正林督章とHPVワクチンとマスゴミ〜報道の自由の弊害〜

制度

 ーーでも、国が積極的勧奨再開の方針を示したら、メディアも一斉に報じるはずです。日和見的なメディアこそ、「これは行政も安全性にお墨付きを出した」と、一斉に報道し始めるでしょう。これだけこう着状態が続いているならば、行政がメディアをリードする方針を示してほしい。科学的に理があるのですから。マスコミの方はよくそうおっしゃるけれど、感覚的にずるいなと思う。もし、それが科学的に正確だとおっしゃるなら、なぜ自らそういう報道をしないんですか? なぜ、報道のきっかけをこちらに求めようとするんですか? あなた方には世論への強い影響力がありますよね。

 ーーその通りです。私は十分ではないかもしれませんが報じていますし、メディアも行政も両方が動かないといけないと思いますよ。マスコミの側で責任を取って、世論を戻せばいいじゃないですか。メディアが世論を変えてしまった責任まで行政にあるのでしょうか

 ーーそれはおかしい。世論は世論として、正しい方針は方針として示すべきじゃないですか。予防接種行政を担っているなら、科学的にはこれが正しいという筋道を示すべきだと思うんです。当時の記者の方とは違うからなんとも言いようがないですけれども、マスコミ全体という括りで言うと、一貫性がないなあと思います。

 ーー今、残念ながらマスメディアの力はすごく弱まっています。東日本大震災以降、メディアに対する国民の不信感は強く、マスゴミとまで言われ続けています。そして、HPVワクチンの新しい知見を積極的に発信するメディアはまだ少ないです。今日の取材は典型的ですが、なぜ私にそういう発言を期待するんですか?

https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/shoubayashi-3

 正林督章は報道に強烈な不信感を持っている。報道に対する彼の指摘は正当である。しかし、正林督章は報道の自由というシステムそれ自体を疑っていない。日本人の大部分は報道を ‘ マスゴミ ‘ と批判するが、報道の自由それ自体を一切疑っていない。

西洋文明は21世紀中に崩壊するだろう。そこで、日本列島および朝鮮半島は東洋文明に戻るべきであると俺は審判する。つまり、報道の自由を廃止せよ。

日本人はマスコミの愚かな行為を批判し続けてきた。この行為は時間の無駄である。報道の自由というシステムを変更せよ。

報道の自由の問題

責任能力と後始末の能力

 報道の自由の問題は責任能力と後始末の能力の欠如である。責任能力がない、後始末能力が無いとは、痴呆老人による車の運転である。後始末能力のない人間は彼らの肉体を運転すべきでない。

あと、責任能力や後始末は過去における責任の取り方や後始末の義務を果たしてきたかに依存させよ。白人は過去を積み重ねて ‘ 信頼 ‘ を獲得する過程を理解できない。

依存性と大局的自立の欠如と対峙能力の欠如

 報道の自由の問題は大局的な自立の欠如である。日本国における報道機関は大和民族に完全に依存している。彼らは大局的に自立することができない。さらに、日本国の報道は外国人との対外的な意思疎通を担えない。

大局的に自立できないとは、無職のおっさんや介護老人である。彼らは依存者であり、家庭の中で権力を持つとき、その家庭は崩壊するだろう。同様に、依存者である報道機関は日本という家庭の中で権力を持つとき、日本国は上記のように崩壊するだろう。

媒介と手

 報道や情報は媒介である。媒介とは手である。手が意志を持ち自由に振る舞うとき、肉体は暴走するだろう。同様に、依存者や媒介は自由を持つべきでない。

英国や米国などのアングロサクソン国家では、媒介が重視されすぎる。だから、彼らの国家は不安定であり、崩壊しそうである。さらに、米国は非常に無責任である。

白人様
白人様

 頭(政府)が手(報道)をきちんと統治して、頭がその責任と後始末をする。この状態が正当である。手をほったらかしにして、統治できない白人側が間違いである。

 エックスサーバー

自由の意味と人間の本質

ウィキペディア コンゴとベルギー

 日本人は幼児的であるので、自由の意味を認識できない。西洋文明は上記のような奴隷の文明であった。だから、人間と非人間(家畜や奴隷)を分けるものが ‘ 自由 ‘ とされた。

その結果、自由が人間の本質として重視された。人間は自由に生きて、自己の人生を彼ら自身で決定できる。それに対して、奴隷は奴隷主の決定した自由を家畜のように歩んできた。

しかし、自由は動物と人間の違いを区別しない。動物と人間の違いとは義務であり、’ 責任 ‘ であり、行為の ‘ 後始末 ‘ である。人間の本質、つまり人間と動物を分けるものとは、自由でない。つまり、言論の自由でなく、言論の義務と責任と後始末が重要である。

タイトルとURLをコピーしました