武士道〜明治維新によるその破壊と復活

俺らの信仰
https://ja.wikipedia.org/wiki/武士道
Diamond Route Japan 2018 : History – Feel the Real Samurai Spirit

 九州という未開地域によって押しすすめられた明治維新は日本人の倫理規範や道徳規範であってきた武士道を完全に破壊した。その結果、日本人はフィリピン化した。君は菊池誠のような日本人の学者気取りを見る時、君は学問でなく武士道の重要性を知る。

武士道の重要性は西洋との対比でなく、中国との対比で重要になる。なぜなら、武士道は中国になくて、日本に存在する。当然、仁などの概念の起源は中国大陸に存在するけれども、その意味は同じでない。

俺は日本人に武士道を取り戻してほしい。俺は日本人に白人ごっこして欲しくない。

21世紀における武士道

1:礼

 君が西側白人を見る時、彼らは礼を認識できないと感じる。例えば、君は彼らが他人を差別主義者と呼ぶとき、君は違和感を彼らの行為に覚える。なぜなら、白人は礼の文明でない。

彼らはとにかく失礼である。その行為は罪でないけれども、非常に無礼である。

2:勇敢さでなく、不屈の精神

 君が菊池誠のような日本人の学者気取りや香港人やフィリピン人をはじめとする東南アジア人を見る時、君は不屈の重要性を認識する。彼らは白人と対峙せずに、白人に屈して媚をうる。

彼らは日本人に金銭的軍事的に依存しつつ白人に媚を売り自分だけは助けてもらおうとする。彼らは民主制度や学問の自由や大学の自治、そして報道の自由や日本国憲法の重要性を主張してきた。なぜなら、白人がそう言ったから。

彼らは彼ら自身の価値観、東洋人の尊厳と人間の本質を守ろうとしない。

3:文武両道

 君は昔のキリスト教徒の白人の王様に関する話を読む時、君は文武両道の重要性を知る。彼らは文盲であったらしい。君はこの種のマッチョだけれどもバカな王様を軽蔑して、文武両道を追求する。

4:大局的自立と対峙と後始末と義務と責任感

 西洋文明は甘えの文明である。だから、彼らは大局的な自立の重要性を認識できない。日本人の学者や弁護士は白人との対峙を恐れて立ちんぼしてきた。彼らは武士らしくない。

また、西洋人は世界をぐちゃぐちゃにしてきたが、彼らは彼らの行為の後始末を彼ら自身でつけれない。彼らは後片付けできない子供と同じである。さらに、白人は義務や責任感を持っていないように見える。

5:忠義

 忠義は中国人と日本人を文化的に区別する。中国人は愛国心を持っていないように見える。彼らは中国や中華文明に尽くすという考えを持たない。一方、武士は日本国(幕府)や東洋文明に対する忠義を重視する。

6:誠

 君が朝鮮人や日本人の学者気取りを見る時、彼らは誠を持っていないと感じる。朝鮮人は日本人と朝鮮人と韓国人をでたらめに使い分けて、拉致問題に関する批判を回避しようとする。この時、大和民族は朝鮮民族との民族的な違いを感じる。

7:正義でなく信念

 白人は正義感を持つが、信念を持たない。武士は正義感でなく、己の信念で動く。

8:陰陽

 白人は善悪二元論である。一方、東洋人は陰陽一体であり、大局的な秩序や安定を重視する。

9:誅

 白人は罪と罰の文明である。一方、東洋人は礼と天誅の文明である。大和民族と漢民族の違いは天誅と人誅である。

10:自力

 女やフィリピン人は白人の遺伝子に乞食しようとしてきた。彼らは彼ら自身の肉体のデザインを彼ら自身で作ろうとしてこなかった。この行為は武士道に反する。

11:人工でなく自然

 西洋人は自然を軽視してきた。アメリカ大陸における白人の存在はインド大陸におけるホッキョクグマの存在と同じである。武士は自然を優先して、その自然の上に人工を作り上げる。

タイトルとURLをコピーしました