なぜホロコースト否定は欧州(ドイツ)では違法か?白人の法律観と構成的思考

人間について
https://ja.wikipedia.org/wiki/コウモリ

 共通認識 ホロコーストとは、第二次世界大戦におけるユダヤ教徒の白人に対する大量虐殺である。

 欧州では、ホロコーストの否定は違法であった。この状態に対して、東洋人はドイツ人は少しやりすぎでないかと感じてきた。他者に対する過剰な糾弾行為はナチス的であり、白人はまた同じ間違いを繰り返しそうであると東洋人は感じてきた。

しかし、この種の東洋人は白人の世界観と東洋人の世界観の違いを完全に見落としている。白人にとって、世界とは神の言葉や文字によって構成される対象である。それに対して、東洋人にとって、世界とは人間の脳みそによって認識され・把握される対象である。

東洋人にとって、第二次世界大戦におけるユダヤ教徒の白人に対する大量虐殺は東洋人の脳みそによって認識され把握される事実である。しかし、白人にとって、その虐殺(ホロコースト)は神の言葉や文字によって人工的に構成され、かつその人工的な構成が現実と合致することである。欧州人にとって、ホロコーストの否定とは、論理学における矛盾と同じである。以下で、それを詳しく見よう。

1 白人にとってのホロコーストとは?

 共通認識 白人にとってのホロコーストとは、神の言葉や文字によって人工的に構成されて、かつその構成が現実的な構成であると定義される対象である。

 白人は構成的思考を持ち、世界を神の言葉や文字で人工的に構成しようとしてきた。ホロコーストは彼らの世界の内部の出来事であるので、その虐殺自体も人工的に構成されてきた。重要なことはその構成が現実であるか、またはその構成が現実的な構成であるかである。

それに対して、東洋人はその虐殺を認識され、把握される対象であると認識する。東洋人にとって、虐殺とは人工的に構成されるものでなく、認識されて把握される対象である。重要なことはその虐殺が実際に起こったかである。

東洋人の大部分は虐殺自体は起こったと認識している。だから、東洋では、一部の東洋人を除いて、その虐殺に関する共通認識が形成されてきた。当然、東洋人の大部分は実際の虐殺の犠牲者数に関してじゃかなり疑っているが、虐殺自体は東洋人によってきちんと認識されてきた。

2 なぜホロコーストの否定は違法か?

 その理由 2つの理由が存在する。1番目の理由とは、白人はホロコーストを遺伝的に認識できないことである。2番の理由とは、白人の法律観が機械的であることである。

 俺の印象によると、白人はホロコーストを遺伝的に ‘ 認識 ‘ できない。さらに、彼らは世界を認識・把握できない。彼らにとって、世界やホロコーストとは認識や把握される対象でなく、人工的に構成されるものである。

白人はホロコーストを人工的に構成した後、彼らはその人工的な構成が現実的な構成であると定義する。その後、ある白人がその構成に反する、つまり矛盾するような文を生成する。そのとき、欧州はその白人を人工的な構成に矛盾した存在、つまり違法な存在して罰する。

つまり、白人は人工的な構成による矛盾(反する発言)と罰によって、ホロコーストを現実的な構成として定義している(認識でない)。白人の世界観とは機械的な世界観や論理学のような世界観である。

 機械はホロコーストを認識できないが、それを現実として世界体系を人工的に構成できる。同様に、白人はホロコーストを認識できないので、彼らは人工的な構成とそれに対する矛盾と罰にとって、ホロコーストを現実であると ‘ 定義 ‘ している。もしこの矛盾と罰の過程が欧州に存在しないならば、白人はホロコーストを認識できない。

白人は人間や動物よりもむしろ機械に近い。だから、彼らは現実を認識できないので、彼らの歴史を人工的に構成して、その歴史に反する発言を矛盾と定義して罰を与える。この過程によって、白人は彼らの歴史を定義する、または人工的に構成してきた。

もしこの矛盾と罰の過程が存在しないならば、白人の歴史自体が人工的に構成されないので、欧州世界がうまく機能しない。もし白人が彼らの歴史を獲得したいならば、白人は白人の歴史を人工的に構成して、それに矛盾する発言を違法として罰を与える必要があった。なぜなら、そのとき、白人は現実と現実でないものを定義できて、白人の歴史を人工的に構成できた。この思考の結果がホロコーストの否定であるだろう。

白人様
白人様

 ホロコースト否定の違法性や罰則は何が現実的な構成であるかを定義させるための罰。なぜなら、白人は機械と同様に世界を ‘ 認識 ‘ できない。機械は機械的に計算できるが、機械は数の概念を認識していないように、白人は現実を人工的に構成できるが、彼らは現実を認識できない。だから、矛盾を使い罰を与えることによって、現実的な構成と現実でない構成を強制的に定義させる。その矛盾と罰によって、白人は現実的な構成を作り上げてきた。

白人様
白人様

 機械は矛盾を嫌う。なぜなら、機械は現実的な構成に反することを矛盾として、矛盾した発言を実際に生じていない現実でない構成と定義した。そのとき、機械は現実的な構成(現実という世界体系)を人工的に作り上げてきた。白人の思考はまさにこんな感じである。彼らの世界には、機械と同様に、’ 認識 ‘ が存在しない。

白人様
白人様

 よく言えば、白人の思考は科学的思考それ自体である。科学では、科学者は自然界を数式という言葉で人工的に構成する。その後、白人はその人工的に構成された世界が自然界と一致するかを実験して、白人はその世界が現実であるかを定義する。

3 ユダヤ教徒の白人はなぜユダヤ人(jew)?

 理由 白人社会では、ユダヤ教徒の白人はユダヤ人として人工的に構成されてきた。

 東洋人がユダヤ教徒の白人を見るとき、東洋人は彼らをユダヤ教徒の白人と認識してきた。ユダヤ教徒の白人が白人至上主義を批判するとき、東洋人は「お前も白人だろ!」と突っ込みたくなってきた。おそらく、この種の行為の原因は白人は現実を認識できないので、彼らの自己認識すら人工的に構成してきたからである。

東洋人にとって、フランス人とはケルト民族のフランス国民である。北ドイツ人はゲルマン民族のドイツ国民である。南ドイツ人はゲルマン民族の遺伝子を持ったケルト民族のドイツ国民である。

白人は世界だけでなく、ホロコーストもユダヤ人もドイツ人もフランス人もアメリカ人も人工的に構成してきた。白人は彼らの自己認識すら認識・把握できてこなかった。認識を重視する東洋人にとって、アメリカ人はアメリカ国民(白人のアメリカ国民)であり、フランス人はケルト民族のフランス国民であり、ユダヤ人はユダヤ教徒の白人である。

 東洋人にとって、人種raceや小人種subraceや民族subsubraceは自然な対象であり、認識され把握される対象である。それらは国民や教徒と異なり、人工的に構成されない。東洋人にとって、人種とは過去における生物的な分岐(首刈り効果を含む)であって、東洋人xが日本人であるかは、同じ東洋人からの距離によってガス球体の要素のように幾何学的に認識される。

タイトルとURLをコピーしました