黒人奴隷及び家畜と社会性[奴隷を認識できない学者]

言語
ウィキペディア コンゴとベルギー

 日本人の学者気取り(=知の肉便器)や弁護士は奴隷や家畜を認識できない。なぜなら、彼らは社会性を持っていない。奴隷や家畜とは、社会性の産物である。

狩猟民族が社会性を形成するとき、奴隷や家畜の存在が生まれてくる。以下で、君は奴隷や家畜とは何であるかを見よう。

上記の画像は黒人奴隷の画像である。俺がこの画像を日本人の学者気取りに提示するとき、彼らはかわいそうと言うだけである。彼らは奴隷の意味を把握できない。だから、俺は奴隷の意味を提示する。

白人様
白人様

 白人は日本人の知の肉便器を奴隷や家畜と内心みなしている。しかし、日本人の知の肉便器は社会性を持たないので、奴隷や家畜の意味を把握できない。その結果、彼らは彼ら自身が白人の家畜や奴隷であることを認識できない。

1 奴隷(slave)と社会性

ヤマノミ族

 君のとの共通認識 狩猟民とは、社会性を持たない対象である。奴隷とは人間社会の維持を負担させられる人間(維持的奴隷)、または自己の肉体や自己の土地やその土地からの物体が外部の人間によって所有される人間(所有的奴隷)である。

俺は前者を ‘ 維持的奴隷 ‘ と呼び、後者を ‘ 所有的奴隷 ‘ と呼ぶ。人間が人間社会を形成するとき、誰が人間社会の維持を担うかが問題となる。西洋では、黒人奴隷がその維持を担ってきた。上記の画像の意味は二つ存在する。

1番目は、白人による黒人奴隷の ‘ 所有 ‘ である。2番目は、彼らが西洋文明の ‘ 維持 ‘ を担ってきたことである。

 経験則 もしxが人間社会を形成しようとする狩猟民であるならば、xは奴隷を持つかもしれない人々である。

 もしxが人間社会の維持を他人に負担させるならば、上記の維持的奴隷の定義によって、xは奴隷を持つ人間である。しかし、もしxが人間社会の維持を彼ら自身で担うならば、xは奴隷を持たない人間である。

前者は西洋社会であり、後者は東洋社会である。東洋人は人間社会の維持を彼ら自身で担ってきた。だから、東洋人は黒人奴隷を必要としなかった。

 グーペ

2 奴隷の存在定理

 奴隷の存在定理 もしxが社会性を持たない対象(狩猟民)であるならば、xは奴隷を認識できない対象である。

 奴隷とは、社会性の産物である。人間が社会を形成するとき、誰が維持の主体になるかが問題になる。だから、奴隷が必要となる。狩猟民族は人間社会を形成しないので、維持の主体に関する問題が生じない。したがって、狩猟民族は奴隷を必要としない。

 グーペ

3 奴隷的家畜

 君との共通認識 奴隷的家畜とは、次の条件を満足する人間である。別名は永久機関的家畜、または身代金的家畜。

  1. 自己の肉体や自己の土地、そして自己の土地からの物体が外部の人間によって所有される(奴隷的所有)
  2. その人間はそれらを購入しないと生きていけない状態に半強制的におかれる(半強制的購入状態=ぶら下げ状態)
  3. その人間はそれらを購入するために、奴隷のように労働しなければいけない(奴隷労働)

具体例〜白人から石油や食料を購入するモンゴロイド人種〜

 モンゴロイド人種の永久機関的家畜化定理 もしxがモンゴロイド人種であり、かつアメリカ大陸上の白人から石油や食料を購入するならば、xは奴隷的家畜である。

 アメリカ大陸はモンゴロイド 人種の所有物である。白人がそれを所有している。この行為は奴隷所有である。モンゴロイド 人種は石油や食料をアメリカ大陸上の白人から購入しないと、生きていけない(ぶら下げ状態)。さらに、特に日本人は石油や食料を購入するために、一生懸命労働してきた。したがって、モンゴロイド 人種は奴隷的家畜である。

白人様
白人様

 日本人の知の肉便器はバカすぎて、研究費に関してアメリカは懐が深いと言ってきた。その土地は君らモンゴロイド 人種の土地である。白人は君らモンゴロイド 人種の家に勝手いに入ってきて家の先住民を虐殺して、その土地を所有して、石油を家の他の人間に売り、不自然に略奪してきた。

 グーペ

タイトルとURLをコピーしました