アメリカ大陸を俺らモンゴロイド人種の手に取り戻す方法

制度
出典不明 mai hosho
The HU – The Gereg (Official Audio)

 アメリカ大陸は俺らモンゴロイド人種の所有物である。なぜか白人が石油や食料を俺らモンゴロイド人種に売却して、俺らはそれらを購入するために、労働しなければいけない。これは明確な奴隷化である。

例えば、ドイツ人はユダヤ教徒の白人の遺体から彼らの金歯を盗んで、ユダヤ教徒に売却しようとしたと仮定しよう。そのとき、ユダヤ教徒はその金歯を取り返すために、一生懸命労働しなければいけない。これは明確な奴隷化である。

あるいは、羊が羊毛を羊飼いから購入するために、羊は一生懸命労働しなければいけない。あるいは、カメルーン人やナイジェリア人が石油や食料をケニアにおける白人から購入するために労働しなければいけない。これらも奴隷化や家畜化である。

習近平
習近平

 なぜ俺らモンゴロイド は石油や食料をアメリカ大陸の白人から購入するために、一生懸命労働しなければいけないのか!!これは明確な奴隷化および家畜化である。

東洋美女
東洋美女

取り返せ!俺らモンゴロイド人種の土地を!

白人様
白人様

 21世紀のチンギス・ハンは君だ!!

1:国民国家の廃止と自然国家の再生

 国民国家 国民国家とは、白人が有色人種の原住地や先住地を合法的に奪う侵略的概念である。国民国家は白人がアメリカ大陸で生活することの正当性を与えてきた。

 国民国家の廃止 もし君が国民国家を解体するならば、君はアメリカ大陸を取り戻せるだろう。

 国民国家とは、白人が有色人種の土地を合法的に略奪する侵略的概念である。たとえば、白人はアフリカ大陸に国家を建設するとき、彼らは国民国家の概念を用いた。そもそも、有色人種が国民国家の概念を持つこと自体が狂っている。

国民国家こそが白人がアメリカ大陸で生活する正当性を与えている。だから、君が国民国家を解体するとき、君はアメリカ大陸を取り戻せるだろう。なぜなら、その時、白人がアメリカ大陸で生活する正当性を失う。

なぜ俺らモンゴロイド人種が国民国家に賛成しているのか、俺はわからない。日本人はアメリカモンゴロイド 人種と同様に、国家概念を認識できないように見える。だから、日本人は国民国家の異常性に気づかない。

 自然国家 自然国家とは、土地とその上の人々の ‘ 関係 ‘ が自然な状態である国家である。

 例えば、ネグロイド人種の肌の色が黒いのは、アフリカでの強い紫外線量の結果である。白人小人種の肌の色が白いのは、欧州大陸における非常に弱い紫外線量の結果である。だから、ネグロイド人種や白人小人種がアメリカ大陸に住んでいることは ‘ 不自然 ‘である。不自然は悪いので、排除されるべきである

君は自然な生態系を思い出そう。例えば、シロクマがインド大陸で生活していて、インドの熊を圧迫している。この状態は自然な生態系を破壊している状態であり、非常に悪い

自然な生態系の破壊は人間にも応用される。ネグロイド人種や白人小人種がアメリカ大陸に住むことは自然な生態系の破壊である。同様に、白人小人種がアフリカ大陸に住むことも自然な生態系の破壊である。

 グーペ

2:モンゴロイド人種に対する認識

 事実 君はアメリカ先住民やイヌイットと同じモンゴロイド人種である。アメリカ大陸は君らモンゴロイド人種の所有物である。

 日本人は国家だけでなく、人種に対する思考も浅い。アメリカ先住民やイヌイットは俺らと同じモンゴロイド人種である。東洋小人種とアメリカ小人種の関係は白人小人種と中東小人種や西アフリカ小人種と東アフリカ小人種との関係に似ている。

主要なホモ・サピエンスの下位分類はコーカサス人種とモンゴロイド 人種とネグロイド人種と認識される。コーカサス人種は白人小人種と地中海小人種と中東小人種、モンゴロイド 人種は東洋小人種と東南アジア小人種とアメリカ小人種、ネグロイド人種は西アフリカ小人種と中部アフリカ小人種と東アフリカ小人種と認識される。コーカサス人種は欧州大陸と地中海と中東地域を所有して、モンゴロイド 人種は東洋地域と東南アジア地域とアメリカ大陸を所有して、ネグロイド人種は北アフリカを覗くアフリカ大陸を所有する。

日本人を含む東洋小人種は人種に対する考察が浅いので、彼らはアメリカ大陸が彼らの所有物であることを認識できない。その結果、彼らはその大陸を取り戻そうとしないし、搾取・奴隷・家畜状態のママである。日本人のバカな知の肉便器(不良債権の害虫)はナチスや優生学を持ち出して、民族主義や人種主義は良くないとほざいている。

 取り決め もし白人がアメリカ大陸をモンゴロイド人種に返してくれないならば、モンゴロイド人種は欧州大陸か地中海か中東地域か北アフリカを覗くアフリカ大陸を所有する権利を持つ。

 日本人を含む東洋人はアジア人という表現を禁止させる。そして、彼らは自分自身をモンゴロイドと呼ばせろ。その時、東洋人とアメリカ先住民やイヌイットが人種的に関連づけられて、東洋人はアメリカ大陸を取り戻せるだろう。

 人種に対する認識(人種縮小法) 君は人種を大局から局所へと認識・把握する。人種縮小法とは、人間が人種を大局から局所へと認識する方法である。

 人種に対する認識(幾何学的距離法) 君は人種を君からの距離で幾何学的に把握する。幾何学的距離法とは、人間が人種をその人間からの距離で把握する方法である。

 例えば、俺はモンゴロイド人種⊇東洋小人種⊇大和民族⊇東日本部族⊇…⊇個族である。個族とは個人を要素とする集合である。なお、民族をsubsubraceとした。小人種はsubraceである。

幾何学的距離法では、君は土地の先住権などの君からの距離で測定する。君は人種をガス球体を認識する。その球体の要素が個人である。

 グーペ

3:領土と所有

 日本人は領土や所有の概念を認識できない。上記の数学できる技術者はアメリカ先住民がモンゴロイド人種であることを知っている。しかし、その知識が東洋人がアメリカ大陸の自然な所有権や人種的な先住権や原住民権を主張できることに結び付けられない。

日本人の大学教員もアメリカ先住民やイヌイットが彼らと同じモンゴロイド人種である子を知っている。非常に不思議なことに、彼らはアメリカ大陸を取り戻そうとしない。なぜなら、彼らは領土や所有の概念を認識できない。

この現象は人類のほとんどが重力に接してきたのに、重力に気づかなかったことに似ている。電磁気現象も古くから観察されてきたが、マクスウェルの登場まで理論化されなかった。

 自然な所有権 自然な所有権とは、ある土地とその上の人間の関係が自然である時、その人間はその土地を自然に所有する。

 上記で重要なことは、所有権は法律で定義されないことである。その所有権は自然に認識される。だから、ホッキョクグマは人間でなく動物であるけれども、ホッキョクグマは北極大陸?との自然な関係を持つ。

たとえネグロイド人種が法律や文字を持たなくとも、白人はアフリカ大陸をネグロイド人種から合法的に、または文字で取り上げることはできない。なぜなら、その時、白人はネグロイド人種の自然な所有権を侵害する。

もし自然な所有権が侵害されるならば、その侵害は自然な生態系を破壊する。人間の場合、奴隷化や家畜化が行われる。君はこのように考える。

 グーペ

4:自然な認識と合法的な定義

 白人の米国民は合法移民か不法移民かにこだわる。モンゴロイド人種は合法か不法かでなく、自然か不自然かにこだわる。たとえある種の人間が合法移民であるとしても、もしその種の人間が不自然であるならば、それは自然な所有権の侵害であり、奴隷化や家畜化が生じている。

たとえある人間が合法であるとしても、もしその人間と土地の関係が不自然であるならば、その時、その状態は生態系の破壊である。たとえ合法であるとしても、人間はホッキョクグマをインド大陸へと打ち込むべきでない。同様に、たとえ合法であるとしても、ネグロイド人種や白人小人種はアメリカ大陸で生きるべきでない。

 自然な認識の優越 世界に対する自然な認識は定義と合意と契約と合法に優越する。

 白人は定義や合意を重視するが、それらは子供の仕草と同じである。大人は認識を重視する。たとえ中間種の日本国民が彼ら自身を日本人(大和民族)と呼ぶとしても、彼らは中間種として日本人や大陸東洋人によって ‘ 認識 ‘ される。

定義や合意に対する違和感は白人との中間種の子供を産みたい日本雌豚を見ればわかるだろう。彼女らは白人との中間種を日本人の日本国民と呼んで、日本人がイケメンになった気分を味わいたい。しかし、半分白人としての歴史的や責任(黒人奴隷など)を負いたくない。

だから、この種の日本雌豚は彼女らの子供を ‘ 日本人の日本国民 ‘ と呼ぶ。たとえお彼女らがこの種の行為を取るとしても、日本人も朝鮮人もそのように認識しないだろう。実際、彼女らの子供は有色人種に依存しつつ、なぜか有色人種を見下している。

 どんなにこの種の豚が彼女の子供を日本人の日本国民と呼ぶとしても、どんなに白人が彼ら自身をアメリカ人と呼ぶとしても、前者は中央アジア的中間種であり、後者は単なる ‘ 不自然な白人 ‘ である。対象や物体に対する ‘ 名札 ‘ を付け替えても、人間は変わらないし、そう認識されない。

しかし、西洋文明は幼稚で女々しいので、白人は米国民をアメリカ人と呼んで、何かがわかったように振る舞う。イギリス人の英国民もイギリス人の米国民もイギリス人であると認識される。

 自然な認識と奴隷化定理 もし君の自然な認識が定義や合意や契約によって阻害されるならば、君は奴隷化や家畜化されている。

 上記は黒人奴隷やアメリカ大陸上の白人を想像する。たとえ黒人の王様が黒人奴隷に合意するとしても、もし君が黒人奴隷を不自然や悪いと認識するならば、その認識は黒人奴隷に関する契約によって阻害されない。

同様に、もし君がアメリカ大陸上の白人の存在を不自然であると認識するならば、国民国家や法律による定義や合意や契約によって、君の認識は侵害されない。

 グーペ

5:奴隷と家畜に対する感度

 モンゴロイドの奴隷化定理 もし俺らモンゴロイド 人種が石油や食料をアメリカ大陸の上の白人から購入し続けるならば、俺らモンゴロイド人種はその状態を奴隷化や家畜化と認識する。

 アメリカ大陸の状況は19世紀や20世紀におけるアフリカ奴隷化や家畜化政策に等しい。または、東南アジアにおける奴隷地や搾取地や虐殺地に近い。なぜ俺らモンゴロイド 人種が石油や食料を白人から購入するのか?

もし白人がアフリカの石油を所有して、それをネグロイド人種に売るならば、その状態は不自然であると認識される。そして、その状態は明確な奴隷や家畜状態である。 

白人がアラブ人の石油を所有して、それをエジプト人に売って儲けていたら、おかしいと思わないのだろうか?モンゴロイド 人種は損害の賠償を白人に請求すべきであり、かつ白人は刑罰に課されるべきである。

タイトルとURLをコピーしました