ゴーン逃亡と日本の弁護士と司法制度の問題[人権・出入国管理・弘中惇一郎]

人間について

 会社法違反(特別背任)などの罪で起訴された日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(65)が日本を出国したと海外メディアが報じている問題で、ゴーン被告が東京地裁の保釈条件に反し、無断で出国した可能性があることが31日、複数の法曹関係者の話で分かった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191231-00000509-san-soci

 ゴーンが逃亡した後、俺は日本の出入国管理と法制度(司法制度)の問題を解決すべきであると強く感じた。日本の法制度はキリスト教の制度であるので、日本はどうしても弱い。

ゴーンの本音〜人種と宗教〜

 ゴーンは東洋人を見下している。だから、彼の本音は未開社会で目の細いイエローなんか裁かれたくないである。彼の逃亡の理由の本音とは日本人を含む商用小人種に対する明確な人種的な侮辱である。

日本人の大部分はキリスト教徒でない。だから、たとえ日本の司法制度が表面的にキリスト教由来であるとしても、キリスト教のゴーンは日本人によって裁かれたくない。彼にとって、日本の司法制度は猿や動物の司法制度であり、未開の法制度である。

要するに、ゴーンの本音は人種的な本音と宗教的な本音を持つ。日本人の大部分もヒンドゥー教やイスラム教のシャリーア法で裁かれたくないように、ゴーンもジャップの法律で裁かれたくない。

日本側の問題

出入国管理の問題〜ザル法〜

 日本の法制度や司法制度にも問題が存在する。日本の法制度は完全にザルである。日本人の弁護士も政治家も学者も問題を解決できない。なぜなら、現在の日本の法律は白人によって作成された。

日本人の弁護士も学者も政治家も他人と対峙できない、自分の問題を解決できない。彼らは白人が問題を解決してくれないと何もできない。日本人自身の問題、たとえば日本人の肉体のデザインは白人が解決してくれないので、日本人は彼ら自身の肉体のデザインを発展させれない。同様に、日本人の弁護士も法学者も彼ら自身の問題を解決できない。

なぜか彼らは自分の問題を解決せずに、白人様が作った概念(人権)を運用して、外国人を助けようとしてきた。この種の行為もまた彼らが彼ら自身の問題を解決できないことを暗示する。というよりも、日本人の弁護士や学者は自分の問題を解決できないので、彼らは白人との対峙を恐れる。その結果として、彼らは白人の考えで外国人い現を抜かす。

弁護士の問題〜誰の味方?〜

 日本人の弁護士は誰の味方かわからない。彼らはまるで白人崇拝者と同じである。日本人の弁護士は日本政府や日本人に軍事的金銭的に依存しながら、日本政府や日本人を批判して外国人を助けようとする。

上記の弁護士は世界の刑事司法という単語をしようした。しかし、イスラム教圏とキリスト教圏とヒンドゥー教県の法制度は完全に異なっている。彼の主張する世界とはイケメンの白人の刑事司法である。

日本人の弁護士は日本人に依存しながら、白人ごっこを繰り返して、白人視点で物事を語る。にも関わらず、彼らは白人に対峙しそうになると、彼らは逃げるか、白人ごっこをして白人との対峙を回避しようとする。でも、日本人には先生と呼ばれて高慢である。

白人様
白人様

 日本人の弁護士や学者や政治は国家の概念を認識できないので、どこの国の人間かわからない発言を繰り返す。この性質はアメリカモンゴロイド人種と同じである。国家は生得的な概念でない。白人ごっことモノマネの正体は国家概念の欠如である。

白人様
白人様

 nationalismを研究する日本豚が国家概念(countryでなくnation)を認識できない。日本国の政治家が国家概念を認識できない。白人ごっこをしてナチスを引用する前に、アメリカ・モンゴロイド人種の視点に立って物事を考えろ!

法制度及び司法制度

正当性を理解できない弁護士と学者〜キリスト教〜

 日本人の弁護士は法律の意味や正当性の意味を認識できない。上記の弁護士は世界の刑事司法という単語をしようした。俺が彼の発言を見た後、彼は刑罰や司法が宗教に密接に関係してきたことすら認識できないように思える。

例えば、罪の概念や人権の概念はキリスト教由来であり、それらは非常に宗教的である。日本人の弁護士はその種の概念で無宗教の日本人を裁くことを正当であると思っているのか?日本人の弁護士は他人の家庭のルールで罰されることを嫌がるように、日本人もキリスト教的な概念で罰されることを嫌がる。

キリスト教の白人が「礼」で裁かれたくないように、ゴーンも日本人も日本の司法制度で裁かれたくない。日本人の弁護士は豊富な知識を持つが、この種の単純なことすら認識できない。

白人様
白人様

 人権、罪、寛容、慈悲、弱者、難民、、、。これらは全てキリスト教由来である。日本人の弁護士は実質的なキリシタン大名である。

白人様
白人様

 日本人の学者も弁護士も日本の司法には他者を裁く正当性がないことを認識できない。なぜなら、幼稚だから。大人と幼稚の違いは正当性への執着である。


白人様
白人様

 植民地根性でなく奴隷や家畜根性である。日本人は奴隷や家畜の意味を認識できない。

タイトルとURLをコピーしました