麻生副総理の「日本は一つの民族」は不適切か?2千年の長きにわたって、一つの民族、一つの王朝が続いている国はここしかない

大和民族について
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200113-00010002-nishinpc-soci

 麻生太郎副総理兼財務相は13日、福岡県直方市で開いた国政報告会で、日本について「2千年の長きにわたって、一つの民族、一つの王朝が続いている国はここしかない」と述べた。昨年4月に法律として初めてアイヌを「先住民族」と明記した「アイヌ民族支援法」が成立しており、麻生氏の発言は不適切との批判を浴びる可能性がある。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200113-00010002-nishinpc-soci

 俺は上記の発言を不適切であると審判しない。しかし、上記の発言は正確でない。以下で、俺は麻生の発言の不正確な部分と日本のマスゴミのバカバカしさについて述べる。

日本のマスゴミは白人コンプのゴミであるので、5chやまとめサイトに敗北した。彼らはなぜか白人視点であり、サッカーの授業中に立ちんぼするキモオタと同じである。

麻生太郎副総理「2千年の長きにわたって一つの民族、一つの王朝が続いている国はここしかない」
まとめました。 更新日:1月14日12時40分

1:麻生の発言の不正確さ

日本国と日本列島の違い〜日本国と日本列島

 日本は2千年にわたって単一民族という麻生の発言は問題発言や不適切な発言でなく、単なる間違いである。なぜなら、大日本帝国は朝鮮民族と漢民族と華南民族、そしてアイヌ民族や琉球民族(彼らも大和民族に吸収された)の五族共和を目指した国家であった。大日本帝国はナチスドイツと異なり、アジア主義であったの中華帝国のような帝国を目指した(白人の世界支配を嫌っていた)。戦前の日本国は多民族国家であり、単一民族国家でなかった。

上記の不正確な点には、日本という単語が存在する。日本国は国家であり、日本列島は土地の名前である。日本という単語は悪い単語である。君は日本でなく、日本国や日本列島と単語の名字をきちんと使用すべきである。日本国は日本(名前)+国(名字)であり、日本列島は日本+列島である。

俺の印象によると、麻生の発言の真意は日本列島には、大和民族がほぼ単一民族として存在してきたである。

民族はethnicでなく、小人種の下位分類

 日本人とは、大和民族の要素であり、大和民族は東洋小人種の部分集合である。東洋小異人種はモンゴロイド 人種の部分集合である。殷王朝の時代、大和民族の先祖は中国大陸で生きていた。

殷王朝の時代から春秋戦国時代にかけて、中国大陸から分岐した。つまり、大和民族は古代の大陸東洋人の子孫である。俺の印象によると、大和民族は呉の人間の子孫であり、長江文明の正当な後継者である。

首刈り効果と日本海による物理的な隔離が大和民族を形成した。俺らが人種や民族を考えるとき、人工的な概念と生物学的な事実を分けるべきである。民族(subsubrace)は小人種subraceの部分集合であり、小人種subraceは人種のraceの部分集合である。

 民族の形成は数千年の遺伝的な隔離と首刈り効果によって形成される。小人種は数万年の遺伝的な隔離と首刈り効果によって形成される。人種は3万年から5万年の遺伝的な隔離と首刈り効果によって形成される。または、発生点がそもそも異なるかである。

白人と東洋人では、人種や民族の把握の仕方が非常に異なる。君が人種や民族を考えるとき、自分からの遺伝的な距離を測定せよ。人種や民族の幾何学的な印象(魚拓)はガス球体である。さらに、君は大局から局所へと人種や民族を把握せよ。

つまり、君は生物種ホモ・サピエンス→人種モンゴロイド 人種→小人種:東洋小人種→民族:大和民族→部族:西日本部族→…→個族:(個人とは個族の要素である)。このとき、君は民族や人種の定義でなく、認識を重視せよ。

日本国民と日本人は異なる

 俺が一部の人間の発言を見ていると、人間の一部は国民と民族を認識できないように見える。日本国民とは日本国籍を持った人間である。それに対して、日本人とは大和民族の要素である。

 グーペ

2:マスゴミの問題点

誰かや白人に叱ってもらいたい

 マスゴミは批判を浴びる可能性があるという表現を使用した。これは非常に喜劇的である。筆者はどう考えているかを決して明らかにしない。

マスゴミは報道関係者でなく、イタコ芸と同じである。彼らは批判されたくないので、架空の発言を召喚して、白人や誰かに批判してもらおうとする、または白人に叱ってもらおうとする。

上記のマスゴミも決して麻生の発言の何が問題であるかをきちんと報道しようとしない。報道の意味がない。マスメディアよりも5chの方がきちんとした意見が提示される。

アイヌ民族は日本列島の先住民か?

 また、上記では、アイヌ民族が先住民とされた。俺はこの意見に反対である。北海道を含む日本列島の先住民は縄文人(モンゴロイド 人種⊇アメリカモンゴロイド 小人種)であった。北海道のアイヌ民族(の一部)はモンゴル帝国の後に北海道へとやってきたはずである。

その場合、阿倍野比羅夫を含む日本人の方が北海道へと早く到達したのでないかと俺は憶測する。日本書紀や古事記の時代に、北海道へと到達した日本人はいたはずである。

アイヌ民族の意味が日本列島に住んでいた縄文人の意味であるならば、彼らは先住民であるだろう。

土地の先住権の問題

 また、上記のマスゴミは土地の先住権の問題を完全に見落としている。大和民族以外が日本列島の先住権を大陸東洋人に対して主張できない。なぜなら、大和民族の先祖は大陸東洋人であった。

だから、もし大和民族が日本列島から消え失せるならば、中国人に土地の先住権が移るだろう。マスゴミは狩猟民族の土人であるので、国家と領土を認識できない。人種や民族の重要性は土地の先住権の問題に直結する。

台湾島から華南民族が消えるならば、中国がその土地の先住権を主張できる。なぜなら、彼らが遺伝的に最も近縁種であり、台湾島は東洋地域、モンゴロイド 地域に属してきたのだから、、、。

 グーペ

タイトルとURLをコピーしました