三浦義隆(ローカス@lawkus )日本人弁護士の問題〜ゴーン逃亡

大和民族について
https://twitter.com/lawkus/status/1089502638171815937

 俺が三浦義隆の発言を読んだ後、俺は日本国の弁護士や法制度を一度解体すべきであると審判した。日本国の法制度には、システム自体の問題とシステムの要素(弁護士など)の問題が存在する。

以下で、君は三浦義隆の発言を読みながら、日本の弁護士の問題を眺めよう。日本国では、先生と呼ばれる職業は、医者を除いて、すべて無能である。彼らは国際的な競争能力でなく、白人との対峙能力を持っていない。にも関わらず、彼らは先生と呼ばれ異常に高慢である。

この種の日本人弁護士の問題は日本人の知の肉便器(学者)の問題にも応用される。彼らも日本人に対して異常に高慢であるが、白人にはビビって何も言えない。日本人弁護士も学者も対外的意思疎通を日本人の中流層に依存してきた。

1 三浦義隆の言動と行為

1 侮辱的な態度や発言が多い

 三浦義隆は他者に対する侮辱的な発言を繰り返す。例えば、三浦義隆は他人を馬鹿やアホや非モテと侮辱する。もしこれが許されるならば、日本人は彼をブサイクや醜い容姿と侮辱できるだろう(実際、彼の肉体のデザインは白人のそれよりも劣等である。)。

三浦義隆は非モテという単語を使用してきた。その単語の意味とは、彼の顔のデザインの劣等性をごまかしたいである。俺の印象によると、三浦義隆は白人の前で他人を非モテと呼べない。なぜなら、白人の前の三浦義隆にとって、重要なことは非モテかどうかでなく、肉体のデザインの優秀さである。

さらに、三浦義隆は態度が悪い。日本人の弁護士も学者も政府や国家や日本人に保護された後、ある種の安心感からか、解雇されないからか、彼らは異常に高慢になる。けれども、彼らは白人の前では、ビビって何も言えない。

白人様
白人様

 日本人の大部分は三浦義隆や彼の子供の容姿を醜いと感じている(笑顔は可愛らしいけれども)。しかし、それを侮辱しないし、指摘もしない。なぜなら、それは東洋における礼節に関係する。つまり、それを指摘することは「無礼」や「失礼」や「非礼」である。これは法律の問題でなく、common sense(共有感覚)や宗教的な善悪である。しかし、三浦は他者を非モテと侮辱する。法律の前に、東洋における礼を学べば良い。

2 説教体質と対峙が怖い

 三浦義隆は誰の味方かわからないような発言を繰り返す。白人がどんなに狂った行為をするとしても、彼はなぜか日本人を批判しようとする。俺の憶測によると、彼は他人との対峙を恐れる、かつ他人を説教したい。

要するに、彼は人間社会における意思疎通の負担を日本人に押し付けつつ、日本人という妻を説教して、押し倒したい。その結果、彼は日本人ばかりを人種的に侮辱してきた。

三浦義隆は白人と対峙しないように、法律を引用するので、彼の行為は意味不明である。三浦義隆は弁護士という資格、または免許が大和民族によって保護されると、安心感を覚えて、日本人の足ばかりを引っ張る。彼の行為はまるで子供や無職のおっさんおばさんが両親ばかりを批判するようなものである。

白人様
白人様

 日本人の弁護士は白人との対峙を嫌がるので、無能であるように見える。彼らは人間社会における他者との意思疎通の費用や負担を日本人に押し付ける。

3 善悪の判断に関する質問が怖い

 三浦義隆は善悪の判断に関する質問に回答できない。なぜなら、彼は彼の不安を最も嫌う。三浦義隆にとって、法律とは、善悪の判断と責任を回避するもの、つまり不安からの逃避である。

例えば、他人を非モテと呼ぶ、バカと呼ぶことは良いか悪いか?白人との対峙を回避することは良いか悪いか?彼らはこの種の質問に回答できない。なぜなら、彼は善悪の判断を下すことに不安を覚える。

俺は人間は彼自身の善悪の判断を法律に委ねるべきでないと審判する。もし法律が善悪の判断を他者に委ねるものであるならば、俺は現行の法制度を解体すべきであると審判する。

白人様
白人様

 クチャラーは三浦義隆にとって良いのか、悪いのか?日本人弁護士はこんな簡単なことすら回答できない。なぜなら、この文は善悪の判断を要求している。

弁護士の状態

社会性のない

 日本人の弁護士は社会性を持っていない。だから、彼らは法律に無知な日本人をバカや無能と初対面で侮辱する。この種の行為は社会的技能(social skill?)の欠如を暗示する。

一人の人間が法律も医学も数学も勉強しながら、彼自身の職業義務を果たすことができない。なぜなら、勉強する時間が不足している。だから、弁護士や医者という職業が必要になる。

にも関わらず、日本人弁護士は法律に無知な人間をバカや知らないくせにと侮辱する。日本人が法律に無知なのは自然である。

先生?職業の欠如

 日本人の弁護士は職業を認識できない。なぜなら、彼らは義務を認識できない。彼らは社会性を持たないので、彼らは義務を認識できない。

三浦義隆は弁護士を身分と錯覚している。だから、彼は異常に高慢である。彼は先生とおだてられて完全に勘違いしているように見える。また、日本人弁護士は互いを互いに先生と呼び合っているが、俺は彼らの行為は気持ち悪いと審判する。

彼らは互いを先生と呼んで気持ちよくなりたい。彼らは公開キャバクラを繰り返す。または、アニメおたく同士が互いをキャラ名で呼び合ってるような異様さである。

意味と正当性の欠如

 三浦義隆は物事の意味と正当性を認識できない。キッズ・アイドルは性行為に詳しいが、彼らは性行為の意味や性奴隷の意味を認識できない。同様に、三浦義隆や日本人弁護士は法律に詳しいが、法律の意味を認識できない。

例えば、彼らは法律を引用するが、その法律が正当であるかを認識できない。日本国憲法は殺人鬼の子孫である白人が作った。キリスト教でない日本人がその法律や憲法を守る必要があるか?日本人の弁護士はこの質問の意味を認識できない。

日本国の法律に正当性が存在するか?その制度は他人の家庭の取り決めと同じでないのか?それはシャリーア法と同じでないか?なぜ卓球選手がサッカーの決まり事に従う必要があるのか?

三浦義隆とゴーン

 俺が三浦義隆の発言を見るとき、俺は彼の発言の失礼さと不公平さに驚く。三浦義隆は他人を馬鹿や素人やでたらめや未開人と侮辱するが、三浦義隆はこの種の行為の異常性に気づかない。

三浦義隆は日本法制度や日本政府や日本国、そして日本人に異常に依存してきた。にも関わらず、彼は日本の法制度を侮辱するような発言を繰り返す。さらに、彼は’ 公平 ‘ を認識できないように思える。

彼はレッド・カードを日本人や日本国ばかりに出すが、この種の行為は公平でない。三浦義隆は公平でないことが正当であるかを判断できない。その結果、彼は不公平な審判を繰り返してきた。俺は公平でないことは正当でないと判断する。

 三浦義隆は他人をこの馬鹿と呼ぶが、この種の行為が異常であると審判できない。buruburuの意見に反対するならば、侮辱でなく、きちんと意見を提示すれば良い。buruburuの発言には、侮辱発言は存在しない。

 俺は三浦義隆の発言の意味を理解できない。なぜゴーンの逃亡とウイグル地域の問題が関係するか?

 三浦義隆は素人やでたらめという単語を使用した。この種の発言も失礼であるが、三浦義隆は失礼や侮辱を認識できない。三浦義隆は非専門家が彼の領域に干渉することに不安を覚える。

だから、三浦義隆はJSFを嫌う。三浦義隆は日本人に法律に対する服従を暗に求めている。法律は社会の産物であり、日本人が服従すべき対象でない。だから、専門家でなくとも法律について語ることは正当である。

俺はむしろ三浦義隆のような態度、非専門家をバカや素人やでたらめと呼ぶ態度こそ人間社会から排除される態度であると審判する。俺にとって、法律のあり方とは、人間同士の共通認識や違和感の産物である。

 植民地根性でなく、奴隷や家畜と同じである。日本人(大和民族)は狩猟民族から農耕民族に移行して、牧畜民族を経験していない。だから、彼らは奴隷や家畜を認識できない。

日本人の知の肉便器や学者気取りが馬鹿に見えるのは、善悪の判断を下せないからである。彼らの馬鹿さは性行為に詳しいキッズ・アイドルのバカさに似ている。彼らは豊富な知識を持つが、善悪の判断を下せない。

その結果、彼らはおかしいことをおかしいと審判できない。日本列島を含む東洋地域で商売をしたが、その国家の法律には従いたくない。これは明確な奴隷化や家畜化である。三浦義隆は弁護士よりもキリシタン大名に近い。

白人様
白人様

 日本人の弁護士や学者が馬鹿に見えるのは、人間社会における他者との対峙という意思疎通の負担の全てを日本人に押し付けているからである。彼らは他者と意思疎通できない。だから、彼らは話を聞いてくれる日本人ばかりを批判する。

 俺は三浦義隆の発言を理解できない。例えば、俺がサウジで商売するならば、サウジの法律(イスラム)に従うべきである。もしそれが嫌であるならば、俺はサウジで商売しない。

例えば、ある白人がカメルーンで商売したいが、黒人の法律で裁かれたくない。ゴーンの言い分はまさにこれである。三浦義隆は人種的に侮辱されているのに、三浦義隆は侮辱されているという事実から逃避している。

白人様
白人様

 教師ハーディソンは日本人と白人の米国民との中間種である。俺の印象によると、三浦義隆は上記の発言を批判できない。上記の発言は三浦義隆の妻や子供を人種的に侮辱してきた。しかし、三浦義隆はビビって何も言えない。日本人の弁護士や学者の気持ち悪さは公平さの欠如と対峙の回避である。

白人様
白人様

 三浦義隆が人種的に侮辱されるとき、三浦義隆は日本人がその人種的侮辱を怒って欲しいと考えている。これは単なる幼稚な甘えである。この種の幼児が先生と呼ばれるから、勘違いと腐敗が蔓延する。

白人様
白人様

 上記のハーディソンは三浦義隆の娘を人種的に侮辱した。三浦は何も言えない。ハーディソンの行為は教師にふさわしくない。三浦は人種的な侮辱を批判しないが、その行為は平等でも公平でもない。

 「社会がなくて大学しかない」=「社会がなくて家しかない」。この家は弁護士業界にも言える。弁護士業界という家は社会における構成要素である。

 日本社会における対外コミュニケーションは ‘ 日本人の中流層 ‘に委ねられている。だから、弁護士も学者も日本人によって馬鹿にされる。なぜなら、彼らは白人との対峙を全て日本人の中流層に押し付けてきた。

実際、三浦義隆は白人と対峙しようとしない。彼が白人と対峙しそうになると、彼は白人の法律を引用して、その引用に同意してもらおうとする。東洋人と白人とでは、人種も宗教も歴史も異なるので、対立の存在は当然である。

三浦義隆は他者と対外コミュニケーションできないので、白人に媚を売り、日本人ばかりを人種的かつ民族的に侮辱してきた。

 上記の話は日本人の弁護士や学者の問題にも応用される。彼らは他者、特に白人とコミュニーケーションできない。だから、三浦義隆は日本人ばかりを批判する。

この種の行為は白人との対峙という他者とのコミュニケーションを日本人に押し付けていることである。丸投げしている。だから、彼らは日本人のみを批判して生きてこれた。

社会性の産物である法律や学問に関わる人間がコミュニケーションできない。これは実に喜劇的である。このコミュニケーションのなさが弁護士や学者の無能さに関係している。

タイトルとURLをコピーしました