国民国家(nation)と市民権の弊害〜奴隷化及び家畜化

俺らの信仰
https://ja.wikipedia.org/wiki/インディアン

 この信仰では、君は国民国家及び市民権の概念を採用しない。なぜなら、これらは白人が有色人種の土地を合法的に奪うための概念である。普通に考えればわかるように、アジア地域やアメリカ地域に白人が住んでいることは「不自然」である。

 君との取り決め(約束) 君は国民国家(nation)や市民権の概念を選択しない。

1 国民国家における白人の悪意

 日本人は狩猟民族であり、単語の意味を認識する能力を持っていない。だから、俺は国民国家の意味を以下で提示する。

 国民国家(nation)の意味

  1. 国民国家とは、白人が有色人種の土地を略奪して虐殺するための正当性を与える侵略的概念である。
  2. 国民国家とは、白人がその土地から富を合法的に奪うための正当性を与える侵略的概念である。

領土の略奪

 白人はアメリカモンゴロイド人から領土を略奪したかった。しかし、アメリカモンゴロイド人はその土地の先住民であり、その領土を所有してきた。だから、白人は国民国家の概念を開発して、白人がアメリカモンゴロイド 人の土地に居住するための正当性を確保した。

商業上の理由

 白人はアメリカ大陸の土地という富と石油を確保したかった。彼らが国民国家の概念を用いるとき、白人は土地や石油をアメリカ先住民から略奪して、先住民を彼らの土地から排除・虐殺できた。国民国家の意味とはアフリカ大陸の富やアメリカ大陸の富をその土地の原住民や先住民から略奪するための概念である。

2 日本人の滑稽さと喜劇性

 日本人が国民国家を採用するとき、白人や黒人が日本列島で生きる正当性を獲得する。この種の正当性はモンゴロイド人種の虐殺に繋がる。だから、日本人を含むモンゴロイド 人種は国民国家の概念に反対しなければいけない。

しかし、日本人は国家や領土を認識できないので、彼らは国民国家の意味を認識できない。滑稽なことに、日本人の知の肉便器はナショナリズムは良くないと喚いてきた。モンゴロイド 人種はナショナリストにならない。

なぜなら、モンゴロイド 人種が国民国家を採用するとき、彼らはアメリカモンゴロイド人種のように虐殺されるかもしれない。日本人の学者は不良債権の害虫であるので、こんな簡単なことすら認識できない。アメリカモンゴロイド 人が国家の概念を認識できなかったように、日本人も国家の概念を認識できない。

 普通に考えて、白人が日本列島を含む東洋地域に入ってきて、その土地の先住民や原住民と平等に扱われ、先住民や原住民を押しのけて商業している。この様子を見て、何かおかしい。何か不自然であると感じないのだろうか?奴隷であると感じないか?

俺はこの様子を見て、ハワイの王様の虐殺やアメリカモンゴロイド人種の虐殺を連想した。一方、日本人の知の肉便器や弁護士や裁判官や報道関係者は本当にゴミで害虫の不良債権であるので、これを国際化やグローバル化と誤審してきた。彼らはキッズ・アイドルと同じで、彼ら自身が白人に何をされてきたかすら認識できない。

実際、日本人の学者気取りですら多様性や国際化を賛美してきたが、多様性の意味は彼らモンゴロイド 人種の虐殺やアメリカ小人種の虐殺の結果である。彼らの行為はまるで黒人やユダヤ教徒が黒人奴隷やホロコーストを賛美しているような奇妙さである。彼らは人間でなく家畜や奴隷やモルモットに近い。

3 予防法

 卑しい西側白人は日本国籍を一度取得した後、彼らはそれを絶対に手放そうとしない。なぜなら、彼らは日本人を含むモンゴロイド人種を奴隷や家畜や虐殺したい。その証拠として、彼らは君らモンゴロイド人種の虐殺の結果である多様性を賛美してきた。さて、俺は以下でその予防法を提示しよう。

自然>合法(人工)〜合法(人工)に対する自然の優越の法則

 白人は自然を否定して人工に執着する。だから、君は自然を人工に常に優越させる。白人の米国民は合法移民や不法移民に執着するが、モンゴロイド人種から見れば、彼らは自然でなく不自然である。

また、日本人の弁護士はキリシタン大名であるので、彼らは異人種や異民族に日本国籍を与えようとする。しかし、たとえ彼らが日本国籍を与えるとしても、東洋人を除く異人種や異小人種が日本列島という東洋地域に存在することは不自然である。

認識>定義

 白人は日本国籍を取得した後、彼らは彼ら自身を日本人と呼ぶ。この行為に対して、日本人の一部は彼らは日本国民であると訂正する。しかし、彼らは怒鳴り喚き差別主義者と相手を侮辱する。

たとえ彼らが彼ら自身を日本人と呼ぶとしても、彼らは白人の日本国民として認識される。白人は幼稚であり、定義及び合意を悪用して、現実を否定して捻じ曲げようとする。たとえ白人が彼ら自身をアメリカ人と呼ぶとしても、彼らは白人の米国民として認識される。

また、白人がアメリカ大陸で生活してきたことは不自然であると認識される。たとえ彼らが米国民やアメリカ人と定義して合意されるとしても、その土地における不自然さは認識される。定義や合意の重視は幼児的であり、認識や自然はより優先される。

タイトルとURLをコピーしました