社会性が無いとはどういうことか?[サッカーの授業中における立ちんぼと弁護士学者科学者]

人間について
https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/ja/features/voices074.html

 この信仰では、俺らは社会性を重視する。君が社会性を理解するとき、君は社会性の無い人間を思い出す。以下で、公立小学校の例を挙げよう。

俺は社会性は遺伝子に関する能力、または物質的世界からは説明できない能力であると憶測してきた。俺が人間を観察していると、社会性のない連中が入り混じっている。

この社会性とは社会人や労働者に無関係である。たとえ社会人や会社への所属者や自由業であるとしても、社会性のない連中は存在する。その種の連中は羊飼いの羊のような連中である。動物は群れをなすが、社会性を持たないので、社会を形成しない。

サッカーの授業における立ちんぼ

 公立小学校へ通うと、社会性のない生徒が存在することに気がつく。この社会性のなさは ‘ 病的 ‘ であり、日本人の学者気取りに観察される。この種の生徒は決して、バカでなく数学や高い言語能力を持っていた。

立ちんぼ

  1. サッカー競技に参加しない
  2. 依存対象に口を出して批判して指示しようとする(言論の自由らしい)
  3. でも、成績は欲しい
  4. 組みの人間が試合に敗北すると、ぶち切れる。

 例えば、サッカーの授業中、この種の生徒はその授業に絶対に参加しようとしない。彼らはゴールポストの横に立ってペチャクチャ話しているか、宿題をやろうとする。けれども、この種の立ちんぼは他の選手が競技した成績(研究費)を分けてもらおうとする。なぜなら、そうしないと中学受験や高校受験に不利になる。

この種の立ちんぼは相手が球を俺らのゴールに打つとしても、彼らはボーっと見ている。彼らは彼ら自身のゴールの防御すらしない。さらに悪いことに、この種の人間はポストの横でニヤニヤしながら、指示を組みの人間に出そうとする。または、彼らは試合の勝利を予想する。

試合に負けそうになると、成績が悪くなるので、キモオタはなぜか切れて騒ぐ。この行為に対して、組みの人間は彼らが参加しないから、競技の負担が組みの人間にかかっていると審判する。

立ちんぼの応答反応

 立ちんぼが授業に参加しないとき、周りの生徒は彼を注意して試合に参加せようとする。すると、立ちんぼは彼はサッカーが苦手であると言って何もやろうとしない。立ちんぼは事実を述べてそれに共感してもらって、批判の矛先を下げてもらおうとする。

または、立ちんぼは彼らはサッカー下手なので、迷惑をかけたく無いと言って参加しない。あるいは、立ちんぼは彼らは平和主義であり、サッカーは戦争と同じであると言ってやらない。

立ちんぼの応答反応の特徴は善悪の判断の欠如である。

立ちんぼの勘違い

 立ちんぼはサッカーが苦手であるので、授業に参加しないと応答する。しかし、社会性のある人間はそれを気にしない。なぜなら、40人の組みの全員がサッカー得意なわけでない。

人間が社会を形成するとき、知的な人間も運動神経の良い人間も樽座する。これは自然なことである。だから、社会性のある人間はサッカーの苦手なキモオタをどのように使おうかと考える。それがクラスの統治者の役目である。

しかし、キモオタは社会性が無いので、彼らはサッカーの授業に参加しようとしない(でも成績は欲しい)。立ちんぼは自分のことしか考えていないので、自分がサッカー苦手であるかしか考えていない。

 普通の人間にとって、組みのすべての人間がサッカーを得意としないことくらいわかっている。その事実を考慮して、組の統治者は競技場におけるキモオタの役割を決定する。

 グーペ

立ちんぼの本音

自己の失敗のみが怖い

 立ちんぼはドリブルして失敗するのが怖い。だから、立ちんぼは何もしない。彼らは鼻から試合に参加しない。立ちんぼは自分のことしか考えていない。

相手との対峙が怖い

 立ちんぼは相手との対峙を恐れる。だから、彼らはサッカーの授業に参加しようとしない。彼らは相手が向かってくるのを恐れるし、相手からボールを取るときに、恨まれるのが怖い。

エックスサーバー

弁護士や学者と社会性

 西欧カブレは東アジア全体にあるかも・・・私もそう思います~!そして東南アジアも同様かと。こちらでのタイ、フィリピン、インドの女性たちの白人への崇拝や媚っぷりを見て、病的だと思ったわ?まだまだ精神的に奴隷状態なのかしら。 

http://harekumoriyuki.blog.fc2.com/blog-entry-829.html

 日本人の学者気取りや弁護士の問題点は社会性の欠如である。だから、彼らは立ちんぼと同様に軽蔑される。彼らは人間社会における対外的な意思疎通の全てを日本人に押し付けてきた。

白人との対峙

 彼らは白人との対峙という対外的な意思疎通を日本人にやらせようとする。この行為はサッカーにおける立ちんぼと同じである。彼らは日本社会における対外的な意思疎通の全てを日本人にやらせてきた。

この種の先生という奇妙な存在は他人と意思疎通できない。彼らは立ちんぼと同じであり、俺らに命令するが、彼らは競技しない。上記の押川も絶対に白人と対峙しようとしない。

たとえ白人が日本人をジャップと呼ぶとしても、なぜか押川は日本人を説教しようとする。彼は決して白人と対峙しないし、白人を上記の人種的な侮辱に関して批判しない。

白人様
白人様

 上記の画像では、白人がファールしたのに、押川はなぜかチームメイトにファールはいけませんと言っている。彼の行為は異常である。

東洋文明という競技

 上記の押川は東洋人であり、東洋文明に属する。東洋文明の競技相手は西洋文明であり、白人がその主役である。上記の押川も弁護士も報道関係者も金銭的には東洋人に依存しているが、彼らはなぜか白人視点で物事を語る。

そして、彼らは日本人ばかりを批判する。この状況は上記の立ちんぼとそっくりである。たとえ白人は東洋人を人種的に侮辱するとしても、彼らは日本人が白人と対峙して競技して欲しいと願う。たとえ白人が球を東洋人のゴールへと蹴るとしても、彼らはゴールポストの横でぼーっと見ている。

東洋人と西洋人は人種も宗教も歴史も異なる。だから、対立が生じることは自然である。しかし、押川を含む学者や弁護士はそれを回避して、日本人に競技してもらってきた。残念なことに、大学という子供の秘密基地では、それが許されてきた。

白人様
白人様

 日本人の学者気取りは他人に文明を競技してもらってきた。彼らは自分で何もやらない。日本人の学者気取りにとって、学問とは、立ちんぼの肯定である。学者だから、客観的でなければいけない。だから、彼らは文明という競技に参加すべきでない。彼らはこういう論理を使用したい。

白人様
白人様

 日本人の学者気取りは、日本人に人間社会や組織やチームを作ってもらって、大学や研究所からその組織を ‘ 客観的に ‘ 批判しようとする。彼らの行為は学問でなく立ちんぼである。彼らは人間社会を彼ら自身で作ろうとしないが、彼らは他人にそれを作ってもらおうとする。

 グーペ

タイトルとURLをコピーしました