映画「28週間後」とドンの罪悪感〜白人は黒人というゾンビを恐れるか?人種差別と黒人奴隷

人間について
https://www.youtube.com/watch?v=i6OtF7daIPM
28 Weeks Later escape scene (HD & CC)

 俺がゾンビ映画「28週間後…」を見た後、俺は白人が何を恐れるかを知った。君が白人を統治したいとき、君は白人が ‘ 恐れるもの ‘ を知る必要がある。君が考えているよりも、白人は痛みに弱く、臆病で、怖がりである。

上記の映画では、主人公のドンは子供を助けようとした妻を見捨てて自分だけ生き延びようとした。彼は妻を見捨てたいう罪悪感にずっと悩まされてきた。西洋における子供の意味は天使と同様であり、西洋人は子供を非常に重視する。

主人公のドンはその天使を助けようとした妻を見捨てた。アメリカを見ればわかるように、彼らは ‘ 家族 ‘ を重視する。特に、彼らは家族の中の ‘ 子供 ‘ を重視しようとする。主人公のドンは家族も子供も見捨てた。

 彼は二重の罪な行為を犯した。彼はその二重の罪に悩まされてきた。東洋人的には、あの場面で、主人公ドンが子供と妻を見捨てることは正当な行為であると感じる。しかし、西洋人は罪悪感をその行為に感じるらしい。この種の心理は西洋人に特有であるように思える。

白人様
白人様

映画:28週間後

 白人の心理を知りたければ、上記からこの映画を見られる。

1:西洋人が恐れるもの

ウィキペディア コンゴとベルギー
  1. 復讐が怖い
  2. 罪悪感(宗教的な意味を含む)
  3. ゾンビのような大洪水

黒人というゾンビと復讐

 白人は黒人奴隷に手を染めて、彼らを奴隷にして虐殺してきた。にも関わらず、彼らは何の罰も受けてこなかった。白人は慈悲深さを黒人に表現して、彼らをアファマーティヴ・アクションして優しくしてきた。

なぜ白人はこの種の慈悲や優しさを見せるか?なぜなら、白人は黒人による復讐を内心恐れてきた。白人は取り返しのつかないことを黒人にやってきたので、彼らはその復讐を恐れている。

白人は慈悲を黒人に与える。白人は黒人は白人の慈悲を受けて、黒人に復讐されないことを暗に望んでいる。

罪悪感(宗教)

 白人は罪という宗教的概念を認識する。黒人奴隷はおぞましい罪であった。上記の主人公ドンのように、白人は黒人奴隷に関する罪悪感にずっと悩まされてきたはずである。

この罪の概念は白人の死生観にも関係する。白人が黒人のことを思って、罪悪感を感じているのではなく、死後の天国を思って、罪悪感を感じているかもしれない。

大洪水

 白人は対決的世界観を持つ。だから、白人は対決できないものを恐れる。たとえば、大洪水やゾンビ、黒人の ‘ 群れ ‘ がそれである。彼らは善悪二元論を好み、ゲームのように戦争してきた。

しかし、彼らはちゃんと戦争できないテロや洪水を非常に恐れてきた。白人は自然災害などの生存競争に非常に弱い。

タイトルとURLをコピーしました