子宮癌ワクチンHPVの強制接種の問題〜危険性及びリスクと副作用

人家(システム)
広告

 法に基づくワクチンの接種は強制ではありませんが、一人一人が接種することで、社会全体を守るという側面があるため、対象者はワクチンを接種するよう努めなければならないとされています。 

https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/qa_shikyukeigan_vaccine.html

 子宮癌ワクチンの問題の中心は科学的な危険性やリスクだけでない。以下で、俺はワクチン接種に関する問題点を提示する。俺はこの種のワクチンの強制接種に反対である。

ワクチンの話題は繊細であり、製薬会社の陰謀などが指摘される。実際、製薬会社は利益を追求してきた。だから、消費者が疑うのはそれほどおかしくない。

俺は子宮癌ワクチンに関する違和感を覚えてきた。それは科学的な問題でなく、法律的な問題である。日本人の科学者が苦手としそうな話題を提示するつもりである。

広告

強制接種の条件は?

 俺は医者でないので、以下を信用しない。ワクチンの強制接種の正当性には、いつくかの条件が存在する。

集団感染や空気感染

 集団完成や空気感染が発生する時、強制摂取の正当性が認識される。歴史的には、ペストのような感染では、強制的な接種が正当化される。子宮癌ワクチンは集団感染や空気感染でない。

非日常的(非特異的)

 俺は病気の非日常性(特異的)もワクチンの正当性に関連づけるべきである。例えば、エボラ出血熱は普通に生活していたら、かからない病気形態である。そそれに対して、癌の場合、たとえ人間がワクチンを接種しなくとも、人間は癌になる。

ガンという病気は日常的な病気である。その種の病気に対するワクチンの強制接種は正当であると判断されない。俺はこのように判断した。

回避可能か?

 性行為それ自体は回避可能である。なぜなら、人間は性行為をしなくとも、一応は生きていける。さらに、人間はある人間と性行為をする、しないという自由な選択肢を持つ。

政府はこの自由な選択肢を基本的に侵害しない。それに対して、エボラ出血熱や空気感染は、人間がそれを回避する、しないという自由な選択肢を持たない。この自由な選択肢による回避が可能であるかがワクチンの強制接種につながる。

ワクチンをめぐる問題

 日本人は奴隷や家畜の意味を認識できない。だから、彼らはワクチンの問題を語る時、彼らは科学的な情報の提示を重視する。しかし、ワクチンの接種の意味とは人間の家畜化や奴隷化である。

ワクチンの接種に関する最も重大な問題とは、人間の自由な選択肢の侵害である。もしこの自由が侵害されるならば、人間は奴隷や家畜になる。牧畜民族がワクチンを家畜に打つように、政府や科学者や医者はワクチンを日本人にうつ。

もし科学者や医者がある種のワクチンを強制的に推進するならば、彼らは自由な選択肢を侵害する相応の理由を提示するべきである。その理由は科学的事実でなく、なぜ政府や科学者がワクチンを強制できるかである。

 上記で述べたように、集団感染や空気感染、あるいは非日常性や回避不可能性が存在する場合は強制的な接種が可能になるだろう。さらに、政府に対する信用や信頼も重要である。

タイトルとURLをコピーしました