金田正二〜在日朝鮮人から見た韓国の新聞〜[追悼と問題]

人間について

 元在日朝鮮人3世の帰化人です。「在日朝鮮人から見た韓国の新聞」というブログを書いています。2018年5月、書籍を発刊しました。

https://twitter.com/kanedasyoji70

 2018年、金田は長く勤めていた会社を無事に定年で退職しました。それに伴い、今までできなかった様々な対反日活動に身を費やす事にしました。日本にいない事も多くなり、記事もアップできないことが増えてしまいます。申し訳ありませんが、ご理解のほど宜しくお願い致します。

http://blog.livedoor.jp/kanedashoji70/

 金田正二は朝鮮人の日本国民である。ドナルド・トランプがドイツ系アイルランド人でないように、彼は韓国系日本人でない。噂によると、金田正二は亡くなられたらしいが、その情報が本当であるかは不明である(ご冥福をお祈りする)。

朝鮮人に対する金田正二の態度はかなり自虐的であった。しかし、俺は金田正二の行為は事大主義でなく、彼なりの内なる信念の結果であったと審判した。俺は彼の行為を正当であると判断した。

一般的に、朝鮮人は不安に弱く、現実逃避を繰り返してきた。朝鮮人特有の媚もた一時的な不安の回避であっただろう。以下で、俺は金田正二の問題について語ろう。

東洋文明という視点の欠如

 朝鮮人、金田正二は文明の概念を認識できない。その結果、彼は朝鮮人と日本人や韓国と日本国という関係のみを認識してきた。しかし、この考えは間違いである。

朝鮮人も日本人も同じ東洋小人種であり、朝鮮半島および日本列島は東洋地域に属する。さらに、日本人も朝鮮人も日本国も韓国も東洋文明に属する。

金田正二は東洋文明という観点を持っていないように見える。金田正二の批判は部分的には正しかっただろう。しかし、彼の批判は東洋文明を発展させるものでなかった。エックスサーバー

対峙の欠如

 金田正二は朝鮮人との対峙を嫌がった。彼は朝鮮人の日本国民であるので、拉致問題や朝鮮学校に関する問題を彼自身で解決すべきであった。朝鮮人は社会性を持たないので、彼はそれらの問題を日本人に解決させようとしてきた。 

金田正二が提示した情報は俺にとって魅力的であった。しかし、彼は彼自身の問題を彼自身で解決できなかった。彼は日本人が拉致問題や朝鮮学校の問題を解決することを期待した。

結局、 金田正二は日本国民であるのに、彼は日本人が朝鮮人の問題を解決することを期待した。彼は人間社会における対外コミュニケーションの負担を日本人に押し付けてきた。この種の現象は朝鮮人に一般化されるだろう。グーペ

タイトルとURLをコピーしました