発達障害やアスペの特有の話し方[ナチスドイツ的][差別大阪大学菊池誠キクマコ]

人間について
https://www.excite.co.jp/news/article/Ncn_353113/

発達障害者に深入りすると本当に「ここまで心が汚い人間を見たことない…」って気持ちになる よね?

誰にでもありえるような無神経さや狡さや弱さでは到底ないね 。発達障害者にとって優しさはありがたいものではなく、舐めて軽んじる相手認定するもの 。増長ずる一方のアスペに疲れ果てて見放されたらそれまでのどんな恩さえ関係なし、自分の原因は眼中にない 

ずっと当たり前に優しくいてくれないなら仕返ししてやるぞと思うだけの人間 。あまりに何もかもが汚くて、長所を探したくてもひとつも見つけられないままだった 。思い遣り深いみんなの太陽のような上司がアスペの仕返しで胃を壊してからは、みんな敵意全開の対応してやってやるよ 

それでも最後までみんなとの仲を取り持とうと、見放しても非情にまではなりきれずアスペをかばおうとしてた上司を、アスペが自分で追い打ちかけて壊した 。

このとき心底「これは人間じゃない」「人間扱いする必要が一切ない」と確信したね 

今までどれだけみんなのお情けに守られてたかもわからないで、恥ずかしい仕返しを平気でするやつに与えるお情けなんかないんだからな 。

アスペは面食らった反応で小さくなってて呆れたよ 。こうならないわけないだろ、こんなことしてみんなに今までどおり受け入れてもらえると思ってたのか?どんな脳だよ 。アスペは社会の無理解で生き辛い思いをしてる?はあ? アスペなんか理解したらこんな目に合うだけじゃないか! 断じて何ひとつ被害者ではないし徹底的にいじめられて当たり前の人間だよあんなのな グーペ

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10179036820

 俺が大阪大学の菊池誠の話し方を見るとき、発達障害やアスペには特有の話し方があるように思える。菊池の話し方は西側白人、特にドイツ人の話し方に似ている。なぜなら、ドイツ人も菊池も同じ発達障害やアスペルガーであるように思える。

発達障害の人間はとにかく不誠実で卑しい。彼らの不誠実さと卑しさは人間離れしているように見える。

1:実体のない単語を好む

 私は、ドイツ人は明らかにアスペルガー的性格の典型だと思っていて、これがここでお話されているようなドイツおよびドイツ人のネガティヴな面を説明するキーなのではないかと思っています。

 むしろ深く考えれば考えるほどアスペルガーとはドイツ人の性格そのものを意味しているとさえ思えてくるんですが、この点どう思われますか?

 アスペルガーは基本的に遺伝的な疾患ですので、これが社会との相関関係でゲルマン系において特に多く発生したと考えるのは、科学的に見てもおかしくはないんですが… 実はドイツではアスペルガーが診断されるのはかなり稀なんですが、それは確実にこの性格特徴自体がアスペルガー的社会そのものに隠れて見えにくいからだと思うんです。エックスサーバー

https://dokurock.exblog.jp/29686592/

1:差別

 菊池誠は差別という単語を非常に好み、その単語を頻繁に使ってきた。例えば、菊池は福島に対する差別という単語を使用してきた。しかし、この差別という単語は悪魔や魔女と同様に幽霊的な単語である。

菊池は福島に対する差別が名誉毀損であるか侮辱であるか失礼であるかを明らかにしない。菊池の本音は相手を黙らせたい、呪いを相手にかけて黙らせたい、他人よりも優位に立ちたい、他人を黙らせて自分の想い通りに動かしたい、正義感を発動させて他人を断罪する快感を得たいである。西側の白人、特にドイツ人は他人を差別主義者と糾弾することを好んできた。

白人社会では、他人を差別主義者や排外主義と呼んで糾弾することが流行した。俺の印象によると、この種の性質の原因は白人の発達障害やアスペルガー気質である。発達障害やアスペルガーの気質が強ければ強いほど、他人を差別主義者と侮辱して糾弾しようとする。

 あるのは単に、他人を否定することによって自分を認めさせたいというある種の本能的な我欲だけでしょうね。グーペ

https://okwave.jp/qa/q6859269.html

2:科学や数学

 菊池誠は科学や数学という単語を使用してきた。そして、菊池は科学を馬鹿にするなという表現を頻繁に使用してきた。日本人は菊池は科学に対する批判を菊池に対する批判に意図的に言い換えていると審判してきた。

つまり、菊池は彼自身を批判されたくないので、菊池は彼に対する批判を科学に対する批判に置き換えた。そうして、菊池は相手を黙らせて、支配欲と性的な快感を得ようとしてきた。菊池の話し方はとにかく不誠実で卑しい。

3:罪

 西洋では、罪の概念が重視されてきた。俺はこの概念も発達障害やアスペ 的であると審判する。なぜなら、罪には、実態が存在しないように見える。

西洋における法律は罪という概念に基づいて作られてきた。しかし、俺は法律は、罪でなく、他者に対する損害に基づいて作られるべきであると審判する。損害とはゲームにおけるダメージと同じである。

2:レッテル貼りと糾弾体質とヒステリ

1:レッテル貼り

 菊池は他人を差別主義やトンデモやカルトとレッテル貼りしてきた。白人は他人を差別主義者や排外主義と侮辱・糾弾してきた。この種の性質はアスペルガーや発達障害の性質に関係して異様に見える。

実際、菊池は相手をレッテル貼りする子を異常に好む。トンデモ、差別、カルトなどがレッテルである。俺が菊池を見るとき、俺は白人の行為は菊池の行為にそっくりであると審判した。

2:糾弾体質

 ドイツ人は他人を糾弾することを異常に好む。戦中はユダヤ教徒やスラブ民族、戦後はナチスや差別主義者を糾弾した。ドイツ人の糾弾気質はアスペルガーや発達障害由来である。

菊池誠も同じである。彼は福島に対する差別や放射のデマに関する人権侵害という単語を好む。菊池は福島の人々のことなど何も考えていない。

菊池は他人を糾弾したいだけである。日本人は菊池の卑しい人間離れした何かを見抜いている。だから、彼らは菊池の行為に5chの動物虐待の板のような気持ち悪さを覚える。

3:ヒステリ

 ドイツ人はヒステリ体質である。このヒステリは発達障害やアスペ のヒステリや衝動性に似ている。菊池も契約相手に批判されると、発達障害やアスペ っぽい、ヒステリを起こして、他人をナチスやヒトラーやルイセンコやヒュパティアをオタクみたいな早口で引用する。

ドイツ人も菊池も一度キーッとなると、彼らは彼らの動物的衝動を抑えられない。彼らはもはや彼ら自身が何をしているかすら審判できない。菊池は契約相手に対して、無自覚的なヒステリを起こしてきた。

しかし、そんなことをやったら、契約が破棄されるのは当然である。

3:典型的な応答反応

1:打たれ弱い

 ドイツ人も菊池も打たれ弱い。発達障害やアスペ は糾弾体質であり、他人を糾弾する。しかし、彼らは糾弾される側になると、彼らは打たれ弱くなる。

2:喚く騒ぐ

 菊池は批判されると、すぐに騒ぎ喚く。菊池は騒いで喚いて相手が黙ることを暗に期待する。相手が黙るとき、菊池は安心感を覚えて、喚き騒ぐのをやめる。

 健常者がアスペに状況を一生懸命わかりやすく説明しても、アスペは理解できないし、意見を曲げずに屁理屈を返す。口が達者。こっちが強く言えば逆ギレし、怒鳴って癇癪を起こす。

https://okwave.jp/qa/q6859269.html
タイトルとURLをコピーしました