なぜ同和問題が関西で深刻化したか?森山栄治と関西電力と関西人の性質

大和民族について

 関西人の思考について教えてください。非難目的はありません。あの幼稚性は何なんですか。本人には無理としても全国的に認知されているのでしょうか。 私以外の人は気付いていないのかと思って来ました。誰かが、記事や本にした事はないのでしょうか。

アメリカ人は幼稚性を嫌い、世界中そう。松井の大人さが評価。関西人のように悪質な思考文化はない。単純な関東がアメリカ人的。蝦夷・坂東武者→開拓者精神です。はったりの口喧嘩などない。関西人は韓国人に近い

本題は関西人の幼稚文化が全国的に認知されているかです。関西の文化ですよね。関西という後進地域を全国の人は誤解しているわけです。江本の言動がヤンチャ(子供じみた単なるワガママ)と思っている人は少ないです問題は、幼稚園的主観の関西人には、関西以外を理解する能力がないという、その非常識を、関西含めた全国民は分かっているのか、です。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11144324691

 俺は東日本人であり、西日本人でない。だから、俺は同和が何かを知らなかった。関西電力に関する報道の後、俺は同和問題の異常性を見て、非常に驚いた。その後、俺は同和問題の原因は関西人の性質に存在すると審判した。

関西人は今現在の不安を嫌い、他者との対峙を怠ってきた。さらに、関西人は物事をまともに思考できないので、彼らは同和問題から逃避してきた。日本人の大学教員が白人や女性との対峙を怠ってきて、キリスト教的な男女平等を導入して大学が腐敗してきたように、関西人もまた対峙を回避してきた。

その結果、同和問題が深刻化した。関西人は対外的な意思疎通を回避してきて、他人任せにしてきた。関西人は白人によって差別主義者と侮辱されても、彼らはビビって言い返さない。だから、白人はますますつけあげるが、関西人は影で愚痴を繰り返すだけである。

1:実況と傍観と愚痴〜対峙が怖い〜

 事実 関西人は東南アジア人に近く、傍観と実況と愚痴を繰り返してきた。その結果、同和の状況が悪化した。関西人は同和との対峙を恐れ、それを自然現象や呪いや祟りとみなして、彼ら自身を慰めてきた。

 俺が関西人の話を聞いているとき、彼らは善悪の判断を下せないと審判する。彼らの話の大部分は実況や未来予想ばかりであり、彼らはその実況や未来予想の善悪を判断しない。言い換えると、彼らはレッド・カードを持っていないので、それを出せない。

その結果、異常な状況が生じてきたのに、彼らは傍観してきた。以下のつぶやきを見よう。俺は以下のつぶやきを読んだ後、同和の問題は同和だけの問題でないと感じた。

関西人の性質は白人によって奴隷や家畜化された東南アジア人に似ている。彼らもまた関西人と同様に、異常な環境に抵抗しようとしない。にも関わらず、彼らはなぜか被害者ぶる。

 上記の関西人は「差別と言われるのが嫌で皆我慢してた」とつぶやいた。しかし、俺はなぜ関西人はこの問題を彼ら自身で解決しないのか疑問に思う。彼らは世界の全てを自然現象のように捉えて、同和問題は仕方がないやしょうがないとごまかしたいように思える。

「差別と言われるのが嫌で皆我慢してた」という発言は半分嘘である。彼らは同和の連中と真剣に対峙するのが怖かったからである。あるいは、人間社会の対外コミュニケーションを取れなかった。

上記の関西人は現状を彼女自身で変えるつもりがなかった。彼女は買いたくないときちんと主張すれば良い。関西人は非常に幼稚であり、精神と知的能力の発達が未発達である。

 関西人は女々しく、同意や共感を求める話し方を繰り返してきた。俺がこの医者の話を聞くとき、彼が何を求めているのかをいまいちわからない。だから、何?みたいな発言を繰り返す。

部落対策基本法が〜と言ったが、上記の医者はそれが良いかを判断できない。彼は法律をまるで自然現象のように語る。要するに、彼は相手にしょうがないと言ってほしい。同和に苦しめられてかわいそうであったと言って欲しい。

 上記の関西人は医師であるそうだ。この医者も実に関西的である。彼らは実況や傍観ばかりで判断しないし、抵抗しない。俺の発言に対して、彼らは彼らなりの事情を説明して、同意や共感を求めてくる。しかし、彼らは判断を下さない。

 公立病院に同和枠や逆らって首が飛んだ。この状態は異常な状態である。関西人はこの状態をなぜか自然現象のように語る。まるで未開人が悪い事柄を ‘ 祟り ‘のせいにするように、、、。

関西人の発言を見ると、愚痴や不平不満を述べて、彼らは同和に苦しめられた同情して欲しいように見える。

 上記のつぶやきが本当であるならば、彼らの行為は歴史に記録されるべきである。ただし、ここまで無法地帯になるとき、この行為の責任は関西人にも存在する。関西人は、目の前でレッド・カードのようなテコンドーサッカー的な行為が行われるとしても、彼らはぼーっと見ているだけである。または、神妙そうな顔をして、それを実況している。

関西人はまさにスペイン人や白人によって奴隷化され家畜化されてきたフィリピン人に似ている。なぜ彼らが奴隷化や家畜化されてきたのか?俺の憶測によると、彼らもまた傍観と実況を繰り返してきて、善悪の判断を下し、行動に移さなかった。その結果、家畜地や奴隷地の問題が深刻化した。

関西人は同和問題をこんな状態になるまで放置して、手遅れにさせていた。関西人は不衛生な生活を続けてきて、体内の癌や部屋のゴミを放置してきた。その結果が同和問題である。その責任は統治能力を持たない関西人に存在する。

グーペ

2:物事を真剣に考えれない〜笑いへの逃避〜

 関西人はつまらない笑いを重視する。しかし、それは単なる現実逃避である。関西人はフィリピン人と同様に、物事を真剣に思考できないように見える。その結果、彼らは同和問題を放置して、その問題が深刻化した。

 上記の人間は笑ってる場合でないだろう。上記の関西人もそうだけれど、善悪の判断が存在しない。関西人は善悪の判断を持っていない。だから、同和問題が深刻化する。

また、上記の関西人は知らないくせに批判していると言いたげである。もし彼が批判されたくないならば、関西人は同和問題が深刻化する前に解決すべきであった。結局、関西人は彼ら自身の地域の問題を解決できないので、介入される。

 関西人は税務調査がフリーパスが良いか悪いかを判断できない。彼らはそれを実況したり、傍観したりするが、レッドカードを出して、それを変更しようしてこなかった。彼らは税務調査がフリーパスであることをまるで自然現象のように語ってきた。

上記の関西人は何をやりたいのかがはっきりしない。彼は他人の発言を論破したいように見える。彼は同和問題を解決しようという意志や真剣さを持っていない。彼は今はそんな力がないということと言った。結局、彼らは同和の力が ‘時代の流れ ‘ で勝手に削がれるまで何もできなかった。

俺が関西人を見るとき、関西人は物事を真剣に思考できない。なぜなら、彼らはレッド・カードを持っていない。関西人は善悪の判断を下せないので、彼らは状況や行為に対してレッド・カードを出せない。そのため、外部の人間は関西人は実況中継ばかりであり、物事を思考できないように見える。

 グーペ

3:関西人(大阪人)の未開性〜社会性の欠如〜

 関西人同士の低レベルな比較や責任逃れは何故起きるのでしょうか?たとえば大阪で起きた事件や公共マナーの悪さ、大阪ならではの下品で恥ずかしい出来事を、京都や神戸の関西人らは「また大阪やん」「大阪とワシ(ウチ)らは全然ちゃうで~」「大阪と一緒にせんといて~」とアクの濃い大阪人とさほど変わらないのに、まったく違う種類のように主張します。責任逃れの常習民族ということは知っていたが、ここまで来ると呆れる。

関西人は法律を守らないし、不潔であり、汚いトイレを好んできた。なぜなら、彼らは社会性を持っていない。彼らは彼らの行為の後始末を彼ら自身でつけれない。だから、トイレも政治もめちゃくちゃである。関西人が関西がぐちゃぐちゃになると、彼らは関東へと逃げてくるが、その前に彼らは彼らの行為の後始末をつけるべきである。

そもそも関西人は言葉・見た目だけで関東人とは違うのですぐに分かる(見抜ける、笑)。東日本の人達とは雰囲気がまるで違うから。関西の大阪・兵庫・京都・奈良その他は、見た目・犯罪の多さ・治安の悪さ・言葉・こだわり・強烈な自己主張など何処もそんなに変わらない。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10117679235

1:祟りと呪いと噂話

 関西人は同和の連中をまるで祟りや呪いのように語る。同和の連中は自然現象でない。関西人は同和の行為をまるで自然現象のように語り、何もしないので、同和問題が深刻化した

関西人ができることは同和を恐れ、彼らを祟りや呪いとみなして、被害者ぶることであった。関西人は陰湿で影でヒソヒソ愚痴や不平不満を言うだけであった。女が機械を壊すとき、女はそれをまるで自然現象のように語る。

なぜなら、女は自分の意思でその機械を壊した時、周りの人間がその行為を咎めるかもしれない。女は批判による不安を恐れるので、全ての現象をまるで自然現象のように語る。そうすることによって、仕方がない。しょうがないといって欲しい。

白人様
白人様

 関西人の話し方は実に特徴的である。彼らは不安に弱く、全てをまるで自然現象のように語り、彼らの行為に対する批判を回避しようとする。彼らはアリバイ工作のために話す。

2:法律の欠如

 上記の話を見るとき、関西人は法律を認識できないように思える。この種の性質は東南アジアの性質に似ている。同和の連中の行為は完全に無法的であるが、関西人はそれを ‘ おかしい ‘ と思わない。

関西人は同和の狂った行為を見て、彼らはそれを自然現象や自然災害のように語り、傍観して、噂する。この様子は異常である。

3:統治能力の欠如

 関西人は統治能力を持っていない。同和の行為は完全に統治能力の喪失の結果である。関西人は東南アジアと同じであり、彼らは何かを統治するという発想を持っていない。関西人は人間よりも動物の群れに等しい。

下記の話し方は実に特徴的である。君が下記の話し方を見る時、同和問題が関西で深刻化した理由を実感する。彼らはイギリス人や白人に完全に奴隷化されたインド人や東南アジア人に近い。

関西人を含む日本人は奴隷や家畜にされることの恐怖を知らない。だから、この種のバカで間抜けでブサイクな関西人が生きてこれた。一度、奴隷にされれば、下記の関西豚は笑いに逃げれなくなるだろう。

習近平
習近平

 関東人と関西人の違いは上記である。関東人の気質は北方の東洋人的であり、朝鮮人の生真面目さやモンゴル人の冗談の通じなさに少し近い。それに対して、関西人は福建や広東の南方の大陸東洋人に似ている。習主席は北方の東洋人である。下記の東洋人に近い。

twitter.com
タイトルとURLをコピーしました