脱税の野依良治は歴史の法廷に立つ覚悟があるのか?

大和民族について
https://ja.wikipedia.org/wiki/野依良治

 俺が日本人の科学者を見ると、社会性の欠如に驚く。以下で、俺は彼らのバカさについて述べる。野依の死後、彼の発言はきちんと記録されるべきである。

堕ちた「ノーベル賞受賞者」野依良治 | 【公式】三万人のための総合情報誌『選択』- 選択出版
卓越した分析・解析を施し、単なる評論には終わらない先見性をもった内容で、読者のニーズに応える、三万人のための情報誌。
悪意あるとか意図的とは何か(ID:3354035) - インターエデュ
悪意あるとか意図的とは何か(ID:3354035) 理研の野依良治理事長、過去に3300万申告漏れ 脱税で追徴課税に : 千日ブログ ~雑学とニュース~(から引用) 理研の野依良治理事長、過去に3300万申告漏れ 脱税で追徴課税に  理研(理化学研究...
理研の野依良治理事長、過去に3300万申告漏れ 脱税で追徴課税に - 知識連鎖

https://b.hatena.ne.jp/entry/sankei.jp.msn.com/politics/situation/091125/stt0911251106000-n1.htm

歴史の法廷に立つ覚悟からみるイエローの問題

 事業仕分けに関する議論において、野依は歴史の法廷に立つ覚悟があるかと交渉相手を脅迫した。俺がこの発言に接した後、野依は社会性のない動物であり、科学や数学は人間の知性を表現しないと審判した。

科学事業は公共事業であり、社会支援や福祉でない。そこでは、官僚組織は交渉相手であり、契約相手は日本国民である。しかし、野依を含む学者気取りはこんな簡単なことすら認識できない。野依のこの反応に対して、俺は彼は科学事業を認識できないと審判した。

日本の科学?

 日本人の科学者は日本の科学という単語を頻繁に使用する。彼らは日本の科学がどうなっても良いのかと契約相手を頻繁に糾弾する。日本の科学という単語から、俺は日本人の科学者は日本の科学を発展させて白人に認められたいと感じてきたと審判した。

科学事業は公共事業であり、その契約相手は日本国民である。科学事業は白人に認められるための手段でない。彼らの予算が減らされそうになると、彼らは日本の科学という単語を繰り返すが、彼らは契約相手に対する損害や賠償を一切考慮していない。

野依だけでなくIPMUの村山斉も大栗博司も日本列島における日本人、契約相手を一切見ていない。日本人は彼らの奴隷や家畜でないし、からゆきさんでない。彼らは学者でなくキリシタン大名である。

人類の役に立ってる気分

 日本人の学者気取りは人類の役という単語を好んで使用する。俺の印象によると、彼らは不良債権の害虫であり、損害を契約相手に与えてきた。さらに、彼らは損害に対する賠償を契約相手にしてこなかった。

人類の役に立ってる気分。イケメン気分。天才気分、、、。彼らは物事を全てを雰囲気でしか見られない。人類の役に立つ前に、彼らは借りたお金を返そう。

ノーベル賞?

 契約相手が望んでるのは借りたお金を返すことであり、ノーベル賞でない。日本人の科学者がノーベル賞を掲げる時、契約相手は彼らは白人から認められたいと感じていると審判する。繰り返すが、もっとも重要なことは借りたお金を返すことであり、日本の科学でもノーベル賞でもない。

タイトルとURLをコピーしました