創造主たる神は世界を創造したか?創造と構成〜科学や製造は創造でない

俺らの信仰
https://togetter.com/li/1242054

 世界では、人々は神が世界を創造したと信じてきた。神はこの世界を作り、神が太陽を作り、神が川を作った。この種の神話は世界中で観察されてきた。この信仰では、神によるこの種の行為を世界の創造でなく、世界の ‘ 構成 ‘ と認識する。

この信仰では、君は神を信仰する必要はない。君はこの信仰における ‘ 神っぽい対象 ‘ に対する捉え方を認識する。君はそれを創造主と認識しない。

この信仰では、君は神を崇拝しない。なぜなら、この信仰は分岐を信仰する。

1:神は世界の創造主でなく、構成者である

 君との共通認識 神とは、物質的世界を構成した対象である。神とは、物質的世界を創造した対象でない。

 この信仰では、君は創造と構成を異なる行為として認識する。神は物質的世界を構成したが、神は物質的世界を創造しなかった。君は神をこのように把握する。

創造とは、ある主体や対象が既存の世界を分岐させる行為である。だから、俺が何かを製造したり、構成することは創造行為でなく、製造行為や構成行為である。もし神が物質的世界を無?から分岐させたならば、その行為は創造行為である。

2:創造と構成と製造

1:創造

 認識(創造行為) 創造行為とは、物質的世界及び蟲的世界に存在しない分岐的対象または主体を新たに作りだす行為である。

https://oreranitsuite.com/2019/12/06/人間の本質と創造/

 ヌシ的世界に存在しない対象または主体を新たに作り出す行為である。一般的に、製造や構成が創造行為であると誤認されてきた。この信仰では、君はその種の行為を創造行為と認識しない。

例えば、日常的には、未来における俺らの肉体のデザインは物質的世界にも蟲的世界にも存在しない。もし君が未来における君の肉体のデザインを創造できるならば、その行為は創造行為であり、製造行為や構成行為でない。ただし、デザインは存在や行為でなく状態である。

2:製造と構成

 製造には、車の製造や数理情報の製造が存在する。人間がすでに存在する物体を加工して、組み合わせて物体を作る。製造とは、人間がすでに存在する物体を変形させて、組み合わせる行為である。

白人は世界を文字や言葉で構成しようとする。白人は人種や民族や国民や教徒という自己認識を人工的に構成しようとする。数学者は曲面片から球面を局所から大局へと人工的に構成しようとする。

数学や理論物理では、公理から数学的な体系や理論物理的体系が人工的に構成される。そして、その構成と実験における一致が彼らにとっての世界である。この信仰では、科学は創造行為でなく、物質的世界に対する数理情報の製造行為と認識する。

3:認識と把握

 製造や構成の弱点は認識や把握の欠如である。認識や把握は分岐行為である。たとえ君が世界を構成するとしても、もし君が世界を認識できないならば、その行為は無意味である。例えば、たとえ君が遺伝子から大和民族を人工的に構成するとしても、もし君が自己認識能力を持たないならば、その行為は無意味である。

認識や把握の重要性は歴史や外交や先祖において重要である。白人は世界を人工的に構成するので、彼らは彼らの先祖を感覚的に把握できない。その結果、彼らは奇妙な自己認識を持ち、白人の米国民がアメリカ人、ユダヤ教徒の白人がなぜかユダヤ人みたいになる。

この事実は彼らの認識能力の欠如の結果である。白人や科学者や数学者の馬鹿さや間抜けさはこの認識能力や把握能力の欠如である。

3:なぜ蟲的世界やヌシ的世界は生じたか?

 上記で、俺は神とは、物質的世界を構成した対象であると認識した。では、なぜ蟲的世界やヌシ的世界が生じたのか?または、なぜ物質的世界は生じたのか?

現時点では、それは謎である。そして、何が物質的世界を無から分岐させたのか?何が蟲的世界を物質的世界から分岐させたのか?何がヌシ的世界を蟲的世界から分岐させたのか?

もし物質的世界の創造主が存在するならば、彼は物質的世界を無から分岐させた対象である。もし俺らの世界が毎秒ごとに創造されるならば、その世界が神によって毎秒ごとに分岐させられた世界である。もし世界の創造主が存在するならば、その数は3人である。

一人目は無から物質的世界を分岐させた神、二人目は蟲的世界を物質的世界から分岐させた神、三人目はヌシ的世界を蟲的世界から分岐させた神である。君は各神をものがみ 、 むしがみ 、ヌシがみと呼ぶ。

タイトルとURLをコピーしました