英国で発見の古代民族、肌黒くて目は青かったDNA分析で明らかに[チェダーマン]

歴史

 【2月7日 AFP】英自然史博物館(Natural History Museum)とロンドン大学ユニバーシティー・カレッジ(University College London)の共同研究チームは7日、1万年前に現在の英国に住んでいた古代民族の男性の人骨からDNAを抽出・分析した結果、この民族の肌が浅黒く、目は青かったことが判明したと発表した。1903年に洞穴で人骨が発見されたこの男性は、洞穴のあった英イングランド南西部の地名から「チェダーマン(Cheddar Man)」と呼ばれている。今回、この人骨を使った初の完全なDNA分析が行われ、この男性の容姿を現代によみがえらせる作業が行われた。共同研究チームはチェダーマンの頭蓋骨に2ミリの穴を開け、抽出した骨粉からDNAを分析。これまでの見解ではチェダーマンの目は茶色く、肌は色白だったとみられていたが、そうした仮説を覆す結果となった。 自然史博物館の関係者は、「1万年前の古代民族がとても青い目でありながら肌は浅黒いという組み合わせだったことは非常に驚きだ」と述べている。 今回発表された研究結果は、欧州北部の人々の肌が白くなったのは、これまで考えられていたよりも最近であることを示唆している。 チェダーマンの部族は氷河期の末期に現在の英国に移動して来たものとみられており、そのDNAは現代のスペイン、ハンガリー、ルクセンブルクで見つかった人骨と関連があることが分かっている。(c)AFP

https://www.afpbb.com/articles/-/3161452

 上記の記事には、いくつかの問題点が存在する。その問題には、遺伝的な問題と2種類の政治的な問題である。

1 遺伝的な問題

 上記の記事の完全なる間違い 肌の色が黒い≠ネグロイド人種。肌の色は人種でなく、紫外線量に関係する。

 上記の研究によると、チェダーマンの部族の肌の色は黒かったらしい。しかし、肌の色は人種に無関係である。彼の肌の色が黒いことが彼の人種がネグロイド人種であることを必ずしも意味しない。

上記の記事では、イギリス人の先祖が黒人であったことを読者に誘導しようとしている。チェダーマンの人種は未知の人種であったか、インド人に近かったか、単に日焼けしただけか、、、。現時点では、誰もわからない。

 上記の発言者の認識能力は低い。第一、上記の写真の人物はネグロイド人種に見えない。

2 第一種の政治的な問題

 上記の記事の問題 チェダーマンは欧州人の先祖でないのでは?欧州人は印欧語族であるので、原住民や先住民を虐殺して、背乗りしたように思える。

 欧州北部の人々の肌が白くなったのは、これまで考えられていたよりも最近であることを示唆している。

https://www.afpbb.com/articles/-/3161452

 上記の発言を見ると、イギリス人の肌は黒かったが、年数の経過に伴い、その肌が黒から白へと変化した。この種の空気を醸し出している。しかし、これは間違い。

なぜなら、氷河期の時代、イギリス人の先祖が欧州大陸に存在していたかは不明である。俺の印象によると、白人の先祖(当時は白人でなかった)は土着の先住民や原住民を虐殺した。その後、彼らは欧州大陸に住み着いた。

上記の記事は白人の先祖が原住民を虐殺したことを隠蔽しているように見える。上記引用「欧州北部の人々の肌が白くなったのは、これまで考えられていたよりも最近であることを示唆している。」は完全に間違いである。欧州人の先祖は、氷河期の後に、黒海から欧州大陸へと移動しただろう

3 第二種の政治的な問題

 記事の悪意 上記の記事は強烈な悪意を持ち、人種浄化や民族浄化に対する無抵抗や仕方がない、しょうがないを暗に誘導している。

 2番目の問題とは、現在の黒人移民の問題である。上記の記事は昔のイギリス人は黒かった、だから、黒人と白人が混血して黒くなるとしても、それは元に戻っただけである。だから、その行為は民族浄化や人種浄化でない。

俺はこの種の悪意を上記の記事から読み取った。この種の悪意は白人や黒人を浄化した後、彼らは人種は社会的構築物であり、存在しないと主張するだろう。なぜなら、白人種とは近代になって、発明されたものであり、構成されたものである。

上記の記事のように、昔の白人は黒人であったので、白人は存在しなかった。白人はsocial contsructである。

白人様
白人様

 要するに、昔のイギリス人は黒かったのだから、イギリス人と黒人を家畜や犬の交配のように混ぜても、それは民族浄化でない、仕方がない。彼らはこう言いたい。だって、人種とは社会的構築物である。人種浄化や民族浄化という絶滅政策を隠蔽したい。

おまけ

 michelle malkinはフィリピン人のアメリカ国民である。matt katzはユダヤ教徒の白人(おそらくドイツ人でゲルマン民族の血が濃い)の米国民である。彼女は彼が彼の聖書の言葉を現実世界にそのまま実現しようとしていることを異常に心配している。For God’s sakeとはおそらくユダヤ教の神のことである。

俺の印象によると、この種の狂信者(アスペルガーや発達障害だろう)は「神の下で皆平等→人種をごちゃ混ぜ」or「神に対する生贄→人種をごちゃまぜ」と信じている。だから、彼は神の言葉をそのまま実現しようとする。

白人はまるで機械のように動く。彼らにとって、彼らの肉体とは単なるコンピュータや自動車のような機械である。そして、聖書はOSである。彼らは彼らのOSに従って、まるでドイツ人のように作動してきた。

 黒人に白人の遺伝子を打ち込むと、知的能力が上昇して、オバマ大統領のような中間種が生まれるだろう。その時、中間種は上記の広告の所有者、おそらくユダヤ教徒の白人をめちゃくちゃ恨むだろう。白人(おそらくキリスト教徒の白人)が黒人奴隷の値段を上昇させるために、白人の遺伝子を黒人にぶちこんで、文明化させたように、21世紀の白人は白人と黒人を多様化させてきた。

白人は言ってることは変わっているが、やってることは変わっていない。彼らは同じ間違いを何度も繰り返す。そして、彼らは懺悔して、過去を否定して、断絶して、生まれ変わった気分を味わい、また同じ間違いを繰り返す。

 日本は外国人労働者(foreign workers)を受け入れているのであり、移民(immigrants)を受け入れない。日本も朝鮮も台湾もエジプトやサウジやカメルーンと同じである。また、アメリカ大陸は俺らモンゴロイド 人種の土地であり、白人や黒人は俺らにとって移民(immigrants)でなく侵略者(invaders)である。

What it truly means to be Japaneseの意味はこうである。彼は日本人や日本人を含む東洋人をアメリカ先住民やイヌイットのように絶滅させたい。その手法が日本人とはそもそも何だろうかと精神を撹乱や錯乱させることである。要するに、彼は黒人や白人を日本人と呼んで、原住民や先住民を駆逐して絶滅させたい、アメリカモンゴロイド 人種やイヌイットにやってきたように、抹殺したい。

モンゴロイド 人種は白人がアメリカ人と呼ばれていることの異常性をもう一度思い出せ!モンゴロイド 人種は白人をアメリカ人と呼ぶべきでない。なぜなら、それは民族浄化と人種浄化の悲劇的な結果の象徴であるのだから、、、。

タイトルとURLをコピーしました