なぜ韓国の出生率は1.0以下に低下したか?[キリスト教とフェミニズムが原因理由]

ホモ・サピエンス生物種
https://ja.wikipedia.org/wiki/文在寅문재인 대통령이 26일 오후 청와대 본관 집무실에서 추석 맞이 영상메세지를 촬영하고 있다. 2017.9.26
広告

 だが、日本どころではない数値となっているのがお隣の韓国だ。2017年5月に文在寅政権が誕生してから合計特殊出生率の急激な低下が進み、ソウルは今年7~9月期に0.69、釜山は0.78を記録した。韓国全体でも同期0.88まで落ち込み、2019年は昨年の0.98を下回る0.8台となることが確実視される。

https://www.news-postseven.com/archives/20191217_1508508.html

 韓国の出生率の低下の原因はフェミニズムである。フェミニズムの原因はキリスト教である。キリスト教→フェミニズム→男女平等→出生率の低下である。

ここで、問題になるのはなぜ韓国はキリスト教の影響が強いかである。韓国の出生率の影響はキリスト教である。日本人も朝鮮人の韓国国民は同じ東洋人であるのに、この出生率の違いは異常である。

広告

出生率に関する韓国と台湾の類似性

 「台湾にしても同様だ。10年には歴史的にも世界的にも最低の0.895を記録した。シンガポールのような都市国家でもないのに、このレベルはひどい。だが、少子化対策には大して予算をつけているようには見えない」

https://style.nikkei.com/article/DGXNASGU26002_W4A620C1000000/

 上記の台湾も非常に低い出生率を記録した。この数字は韓国の数字と似ている。では、なぜ韓国と台湾は類似した数字を記録したのだろうか?

その理由は彼らの自己認識の欠如にある。要するに、彼らは自己認識を持っていないので、彼らは欧米の価値観に強い影響を受ける。その結果、フェミニズムのような価値観が盛んになって出生率が低下する。

例えば、台湾は同性愛の法案を提出して、それが通過したらしい。同性愛に関する法案はキリスト教由来である。この事実から、台湾はキリスト教の影響が強いことである。

自己を持たない朝鮮半島

 朝鮮人はなぜか日本人を見下して、朝鮮人は文化を日本人に教えたことを賛美してきた。にも関わらず、朝鮮人はキリスト教徒になり、フェミニズムの強い影響下に置かれてしまった。

それに対して、日本の出生率も低いが、キリスト教徒の割合は低い。さらに、日本の出生率は朝鮮ほどでない。なぜこの違いが生じたか?

俺の憶測によると、朝鮮は自己の文化や文明を持たない。だから、彼らは他人の文化を日本に教えたことを誇り、なぜか日本人を見下す。彼らは狩猟民族的であり、自己の価値観を持たなかったので、彼らはキリスト教になった。その結果が出生率である。

もし日本人や中国人がキリスト教に屈するならば、、、

 日本人は男女平等を廃止して、キリスト教の価値観を廃止する。日本国の大学はキリシタン大名の養成所である。大学と男女平等やキリスト教の価値観を廃止するならば、日本の少子化は改善されるだろう。

大学は学問の現場でなく、キリシタン大名の養成所である。実際、韓国の進学率は非常に高い。この事実も少子化に拍車をかけている。

男女平等でなく、男女公平と男女自立と男女分岐を目標にする。さらに、大学を廃止して、白人の価値観に屈しない東洋独自の教育機関を創造する。

タイトルとURLをコピーしました