法律及び憲法とその正当性と宗教[東洋とキリスト教]

制度
https://ja.wikipedia.org/wiki/伏羲

 俺が日本人弁護士の発言を見るとき、彼らは正当性を認識できないと審判した。その結果、彼らは白人様の意見を引用してきた。以下で、俺は法律とその正当性について語る。

日本人弁護士はキッズ・アイドルと同じであり、彼らは性行為の意味を認識できない。たとえ彼らが白人によって強姦されるとしても、彼らはそれを愛情や白人にモテてるや国際化と誤認する。フィリピン人女児が白人男性に強姦されるとき、その母親は肌の色が白くなると喜ぶようなものである。

日本人弁護士はキリスト教徒でないのに、彼らはキリスト教的な罪の概念で罰されてきた。この状態はイスラム教徒やユダヤ教とが豚肉を強制的に食わされているような状態である。俺は法律関係者でないが、以下で、世界に対する ‘ 俺の認識 ‘ を提示しよう。

法律を作るときの問題点と注意点

 宗教や文明や歴史→正当性の発生→善悪の決定→行為の正当性の発生→善悪に基づいた法律の制定

 上記を簡単に言うと、宗教や文明や歴史が行為の正当性を与える。その正当性が行為の善悪を人間に認識させて、その善悪に基づいて法律が制定される。

正当性と法律

 人間が法律を作成するとき、法律の ‘ 正当性 ‘ が問題になる。法律が正当性を持たないとき、人々はその法律に何かおかしいという違和感を覚える。そのとき、人々は法律に対する共通認識を形成できない。

法律は人間の存在や状態や行為の正当性を保証する必要がある。

日本人は法律の正当性の意味を認識できない。だから、彼らは法律を作り、それを引用してきた。なぜなら、彼らが法律を引用するとき、周りの人間はその法律を守ってくれると期待してきた。俺はこの種の法律観を ‘ 呪文的法律観 ‘ と呼ぶ。

善悪の判断は自然界には存在しない

 自然界には、善悪の判断が存在しない。だから、男女平等が正しいか、男女公平が正しいかは人間が決定すべき事柄である。このとき、平等と公平のどちらが正当であるかは宗教や人種によって一致しない。

善悪の判断とは、サッカーの審判におけるレッド・カードと同じである。サッカーの試合においてどんな行為がレッド・カードであるか?これは人間が制定すべきことである。

何が正当性を与えるか?

 その正当性は宗教や文明によって与えられる。または、個人的な違和感がそれに該当する。キリスト教では、人間は神の下で平等であるので、平等は正当である。その正当性に基づいて、合衆国憲法や法律は作られる。

タイトルとURLをコピーしました