ドイツの脱原発の見直しとグレタ・トゥンベリ[ナチス的ヒステリ][アスペ 発達障害ADHD]

人間について
https://ja.wikipedia.org/wiki/グレタ・トゥーンベリ

【ベルリン時事】ドイツで、2022年までに原発を全廃する政策の見直し論が浮上している。環境活動家グレタ・トゥンベリさんの発言で一段と活発になった気候変動の議論で、発電時に二酸化炭素(CO2)を出さない原発が再評価されているためだ。国民的支持を集めた政策の修正は容易ではないが、今後も論争は続きそうだ。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019121900911&g=int

 ドイツ人はヒステリ体質である。おそらく、このヒステリ体質はドイツ人の発達障害やアスペ 体質に依存している。俺はドイツ人のこの性質をナチス的ヒステリと呼ぶ。

東日本大震災の後、ドイツ人はヒステリで脱原発を決定して、グレタ・トゥンべりの後、ドイツ人はヒステリで原発を再開しようとしている。彼らの行動には、一貫性が存在しないので、意味不明である。この意味不明さはナチスによるユダヤ教徒の白人の虐殺の意味不明さに似ている。

以下で、俺は日本人が疑問に思うドイツ人の性質を提示しよう。もし君が白人の思考を知りたいならば、君はドイツ人を観察せよ。ドイツ人はザ・白人みたいな白人である。

フランスから原発を買っているのになぜ脱原発?

 日本人はなぜドイツ人は原発をフランスから購入しているのに、ドイツ人は脱原発しようとしているか疑問に思う。もし原発が危険であるならば、欧州全体で廃止しないと意味がない。もしフランスの原発がおかしくなったら、その悪影響はドイツにも及ぶ。

だから、もしドイツが脱原発するならば、フランスやイギリスやロシアも脱原発しないと意味がない。日本人の大部分はこのように回答するだろう。

ドイツ人は物事を局所から大局へと構成

 ドイツ人の構成定理 ドイツ人は物事を局所から大局へと論理的に構成しようとする。その結果、彼らは物事を大局的に把握することができない。

 ドイツ人は物事を局所から大局へと論理的に構成する。その結果、彼らは「欧州大陸における脱原発→ドイツにおける脱原発」でなく、「もしxがドイツの脱原発であるならば、→xは欧州大陸の脱原発である」と局所から大局へと構成する。だから、もしドイツが脱原発するならば、欧州も脱原発すると論理的?に構成してしまう。

それに対して、日本人を含む東洋人は物事を大局から局所へと把握するように、捉える。その結果、もし欧州大陸が大局的に脱原発しないならば、ドイツの脱原発は無意味であると感じる。

上記の思考は数学や機械の製造に長けている。例えば、ガウスは曲面片から球面を論理的に構成した。この思考の欠点は物事を把握するのが苦手になる。その結果、フラット・アースみたいな白人が登場する。彼らは地球を認識、大局的に把握するのでなく、地球を局所から大局へと論理的に構成しようとするので、彼らは地球は球面でないと言ってしまう。

タイトルとURLをコピーしました