システム(制度設計)は陣や結界や空間[十天君の十絶陣]

制度
http://ariakedreamers.blog.fc2.com/blog-entry-24.html?sp

 日本人はシステムや制度設計を苦手とすると指摘されてきた。なぜなら、システムや制度設計は西洋的な単語や概念であり、東洋的な概念でない。だから、日本人を含む東洋人は制度の設計を苦手としてきた。

東洋人がシステムを陣や結界や空間と認識するとき、東洋人はシステムの意味を把握しやすいように思える。以下で、君はシステムの意味を把握してみよう。

システムの意味を把握しよう

 認識 システム(陣空間)とは、点と集合と構造(機能)の組みである。

 システムの和約は陣空間で良い。陣空間とは、点と集合と構造(機能)の組みである。陣空とする。

構造には、数学的な構造や法律が存在して、点の状態や行為を取り決める。

数学における空間

 数学では、いくつかの点が存在して、それらを要素とする点集合が存在する。その後、数学的構造をその集合に入れて、点+集合+数学的構造を数学的対象として分析する。これは一種のシステム思考である。

点を人間に対応させて、集合を国家のような概念、数学的構造を法律に対応させる。すると、アメリカ合衆国のような人工的国家が登場する。システム国家=(人、集合、法律)の組みであった。

十天君の十絶陣

 それぞれが十絶陣と呼ばれる空間宝貝を所持しており、宝貝を仕掛けた場所に敵が踏み込むと発動し、自分が有利な環境を形成する。 

https://dic.pixiv.net/a/十天君

 東洋人は西洋人でないので、彼らはシステムと言う単語をいまいち感覚的に把握できない。東洋人にとって、陣や結界はより身近である。上記及び記事画像は漫画「封神演義」である。

十絶陣では、人間とそれを囲む結界(空間)、そして空間の機能(攻撃機能や防御機能)が存在した。人間が点、空間が集合、空間の機能が数学的構造である。

システム思考の欠点〜過剰な人工性

 システム思考にも、欠点が存在する。その欠点とは、自然の欠如と過剰な人工性である。つまり、自然な歴史や原住地や先住地のような土地が欠如している。さらに、システム思考には、行為の責任や後始末、そして過去や感情が存在しない。

君がアメリカ合衆国を見るとき、アメリカ合衆国には、歴史と土地と自然な歴史と後始末や責任、そして過去が存在しないことに気づく。以下で、俺は上記のシステム思考に自然な事実及び概念を付け足そう。

歴史(過去)

 システムの問題は共有される過去が存在しない。だから、同じ間違いを繰り返す。過去が頻繁に断絶して自己認識を失う。共有される過去が存在しないので、途方にくれやすい。

また、過去が存在しない人々はその土地で果たしてきた義務や責任や後始末を認識できない。その結果、彼らは土地を防衛する義務を果たしてきた先住民や原住民と平等な権利を乞食しようとする。

過去が存在しない人々は平等の乞食性を認識できない。例えば、白人が韓国や日本国にきて朝鮮人や日本人と平等な権利を乞食しようとする。しかし、長い間、その土地を守ってきた人間とそうでない人間が同じ権利を保とうとする。

 これは明確な乞食行為である。

維持の欠如

 上記と重なるが、維持の欠如も問題である。システム思考では、維持が完全に欠如している。人間社会は等速直線運動と異なる。

だから、人間社会は勝手に維持されない。しかし、白人のシステムは誰が社会を維持してるかが不明である。白人のシステムは人間社会の重要な部分である維持を黒人や奴隷や家畜に依存しすぎる。

その結果、このシステムは持続可能でない。

自然(原住地や原住民)

 アメリカ大陸は俺らモンゴロイド人種の所有物である。白人がシステムをその上に作ることは正当でない。システムには、先住民や原住民といった自然や自然な土地が存在しない。

その結果、白人はネグロイド人種やモンゴロイド 人種やオーストラロイド人種の土地に白人のシステムを形成しようとする。その結果、白人による侵略と虐殺が継続する。

行為の後始末〜南アフリカ

 白人のシステムの欠点は行為の後始末を彼ら自身でつけれないである。君が南アフリカを見るとき、白人はシステムを南アフリカに作ってうまくいかなかったら、彼らはアフリカから逃げてしまった。彼らはシステムが作り出した行為の後始末をつけずに逃亡する。

白人のシステムには、後始末が存在しない。裁判における弁護や審判も報道も学問における発言にも、彼らの行為の後始末が存在しない。システムが壊れそうになると、彼らはそのシステムを捨てて新天地へと旅立とうとする。

感情

 システムの問題点には、感情の欠落が存在する。例えば、民主制度では、人間の自由意志による投票行為が非常に重要であった。しかし、白人は黒人を奴隷にしてモンゴロイド 人種を虐殺してきた。

普通に考えれば、黒人もモンゴロイド 人種も殺人鬼の子孫と一緒のシステムで行きたくない。さらに、殺人鬼の子孫による自由意志などを重視しない。しかし、白人は人間の感情を認識できないので、人間の感情を無視したシステムを設計する。

その結果、米国は徐々にうまくいかなくなってきた。

東洋陣空間〜自然な陣空間〜

 以下で、俺は東洋的なシステム(陣空間)を提示しよう。詳しくは信仰の分類を参照して。

歴史と過去

 先祖の歴史や過去は否定されない。人間は未来でなく過去で繋がる。過去は世界に対する健全な認識と把握を君に与えるだろう。君の自己認識は君の先祖によって与えられる。

維持の重視

 君は人間社会の維持を非常に重視する。人間社会は等速直線運動でない。もし君が維持を押し付けられるならば、君は奴隷や家畜である。黒人奴隷の意味とは維持の軽視である。君はこの種の価値観を持たない。

自然の重視

 君は人工でなく自然を重視する。自然の否定は自滅と奴隷化の第一歩である。もし君が白人がアメリカ大陸に存在して、石油や食料を君に売ってることをおかしいと思わないならば、君は奴隷化や家畜化されているだろう。

後始末の重視

 君は行為の後始末を重視する。たとえば、裁判官や弁護士は審判や弁護の後始末を彼らの義務とする。システムが崩壊した後、君は他の領土へと逃げずに、君はゴミの後始末をつける。

感情の重視

 人間は機械でない。だから、君は感情を重視する。たとえば、白人とかつての奴隷である黒人が同じ民主制国家に住む。君はこれを見て、おかしいと思わないか?

民主制度では、国民の自由意志が重視された。もし俺が黒人であるならば、俺は白人の自由意志を嫌い白人国家から独立したいと願う。サリン事件の被害者が王s無真理教と一緒の社会に住みたがらないように、黒人は白人と一緒の社会に住みたがらない。

タイトルとURLをコピーしました