天才物理学者大栗博司(ノーベル紫綬褒章)は科学事業の意味を把握できるか?IPMUの村山斉と日本の科学

大和民族について
https://ja.wikipedia.org/wiki/大栗博司

 俺が日本人の学者気取りを見ると、彼らは契約や公共事業を認識できないように見える。彼らは日本の科学(日本国の科学)という単語を使用してきた。俺が日本の科学という単語を見るとき、大栗や村山は契約相手のことを考えていないように見える。

大栗は科学事業を日本人からお金をもらって、白人の仲間入りを果たす、または白人に認められることであると錯覚している。だから、大栗は契約相手でなく、白人や日本の科学ばかりを見ている。大栗は税金を応援や布施やお小遣いか何かであると感じているように見える。

科学事業は公共事業であり、科学者は身分でなく職業、博士号は知的信用状である。大栗は頭の運動選手であり、社会性を持たないので、これらの意味を把握できない。以下で、俺は大栗をはじめとする日本人の学者気取りのおかしさについて述べる。なお、大栗という個人名には意味がない。別に恨みはない。俺は彼を公人であると認識した。

大栗の本音

 日本人の学者気取りは彼ら自身の意見を言おうとしない。だから、外部の人間は彼らの本音を察せざるを得ない。だから、俺は彼らの本音を察しよう。

日本の科学が?

 日本人の科学者は「日本の科学」という単語を使用してきた。俺はこの単語を非常に嫌う。この単語の意味とは、日本人が彼らのお金を大栗にプレゼントして、大栗は研究して、白人によって認めてもらうことである。「日本の科学」という単語の不愉快さとは、契約相手を一切見ていないことである。

大栗はまるで田舎者のように振る舞う。田舎の家族は彼らの息子を応援するために、お金を渡す。それを受け取ったその息子は都会へと行き、頑張って出世して都会の人間に認めてもらう。息子は両親を契約相手と認識しない。

科学事業に対する大栗の価値観とはまさに田舎の息子の価値観である。契約相手である日本人の日本国民は大栗を彼らの息子でなく、契約相手と認識している。日本人にとって、日本の科学などどうでも良いので、借りたお金を返して欲しいと望んできた。損害を俺らに与えないで!殴らないで!殺さないで!

白人様
白人様

 日本の科学がどうなっても良いのか?歴史の法廷に立つつもりがあるか?研究費が減らされそうになると、彼らはこの種の発言を繰り返す。この発言に対して、俺は日本人の学者気取りは「日本人が学者に頑張って研究して業績を出して白人に認めて欲しい白人社会の仲間入りを果たして欲しい」と思っていると錯覚しているように見える。契約相手が望むことは借りたお金を返すことである。白人がどうでも良い。

人類のため?

 大栗は人類や人類のためという単語を使用した。この種の発言はチンピラの「いつかビッグになる」に等しい。要するに、大栗もチンピラも借りたお金を返したくない、現実逃避したい、義務を果たしたなくない。

俺は人類の前に契約相手との契約を果たすべきであると考える。人類という単語は義務の放棄を契約相手に求めているように見える。人類のためだから、仕方がない?

人類のためだから、損害を我慢して。借りたお金を返さなくとも、なかったことにして。甘やかして。許して。優しくして。仕方なかったと言って。

国際化?

 大栗は国際化という単語を使用した。この単語は契約相手に、白人ごっこや白人に認められたい大栗という印象を与える。大和民族のお金に依存して、そのお金を白人に貢いで白人に認められて、褒めてもらう。

大栗が主張する国際化とは、まさにこのことである。大栗を含む日本人の学者気取りの発言を見ていると、彼らは契約相手を家来や部下か何かであると錯覚している。

大栗の発言の問題

 以下で、俺は大栗をはじめとする日本人の大学教員の発言の異常性について述べる。彼らは契約を破棄するような発言を平気で繰り返す。

多様性?

 日本人の学者気取りは多様性を賛美する。しかし、その多様性は俺らモンゴロイド人種の虐殺の結果である。もし大栗はこれを賛美するならば、大栗はモンゴロイド人との契約を結ぶべきでない。

黒人やユダヤ教徒は黒人奴隷やナチスを賛美する人間と契約を結ばない。同様に、俺らモンゴロイド人種は多様性を賛美する人間との契約を結ばない。日本人の学者気取りは契約や事業の意味を把握できないので、彼らは契約破棄につながるような発言を平気で繰り返す。

白人を雇用する必要があるか?

 アメリカ大陸は大栗の所有物である。白人がモンゴロイド 人種を虐殺して、アメリカ大陸を大栗から奪った。黒人が白人を雇用する必要がないように、モンゴロイド 人種は彼らのお金を殺人鬼の子孫である白人に貸す必要がない。ユダヤ教徒がナチスの子孫にお金を貸す必要がないように、モンゴロイド 人種はお金を貸す必要がない。

もし大栗がお金を白人に貸すつもりであるならば、その正当性を大栗自身の言葉で語る必要がある。国際化や多様性はその正当性を与えない。

繰り返すが、アメリカ大陸は大栗を含むモンゴロイド 人種の所有物である。なぜ白人がそこに住んでいて、大栗を雇用するのか?そして、なぜモンゴロイド人種がアメリカ大陸上の白人をモンゴロイド 人種の税金で

紫綬褒章IPMUの天才理論物理学者大栗博司は本田圭佑か〜日本人学者の知的欠陥〜
 この記事の前提 俺は大栗博司の数理能力を疑っていない。正確には、俺は彼の専門における能力を疑っていない。 大栗博司は天才であると認識されてきた。しかし、俺は彼は天才でないと審判する。以下で、俺は大栗博司の知的欠陥について述べる。なお、彼の名前には、意味がない(個人的な恨みはない)。彼は公人であるので、俺は彼の知的能力について述べる。彼は日本人だけでなく東洋人としても最高の知的能力を持っているように見えるので、具体例として適切であると審判した(以下の文章は日本人の学者に一般化される)。日本人の学者は日本人によって見下されて、軽蔑されてきた。大栗博司を含む日本人の学者のバカさは本田圭佑のバカさに似ている。誰も彼のサッカー能力を疑っていないが、彼の製造に関する運動能力やバレー能力を疑っている。 同様に、日本人は大栗の知的能力を疑っている。ただし、数理能力以外。1:物事を考えるのが苦手(数理以外) 俺の憶測 もしxが大栗博司であるならば、xは大栗の脳を人為的に動かすことを苦手とする人間である。 大栗は物事を考えるの...
タイトルとURLをコピーしました