と考えるならば、その白人は彼を殺せば良い。この種の人間の悪意的な本音とは、彼らは彼ら自身の手を汚さずに他人を黙らせて洗脳したいである。

取り決め

 取り決め もしxが紙幣言葉であるならば、xは行為に対する強制力を持たない言葉である。

 上記を簡単に説明すると、実際の行為に対応しない言葉は人間の行為を強制できないである。人間は差別や悪や罪を悪用して暴力なしに人間の心を支配しようとする。上記の取り決めはこの種のカルト的行為を防止する。

この種の考えは名誉毀損にも応用される。名誉毀損はお金や損害よりも実際の暴力的行為に対応させる。当然、損害に対する計算も重要であるので、君はそれを無視しない。

君は行為に対する強制力を持たない言葉を呪文と認識する。

行為の裏付けの具体例

  1. 殺人
  2. 重体(意識不明や失明)
  3. 重症(骨折など)
  4. 殴る(殴打。ただし顔や腹や肩を分ける)
  5. 引っ掻く(擦り傷)
  6. 投げる(柔道技)
  7. ビンタ
  8. デコピン
  9. 唾を直接はく
  10. そのほか

応用と法律

罪や悪や人権や悪魔や魔女や差別

 白人はカルト宗教的な社会を形成してそれを好む。彼らは差別や悪魔や罪を使用して他人を洗脳しようとする。彼らの大部分は他人を殴れないし、白人社会は未開の呪文社会である。

女と法律、そして弁護士

 取り決め もしxが女や弁護士が発する単語であるならば、xは紙幣言葉である。

 女は言葉を用いて男を黙らせようとする。しかし、女は軍事能力を持たないので、彼女らは男を黙らせる ‘ 実際 ‘ の能力を持たない。彼女の言葉のほとんどは紙幣言葉である。

これは弁護士にも言える。弁護士の言葉は軍事的な裏付けを持たない。だから、彼らの言葉は紙幣言葉である。実際、日本人の弁護士は日本国内では人権を掲げるが、彼らは中国との対峙を恐れるので、中国に何も言わない。

もし女や弁護士が他人に何かを実行させたいならば、彼らは彼ら自身の軍事組織を彼ら自身で形成すれば良い。しかし、彼らはそれを行わない。

正当化

 上記は分岐的大原則によって正当化される。未開社会は謎の呪文が蔓延する。君がこの未開社会を非分岐的状態と審判する。

その時、君はこの社会から分岐するように君の肉体を操縦する。なぜなら、この信仰の目的とは分岐である。